スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

今回の選挙は自分にとって今までとは異なる想いを抱いた選挙だった。

ツイッターやるようになってから初めての選挙だったんだけど、
タイムライン上には様々な政治的なツイートが流れてくるようになった。

その中でツイッターの威力というのも凄く感じていて、
はっきりとした主義信条を一市民が不特定多数に表明することが出来るツールとして、
ツイッターというものは非常に有効な手段であることを実感した。

ただ、それが「快」であったかというと決してそれは心地良いものではなくて、
自分の考えとは異なる意見が流れてくると「許容」のキャパを超えて、
段々と「苦痛」を感じていく自分もいた。
自分と異なる考えを浴び続けるって結構辛いことなんだなーと実感した。

でもこれからは、そういった情報の洪水に耐えられる強い「個」が必要な時代になったということ。
もっと個々人は賢くならなければいけない。強くならなければいけない。
自分もまだまだ古い人間で、弱い人間なんだと実感した選挙期間であった。

でも会ったことの無い様々な方々の考えを知ることにより、
自分があらゆる事柄に対するスタンスを明確化するための、様々な視点をもらえたのは事実。
一個人がネット上で手軽に主義信条を表明できる時代になったのは、間違いなく進歩であると思う。

自分はパンク系の音楽を好んで聴くんだけど、自分が好きなミュージシャン達の
政治的な主義信条に基づく発言も容易に伝わるようになったのが今回の選挙だった。
影響力がある人達がそういった発言をすることは凄くいいことだと思うけど、
その考えを妄信的に受け止めるのではなく、自分の頭の中で消化することの重要さも感じた。

ぶっちゃけて言うと「脱原発」「徴兵制」に関しては相当考えさせられた。
ネガティブキャンペーンのような動きには閉口も少なからずあったけど、
でも、その中で自分はどう考えるんだっていう強さがやっぱり必要な時代になったんだなと思った。


自分は政党政治というシステムが良いなんて全く思っていない。

自分の考えに合致する政党を支持して、
自分の意思を政治家を通して反映させるってのは理想のように思えるんだけど、
その政治家が実際に自分の意図に基づき実行してくれるかが見えないからである。
仮に考え方が合致していても、そいつがポンコツで実行力がないなら全く意味が無い。

民主党が前回の選挙で掲げたマニフェスト。
僕個人としては反対の政策も多かったけど、でも実際に実行してくれれば面白くなると思ってた。
既得権益にメスを入れて、多くのしがらみに対するリセットをしてくれるんじゃないかという期待はあった。

でも結局は、政権取る前までは分からなかったことが分かってきて、出来ませんでしたという結果。
全く実行力の伴った組織ではなかった。

今回の選挙でも多くの政党からの立候補者があって、
特に第三極と言われる政党が新人を多数擁立した訳だけど、想像するに、ポンコツも相当数いたはず。
たぶん言っていたことの殆どは実行出来なかったんじゃないかと思う。

自分が理想とするのは、あくまで政党という枠組みに囚われず、
あくまで人物本位で政治家を選択できるような政治のシステム。

ただ、それは理想論に過ぎないのは分かってるので、もう少し党議拘束の制限を緩やかにして、
うちの所属する政党はこう言ってますが、自分はこの論点に関しては別な考えを持っています、
くらいは自由に言えるようにした方が、現実に沿うと思う。

てか選挙やる前から、例えばうちの党はTPP賛成だけど、自分は反対ですとか、初めからやれって話。
政権取ってからやり始めるから変なことになる。

党の考えの傘に守られずに自らの考えが晒される環境にあった方が、
政治家の方々も議論の中で鍛えられるし、
人物本位で自分の意思を託せる人を探すのに役立つんじゃないかと思っている。


今回の選挙、自分がどう行動したのかというと、
結局は実行力云々は抜きにして、自分の持つ考えに比較的合致している候補に投票した。
はっきり言って、全く自分の意思が反映されるなんて、一切思っていない。全く期待していない。
実際、自分が投票してもしなくても、選挙結果に対して何の影響もなかったと思う。

ただ、決断を迫られたから、自分の中で現段階で一番マシだと思える選択をした。
投票した政党も候補者も、全く応援していないし、期待もしていない。

ただ、国民として逃げたくなかったから、真摯に選挙というものに向き合った。
今の時点ではそれが最も良い結論だと思って、自分は投票行動を起こした。

別に選挙に行くのは国民の義務だとは思わない。僕はただ、プライドの問題だと思った。
自らと社会との接点になりうる選挙という制度に対し、
例え自分の一票が社会を変える訳でないと知っていても、その爪痕を残しに行きたいと思った。

自分はそういう考えを持っていたから、投票率が低いという報道は本当に残念に思う。
これははっきりと言うけど、日本人としてのプライドが足りないと思う。

政治的な主義信条、どのような考えを持っていても僕は良いと考えている。
どんなに過激で、エクストリームな主張を持っていようが構わない。
社会がどうあるべきか、真剣に考えた結果であれば、その思想は尊重されて然るべき。
右翼だろうが左翼だろうか、開国だろうが鎖国だろうが、別に構わない。

特に若い人間は自分達の投票率が低いから、若い世代を配慮した政治になっていないことを自覚すべき。
票にならないことに、政治の側から歩み寄ることなんてことはあり得ない。
賛否あれど、自分は白票でもいいと思う。投票率を上げるという視点で行動してほしかった。


僕は選挙結果についてとやかく言うつもりはない。
結果は国民が決めたこと。それは事実だからである。

ただとにかく、投票率が低いのが残念だった。
去年不幸な出来事があってから初めての国政選挙。
今後の日本の未来を方向付けるような、重要な選挙だと思っていた。

そんなんでいいんかね。みんな。なんか凄くモヤモヤするわ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

1から10まで同意です。
私もツイッターがこの時期苦痛でした。
「なんでそんなことが分からないんだ・知ってないんだ」とアホみたいな不満も持ってましたね。
そして自分もプライドです、ほんとそれだけで、起きてすぐ、人を待たせて走って投票所に行きました。
ここで行かなければ、日本国民としての自分がいなくなってしまうと。そんな感覚でした。
アイデンティティに国を持つなんてまっぴらごめんですが、それでもプライドがめらめら。

投票率はもう本当に……信じられません。
ネットに浸かりすぎていたからなのか、今回は絶対に高いと思っていました。
私も自分の目で若者が全くいない投票所を見まして、啞然です。
こうなると少し馬鹿らしくなりますね。
ここまでされてもお前らは抵抗の一つもしないのかと。
しかも結果がこれだし、なーんだかなー。

Re: No title

自分と同じこと感じていた方がいるのはちょっとほっとします。
ありがとうございます。

僕も今回の投票率は残念でなりませんでした。こんなはずじゃないと思ってました。
でも決してバカらしくなってはいけないと思います。

僕は一人一人の力で簡単に世の中が変えられるなんて思っちゃいません。
でも一人一人が立ち上がらなければ世の中が変わらないのも事実です。
決して諦めてはいけないんですよね、きっと。

No title

むしろ投票率の低さに安心しました。
無知蒙昧な連中にに意思表示されると
碌なことにならない。
そのことがよくわかった三年でした。

Re: No title

全うな判断が出来ると思われる一部のエリート層だけに参政権を委ねるというのは
一つの考え方としてありだと思います。
ただ、それだと国は強くならないと思うんですよね。

自分は固定票が力を持つことの方が嫌なので、
そういう面で投票率の低さは残念だったと思ってます。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。