スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mogwai 「2 Rights Make 1 Wrong」

僕は子供の頃から本と音楽が好きだった一方で、映画はあまり観ていない。
決して嫌いな訳ではないんだけど、
映像はリアルすぎて僕の感受性には刺激が強すぎるようである。

本や音楽は個々の人間にとって解釈の余地が大きいので、
作り手に解釈を押し付けられることなく、
勝手に妄想を膨らませることが出来るのが好きなのである。
その指向は、精神的に僕が脆弱であることに起因するのではないかと今のところ思っている。


Mogwaiの音楽は歌が入っている曲もあるけど、基本的にインストである。
メッセージ性の高いタイトルが付いているのみで、解釈は聴き手に委ねられる。

彼らが音楽にどのようなメッセージを込めているのかについては、
まだ彼らのことを知りきれていないからよく分からないけど
彼らの鳴らす音は一音一音が必然性を持って鳴らされていて、
ムダでルーズな音は鳴らされていないということは感じることが出来る。

ロックという表現の一つの手法として、
溢れる感情を一思いにルーズに吐き出してしまうことがあるが、
彼らが選択した手法は、緻密にそして戦略的に音を鳴らすことであった。

結果として吐き出された音は、理性的でとても美しい。

「2 Rights Make 1 Wrong」というタイトルは人間世界の大いなる矛盾を示しているが、
そうした人間の矛盾を肯定してしまうかのような強さと美しさがこの曲には込められている。
勝手に解釈させてもらうと、Mogwaiの音楽は僕にとっては人間を肯定する音楽なのである。

このバンドを聴いていると、音楽を聴いているというより、音を浴びている、という感覚に陥る。
聴き手が最初身構える心を、音楽によって段々と解放させるような力を持つバンドだと思う。
彼らの単独公演、行っておくべきだったな…。


B00005AUBARock Action
Mogwai
Play It Again Sam 2001-04-24

by G-Tools



Mogwai 「2 Rights Make 1 Wrong」 LIVE



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。