スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the pillows 「1989」

ライブやら会社の飲み会やら結婚式やらテニスの試合やらで、
慌しく時間が過ぎていった。

最近本当に実感するのだが、身体は確実に衰えを見せている。
例えば、酒を飲めば、ほぼ確実に二日酔い。
あれだけ毎日のように行っていた飲み会は、今では連チャンがきつい。
オールの飲みも、かなり辛い。

でも多少身体がしんどくても、やりたいと思うこと、楽しいと思うことは、
やっぱりやりたいものである。
というより、面白いと思う人達とずっとつるんでいたい。


先日、あるイベントにてピロウズのライブを観た。
そのライブにて、バンドが結成された1989年当時のことを思い出して作った
新曲を演るというMCに続いて、「1989」が演奏された。

これが凄く良かった。
思わず目頭が熱くなるような感覚に陥ってしまった。

ピロウズには彼らの曲が思うように世間に届かないことに苦しんだ時期があり、
後追いではありながらも、そういった歴史を知ってこの曲に向き合うと、
何とも言いがたい熱い思いが湧いてくる。

僕にとってのピロウズの魅力は、さわおの歌と歌詞、
2本のギターを時に激しく、時にメロディアスに、絡ませたギターのアレンジである。

この曲はそんな僕の好きな要素が十二分に詰まった名曲である。
感情を抑えて想いを淡々と吐き出していく序盤と、中間部のギターソロ、
そして最後にさわおのシャウトが炸裂するこの曲構成も素晴らしい。

この曲をあの空間で聴き、感じることが出来たことを幸せに思う。
そして自分にとっての「1989」をもう一度思い返してみたい。

一発で、しかもライブにて、こんなに心を掴まれた曲は久しぶりだ…。


舟を漕いで濡れながら 僕はやっと街に来た
今になって濡れながら 僕はやっとここに来た
Please catch this my song


B00249LRZWRock stock & too smoking the pillows【初回生産限定】(DVD付)
the pillows
エイベックス・エンタテインメント 2009-06-03

by G-Tools



the pillows 「1989」 このアニメのPVも凄く良いです。
ちなみにこの曲は6/3発売のベスト盤に新曲として収録されるようです。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。