スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oasis 「Wonderwall」

オアシスの日本公演が終わった。

僕はライブには行っていないけど、
まるでライブに行ったかのような感覚で彼らを今聴いている。

3/27、ミュージックステーションへまさかの出演。

なんとタモリとのトーク。
途中でブチ切れないかと心配しながら見る。
こんなヒヤヒヤしながら見るミュージシャンも珍しい。

ぎこちない会話に僕は笑いが止まらず。
妙な緊張感を残して本番。

去年リリースのアルバムより二曲。
うん、かっこいい。

しかし個人的な本番は番組の最後に訪れた。

テレ朝のアナ、オアシスがただいまアンコールの演奏中、と話し、
カメラが切り替わる。

ほわっとえばーやんけ!

この瞬間はしびれた。
二曲のために集まったファンに向けてアンコールに応えているノエルに感激。
優しいぜ、兄貴。

こっち放送してよと言いたいところだが、
現地に行った人間へのサービスだとして納得。

オアシス熱が僕の中で再燃した瞬間であった。


僕の高校時代はブリットポップ全盛期で、
まだメタルにはまり切っていなかった僕は、ここらのバンドは結構聴いていた。
ラジオでもかなり流れてたし、「BEAT UK」を毎週欠かさず見ていた。

Oasis、Blur、Supergrass、Elastica、Boo Radleys、Pulp、Suede、Ocean Colour Scene

こうやって当時聴いたバンド名出すと凄いなあ…。
この時代、Chemical Blothers、Prodigyなんかのブレイクビーツも熱かった。
オアシスとブラーのシングル対決なんてのもリアルタイムだった。


オアシスは当時ビートルズの再来なんか言われてて、
当時の僕は、ふーんそうなのか、くらいの認識だったけど、今思えば過剰評価もいいところだと思う。

ビートルズのような音楽的革新性もなければ、
兄弟を除きメンバーの個性が立っている訳でもなく、
演奏に見るべきところがある訳でもない。

ただ一つ彼らを孤高たらしめたのは、メロディセンスだと思う。

ノーマルのコード進行の中で外しのコードを入れてくるセンス、
一度聴いたら忘れられない胸に響く歌メロ、
さりげなく印象的なギターフレーズを入れてくるところなどは天賦の才。
アレンジが雑なことが逆にメロディセンスを生かすことになったんだろう。

『Definitely Maybe』『Morning Glory』は今でも聴けるし、昔のように熱くなれる。
全部名曲といっていいくらいメロディが立ったアルバム。


フジロックが初オアシスになりそうだ。
彼らのライブ避けてたけど、機が熟したとは、正にこのタイミングのことを言うのだろう。


B000006UUIモーニング・グローリー
オアシス
エピックレコードジャパン 1995-10-10

by G-Tools



Oasis 「Wonderwall」



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。