スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

avengers in sci-fi 「Sci-Fi Age Riot」

最近一番良く聴いているアルバムがアヴェンジャーズの『SCIENCE ROCK』で、
久々に現在進行形で追いかけていけるバンドに出会えたという点で彼らは有難い存在である。
ジャンルとしてはダンスロックにカテゴライズされるであろうが、
既に唯一無二の音楽を築き上げている。

「Sci-Fi Age Riot」は去年のCountdown Japanにて演奏され、
フロア全体を大きく揺らせた曲である。
エフェクト処理されたボーカルと楽器隊の掛け合いから、
イントロに突入したときの盛り上がりは、
このバンドの存在が急激に巨大化していく予兆のように感じられた。

この曲に限らず彼らの特徴は、しっかりと土台を支え手数も多い強力なリズム隊をベースに、
エフェクターを駆使した様々な音色のギターが乗っている所にあるのだが、
スリーピースでここまでスケール大きく世界観を描けるバンドはなかなか居ないと思う。
写真を観るとギターの足元のエフェクターの数は壮観である。
ギターって色々な音を出せるんだなと感心。

ジャンルとして裏打ちメインのロック系バンドはあまり聴いてこなかったけど、
彼らにはかなりはまりつつある。
生音で踊れる曲やってくれるバンドはいい。
今後どのように彼らの音楽が進化していくのか本当に楽しみである。
多少変態性を感じる歌詞の世界観も面白い。

ちなみに2/28代官山UNITのワンマンはチケットが売り切れてしまったようである。
余裕をかまし過ぎたと反省。
でも恐らく彼らはこれからもっと大きな会場でライブをすることになるだろうし、
次回以降でも遅くはないかと思っているけど。


B001G6RC58SCIENCE ROCK
avengers in sci-fi
Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M) 2008-11-05

by G-Tools


avengers in sci-fi 「NAYUTANIZED」 レビューの曲とは違いますが…


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。