スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Helloween 「Steel Tormentor」

ラウドパークで自分が観たアクトのことを。次編。
(後で分割して追記修正の上、独立の記事にしようと思います)

・Cryptopsy

エクストリームステージ、クリプトシーはNaglfar、Outrageよりも集客してた。
今回のラウドパークの目玉の一つだったように思えるし、普段デスメタルなんて聴かない人も
かなりいたんじゃないかと思える。

ただ、音が悪すぎた。重低音メインのバンドだから音作りは相当難しいのは承知しているけど、
あの会場のせいもあり、何やってるかよく分からない状態。
モッシュピットの真ん中くらいで見てればもう少し印象違ったんだろうけど。

なので、今回はクリプトシーの真髄を味わうことが出来なかった。
割り切ってライブの途中で後方の方でビール飲みながらモニター見ながら観てた。

でもフロモーニエ先生のドラムは半端なかった。
あまりにも高速すぎてドラムスティックの残像が見える。
高速フレーズなのにしっかり一音一音が丁寧にショットされていて、本当に凄かった。

そして表現力も素晴らしい。スネアの音の鳴らし方にしても色々と使い分けているように思えたし、
タムを使ったフィルにも歌心のようなものを感じた。やっぱり世界で絶賛されるドラマーは凄い。
もう少しちゃんとした音響のところでちゃんと観たい。次来日したら観に行く。

そういや今日秋葉原でフロがドラムクリニックやったらしい。
事前に知ってれば行ったのに!


・In Flames

3年前くらいまでは追いかけていたバンドだけど、もう思い入れも失われつつあったバンド。
盛り上がりの無いハロウィン側のアリーナで観てたこともあり、
どうしてもそんな冷めた気持ちは終始変わらず、
自分の中でのこのバンドに対する印象は残念ながら変化することはなかった。

近作を中心にしたセットリスト。電子音を重ねた楽曲が続く。
はっきり言って、バンドの演奏は素晴らしい。
ライブがイマイチという評価がつきまとうバンドだったけど、
色々な経験を積んできたことが伺えるように、素晴らしいライブバンドになっていた。

ただ、それが自分の好みではない方向に行ってしまったということ。
自分が好きだった「Bullet Ride」も「Embody the Invisible」もやってくれたけど、
何か別のバンドが演奏しているかのように聴こえてしまった。

ギターの歪みが自分の好みでない。
言葉では上手く表現できないけど、ヘヴィさを強調したような今の音作りは、
昔の曲には上手くマッチしないんだろうなと思った。
昔の曲やるときだけばギター変えてくれれば良かったんだろうけど。

とはいえ「Take This Life」は燃えた。あれは本当に名曲だと思う。
昔のインフレイムスとは完全に別物だけど、どことなく北欧っぽいメランコリックさもあって、
それでいて獰猛に突進していくような感じが素晴らしい。
アンダースは本当にいいボーカリストになったと思う。

インフレイムスはこのまま本人達がやりたいようにやってくれればいい。
実際今回のライブを絶賛する人も多いみたいだし、それだけの力量を備えたバンドに、彼らはなった。
その道を進んでいくことは絶対に正しいこと。
また自分の好みになったときに、僕はまた彼らのファンに戻ろうと思う。


・Helloween

みんなが知っている曲が多いという点で、ハロウィンはきっとフェス向きのバンドだろうなと思っていた。
実際にそのことを実感するようなライブになった。

1曲目は現段階での最新作から「Are You Metal?」。
初めてハロウィンのライブ観たけど、演奏上手かった。普通におおーって興奮した。
想像以上にメタルしているというか、所謂メロスピ勢とは違う音作りだったように思う。
アンディのボーカルも想像していたのより全然歌えてる。1曲目から大盛り上がり。

そして2曲目に演奏されたのが、ヘヴィメタルの歴史の中に燦然と煌く超名曲「Eagle Fly Free」。
アリーナいたから会場全体の雰囲気は掴めていなかったけど、
この曲は会場中が沸騰したんじゃないかと思う。

何といっても某メタル系人気曲投票サイトでも一位の曲だもん。
http://hvymetal.com/cgi-bin/rankingyoutube.cgi?1&100

サビでは観客が歌いまくっててアンディが歌う必要がない感じ。
はっきり言って、この曲のアンディは良かったと思う。全然歌えてた。
曲を壊すような変な歌い方をしなかったのは非常に好印象。

ハロウィンのライブでモッシュなんて起きないと思ってたけど、
この曲ではなぜかサークルピットが出来てた。気持ちは分かるけど、ちょっと笑った。
ベースのソロパートでも歓声、ドラムのソロパートでも歓声、そしてあの名ギターソロも完全再現。

この曲を演奏してくれたのは本当に良かった。
この時点でハロウィンは完全に観客の心を掴んでいたと思う。
みんなが知ってる名曲を持っているバンドは強い。

「Where the Sinners Go」を挟んで、そしてやってほしかった「Power」へ!

