スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hi-STANDARD 「Dear My Friend」

地元の友人の結婚式があった。

結婚式はやっぱりいいもの。
お金はかかるけど、一生に一度の瞬間に立ち会えるのは、やはり貴重な体験なのである。

25を超えてから毎年5?10回ペースで行っている気がするけど、
そのどれもが印象に残っている。
幸せな場面を見ると、こちらも幸せな気持ちになる。
思わずニヤけてしまう。

おめでとうと素直に思えることが嬉しい。
普段は毒々しい感情を抱くことも多い僕ではあるが、
まだ自分が素直な心を持っていることを再確認。

彼は昔からハイスタが好きな奴で、
披露宴ではハイスタや横山健の曲を流していた。
彼の思いは周りの友人達には伝わっていただろう。


日本人がなぜ英語の歌詞で歌うのか。
ハイスタが地元で流行り始めたときに、僕が抱いた疑問がそれであった。

世界を見据えた曲作りという狙いもあるのだろうけど、
僕の解釈は、
日本語で直接歌うと恥ずかしいことも、英語だとさらりと伝えられるから、というものであった。

the sky is blue, the sun is shines. it's the same for everyone
you and I will meet again, so I won't say good bye

dear my frined, now you have your freedom
dear my friend, can you hear I'm calling dear my friend

僕は地元の友人達を残して、途中で飲み会を出た。
特急はもう既に無くなり、鈍行の終電の中、僕は一人この曲を聴いていた。


B000020612Making The Road
Hi-Standard
Fat Wreck Chords 1999-11-02

by G-Tools



Hi-STANDARD 「Dear My Friend」 live



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。