スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Helloween 「Power」

今年もまたラウドパークがやってくる。
今年も大いに汗だくになって、今年最後の音楽フェスを堪能したいと思う。

Christopher Amott⇒Circus Maximus⇒Naglfar⇒Outrage⇒Sebastian Bach
⇒Cryptopsy⇒In Flames⇒Helloween⇒Slayerってのが自分のタイムテーブル予定。
今のところあまり休んでる暇がなさそう。
クリスソロは正直音楽的には興味ないんだけど、やっぱりアチエネのクリスは好きだったので…。

なんとなく今年は例年になくBURRN色の強いラウドパークな気がする。
コテコテのメタルファンじゃなければ、ちょっと厳しいメンツのような。
自分にとっては良いんだけど、もうちょっとカラーの違うバンドも呼んでほしかったような気がする。
ガラガラだったけど、去年のリンプはそういう意味で凄く良かったと今でも思うなー。


今年一番の楽しみはSebastian Bachなんだけど、最近急激に楽しみになってきたのがHelloween。
去年はUnisonicが本当に素晴らしくて感激してしまったんだけど、
本家ハロウィンもここで一発凄いライブをやってほしいと思っている。

今は単独だとライブハウス止まりのバンドだけど、
やっぱりデカい会場で本領を発揮しそうなバンドであるし。
メタルを聴いている人間ならば、一度くらいハロウィン聴いたことあるように思えるし、
多くの人が知っている代表曲も数多い。絶対盛り上がるように思う。

ただ、どうもハロウィンのライブはそこまで評判が良くない。
というのもアンディ・デリスのボーカルがイマイチということで。
特に高音が全然出ていないのが酷いとのこと。実際動画見てみても、
確かに「Eagle Fly Free」の歌唱はキスクボーカルで聴きたいなあ…、という内容だった。

でも今回のハロウィンのライブは、どうもアンディ期の楽曲中心にやるらしい。
BURRNのインタビューでそう書いてあったというので信憑性はありそう。
セットリストは事前に知りたくないから情報絶っているけど、だまされてもいいからそれを信じている。

マイケル・キスクとアンディ・デリスは、全く異なる特徴を持ったボーカルだと思っていて、
そもそも比較するようなタイプのボーカルではないと思う。

超絶ハイトーンを駆使しながらメタル特有の臭みのある歌唱をするキスクに対し、
音域はそれほどではないけどマイルドでポップな歌唱が出来るアンディ。
当然彼らのボーカルの特徴に合わせて曲作りはなされている。

特にアンディがキスク時代の曲を歌うのはミスマッチもいいところで、
確かにあんまり魅力的に聴こえないような気がするのも分かる。
キスクが復活してハロウィン時代の曲を歌うようになったから、
アンディが歌うキスク時代のハロウィンの曲に対する需要が低下しているのは事実。

だったらアンディはアンディ時代の曲を歌えばいい。
自明のことのように思えるけど、その選択を取るとしたら、きっと間違いの無い選択になると思う。

『Master of the Rings』『The Time of the Oath』『Better Than Raw』からの
曲をやれば絶対盛り上がる。日本でCDが売れていた時代にオリコンで10位以内に入ってたアルバムだもん。
今年のラウドパークの客層的にここら辺の曲は、絶対ツボなはず。何より自分にとってのツボ。

「Sole Survivor」「Where the Rain Grows」「Power」「Push」「I Can」
あたりをやってくれたら狂喜乱舞出来る自信がある。

若かりし頃にリアルタイムで聴いていた音楽って、やっぱり思い入れ深いものだし。
今は決して好んで聴いてはいなくても、聴くとやっぱり昔を思い出してしまうような、そんな曲たち。

『Better Than Raw』って自分が大学入る前後くらいに出たアルバムで、
凄く賛否両論あったことを思い出す。
寮に住んでたとき先輩も部屋でこのアルバム聴いていて、意気投合していたのが懐かしい。

何となく確実にやってくれそうな曲はやっぱり「Power」。
日本ではアンディ期で恐らく一番人気がある曲だと思う。

メタルではあるけど、カテゴリとしては自分の中ではJ-POP。
なんか凄く日本人好みな様式を感じるパワーポップといった感じ。

マイナー調のギターとボーカルのメロディ。軽快にザックリと刻まれるリズム。
中間部のツインリードのメロディなんてほんと素晴らしい。
泣きのギターソロが入って、更にツインリード。そしてツーバスの連打が入ってくる構成なんて、
いかにも日本人のメタルファンをKOしそうな感じ。実際自分も初めて聴いたときKOされましたが。

この曲は歌詞も分かりやすくて好き。ハロウィンの曲全般に言えることだけど。

We've got the power
We are divine
we have the guts to follow the sign

extracting tensions from sources unknown
We are the ones to cover the throne

「We've got the power」なんてフレーズは大合唱間違いなし。
たまーに通勤電車の中でこの曲聴くけど、やっぱ元気になる。
俺達にはパワーがあるんだ。俺達にはガッツがあるんだ。
なんて素晴らしいメタルらしい歌詞なんだろうと思う。

この曲、たまにドラムで叩くけど、やっぱり気持ちいい。
なんかとにかく曲通りにパワーが漲る曲であることは間違いない。


ハロウィンのライブ観るのは初めてなので、ひょっとしたらがっかりしてしまうのかもしれないけど、
でもやっぱり若い頃に聴いていたバンドだから、凄く楽しみ。
去年のUnisonicのこともあるし、今年はハロウィンに期待だな。

今自分の体調は絶好調なので、早く当日が来てほしい。
あと、ラウドパークに行かれる方、ハロウィン一緒に盛り上げましょう。


B000006JPUTime of the Oath
Helloween
Castle Records -- Indi -- 1996-03-05

by G-Tools



Helloween 「Power」
このライブ動画はかなりいい感じ。ブラジルでのライブみたいだけど、盛り上がりが半端ない。
ラウドパークでもこんな感じの大合唱が起こってくれればいいなあ。



Helloween 「Power」 PV

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。