イントロで大興奮、そして日本でもやっぱり起こったギターフレーズでの大合唱!
これは本当に楽しかった。サビでも大合唱。やっぱり名曲を持っているバンドは強い。
この曲でもスタンド含め、会場全体が沸騰したように思った。

この曲はアンディの持ち歌であることもあり、アンディのボーカルは素晴らしい。
これははっきり言ってキスクには歌えない曲。このままアンディ時代の曲を畳み掛けてくれれば、
今日のライブは神ライブになるんじゃないかという予感がこの時点ではあった。

この後アンディがMCして
「新曲やるんだけどボーカルピッチが高いから、観客のみんな助けてくれ」って言ってた。
つーか発売前の新曲なんてみんな知らないだろ…って思ってたけど、実際みんな知らなかったw

観客のフォローの無い孤立無援の状態でアンディはこの難曲に臨んだ訳だけど、
でもアンディはこの曲を最後まで歌いきった。ここら辺は流石だと思った。
この曲はムズいよ。ヴァイキーさん、もっとアンディに優しい曲書いてやれよ。

てか家帰って「Burning Sun」聴いたけど、相当無理してるだろ…。
いかにもハロウィン流メタルって感じでかっこいいけど。

そしてドラムソロへ。
フォーバスという掟破りのセッティングで臨んできたけど、ようやくここで使い所が。
実際は普通にツーバスセッティングで叩けるフレーズばかりだったけど、
でもあれは視覚的にかっこいいからあり。あんなドラムセットで叩いてみたい。

ただ、フレーズ自体はどこかで聴いたことあるようなものばかりで、
見所はなかったというが正直なところだったけど…。そこは残念。

続いて流れてきたのは「I'm Alive」のイントロ。興奮はしてるんだけど、段々と嫌な予感がしてきた。
代表曲だから当然のように盛り上がるんだけど、やっぱりアンディより、
この曲はキスクボーカルで聴きたいなあと思うような出来だった。楽しかったけどさ。

でも次にやってくれたのは『The Time of the Oath』から「Steel Tormentor」!
バイクのエンジン音がSEとして流れた瞬間に、歓声。イントロのギターリフが演奏された瞬間にまた歓声。

自分が求めているライブはアンディが自分の歌を歌うライブだ。
「Power」ほど盛り上がってなかったと思うけど、ハロウィン流のポップなパワーメタルは、
会場中を魅了していたように思う。この曲でのバンドの演奏の切れ味は素晴らしかった。
ヴァイキーってギタリストとしてもかっこいいね。ギターソロも良かったし。

この流れで「Sole Survivor」「Where the Rain Grows」やってくれたら、
これは完璧なライブになるなあと思っていたけど、ここで持ってきたのは、
よりによって去年カイ&キスクが演奏した「Future World」「I Want Out」だった。

バンドの代表曲だから当然盛り上がるし、自分としてもやっぱり楽しめるんだけど、
でも正直、アンディが歌う「Future World」「I Want Out」に魅力はない。
やっぱりマイケル・キスクの歌うこれらの曲には絶対勝てない。

「Eagle Fly Free」はUnisonicでやらないから価値があるけど、
流石にこの二曲は去年極上のバージョンで、しかもラウドパークでやられてしまっているので、
鮮度という点でも不利だったように思う。

なんか「I Want Out」はテンポももったりしていたように思うし、かっこ良くなかった。
中間部でのアンディの煽りも長すぎて正直ダレてしまった感があった。

アンコール気味にバンドが引っ込んで、僕はそれでもアンディ時代の曲を待っていたんだけど、
メンバーが登場して演奏されたのが「Dr. Stein」!
まー自分、この曲好きだし、Unisonicではやらないし、比較的アンディの声質に合っているし、
これはこれでいいかもと思って、この曲の演奏を楽しんだ。

やっぱりこの曲でも会場は盛り上がっていたし、締めとしてはこれで良かったのかも。

ハロウィンのライブ、演奏自体は完璧だった。アンディのボーカルも自分の想像以上に良かった。
でも、やっぱりセットリストが残念。ベストアクト級のライブを期待していただけに、
ちょっと残念なライブだった。

でもハロウィンのライブが楽しかったことは事実だし、次こそはアンディ時代の曲をもっと聴きたいと
思わせてくれるような内容であったことは間違いない。
そういう意味でハロウィンはやっぱり僕の心を掴むライブをやってくれたんだと思う。

来年のGamma Rayとのカップリングツアー行こうかなー。

(セットリスト)2012.10.27 Loud Park 2012
Are You Metal?
Eagle Fly Free
Where the Sinners Go
Power
If I Could Fly
Burning Sun
Drum Solo
I'm Alive
Steel Tormentor
Future World
I Want Out
Dr. Stein


B000006JPUTime of the Oath
Helloween
Castle Records -- Indi -- 1996-03-05

by G-Tools



Helloween 「Steel Tormentor」
いかにもアンディ時代のハロウィンって感じでかっこいい。ライブでも盛り上がった。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【Helloween 「Steel To】

ラウドパークで自分が観たアクトのことを。次編。(後で分割して追記修正の上、独立の記事にしようと思い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。