スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Green Day 「¡Viva La Gloria!」

Green Dayのライブチケット、外れる。

今日は冷凍用に多めに米を炊いてみたら、全部食べてしまった。
動揺。暴飲暴食。自暴自棄。

どうせ当たらねー、なんて思ってたけど、
やっぱ当たる可能性あったと思うと、やっぱり、悔しい。うん。

ヤフオク見たら、やっぱ、いっぱい出てる。
凄い値段付いてるな…。
彼らも生活かかってるかもしれんし、Enemyとは思うまい。

『21st Century Breakdown』が出てから、音楽はずっとこればっか聴いていた。
家でもずっとこれ。外に出てもiPodでこれ。
久しぶりにこんなにハマるアルバムに出会ったのになあー。

振られた女にいつまでも未練を感じるのはかっこ悪い。
そう思っていて、そう出来ないのが自分だったりする。
まー、諦めるしかない。


そういえば21stのことをもっと知りたくて、某雑誌を立ち読み。
望む情報が得られずに、落胆。

インタビューアーは2回しかアルバムを聴けてないと書いていたし、仕方ないか。
そんな状態で記事書かなくちゃいけない彼らも大変だろうなと思う。
でもあの内容で巻頭表紙にして金取るのはどうかな…。

深く掘り下げたインタビューは、彼らが日本に来てからに期待。


21stは基本、通しで聴いているんだけど、バラで聴きたくなることが多いのは、
「¡Viva La Gloria!」 「21 Guns」である。

「¡Viva La Gloria!」は、グリーンデイ直球節炸裂といった趣。
ドラムのパターンなんて使い回しもいいとこだけど、
なんであんなにかっこ良くなるのか不思議である。

ビリーのカッティングも心地いい。
別に上手くは無いんだけど、特にミュート入れた彼のカッティング、僕のツボなのである。

イントロのピアノの音が消えて、ドラムのカウント。
そして一気に、「グロ?リア?!」。

あー、ライブ行きてー。行きたいー!


本当はいい加減、Green Day以外の音楽について書きたいんだけど、
Green Day以外の音楽を今、聴いていないから、書けない。

でもブログは書きたい。
複雑な葛藤の結果である。今日の文章は。

Gloria, Where are you Gloria?
Don't lose your faith to your lost naivete


B001TZIKS421世紀のブレイクダウン
グリーン・デイ
ワーナーミュージック・ジャパン 2009-05-15

by G-Tools



Green Day 「¡Viva La Gloria!」 Live @ The Uptown - Oakland, California



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

外れましたか……お疲れ様(?)です。
私はどちらにしろ行けないので、29日のMTV待ちです。
録画します。永久保存します。
Oasisのときみたいに、2曲やってくれるといいなぁ・・・

ずっとこればっか>
わかります!
今作、絶対スルメアルバムだと思うんですよ。
飽きがこないっていうか。そしてどんどん味が出るというか。

それにしてもライブ。
ヤフオクかぁ……

ヤフオク……

Re: No title

Mステ何やってくれますかね。
2曲やってくれたら最高なんですけど…。

「Know Your Enemy」から「21 Guns」なんて繋いだら、日本中が揺れるような…。
妄想です。
僕はテレビ持ってないのでワンセグかじりつきです。

ヤフオクのプロの見る眼はあるってことですね。
絶対に商売としては、このチケット抑えとけって思うでしょうねー。

No title

はじめまして。
私もGreen Dayはブリッツ・Mステ・MTVと見事にはずしました。
心に突き刺さるようなビリーの声が好きです。

Re: No title

コメントありがとうございます。
僕も本当にGreen Day観たかったですわー。
Mステ、MTVのライブかっこ良すぎでした…。

http://www.youtube.com/watch?v=1gir74j1lI0
http://www.youtube.com/watch?v=22AxlR2yBTM

ビリーの声ってほんといいですよね。色気があるというか。
昔に比べてどんどん表現力もアップしてるような気もします。

いつになるか分かりませんが、確実にまた日本に来てくれると思うので、
そのときにお互い彼らを観れるといいですねー。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。