スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Refused 「New Noise」

フジロックでのRefusedのライブのこと。

と言っても自分は『The Shape of Punk to Come』しか聴いたことなかったし、
かっこいい音楽やってたんだなー、ライブ観てみたいなーって軽く考えていただけで、
Refusedに対する期待は、彼らの後に出演するAt The Drive Inほどではなかった。

曲と曲名が一致するような知ってる曲なんて一握り。
自分は決してRefusedの「ファン」ではなかった。凄そうだから観てみたかった。

彼らの前に出演したExplosions In The Skyが素晴らしいパフォーマンスを
見せたホワイトステージだけど、ライブが終わって少し時間が経つと、
辺りは完全に闇に包まれ、あれだけ集まっていた人もいなくなっていった。

ステージ前に熱狂的っぽいファンは集まっているけど、決して多いとは言えない。
ATDIほどには日本で浸透していないと思われるRefusedのライブに集まった観客は、多くはなかった。
しかしながら「Refused」のバンドロゴが入った幕がステージ前にセットされ、
断続的なノイズが鳴り響くステージを眺めていると、否が応にも自分の気持ちが高揚するのを感じた。

幕の裏側にメンバーが登場する。Brahmanのライブみたいだ。
そして『The Shape of Punk to Come』の1曲目
「Worms of the Senses / Faculties of the Skull」でライブがスタート。
ステージ上の幕が下りて、メンバーの姿が露わになる。

はっきり言って、一発目の音でヤられた。
視覚的な効果もあったと思うけど、でもあの一発目の音は強烈だった。

かっこいいーーー!!!

女の子みたいな感想だけど、でも実際彼らのライブを形容するのに、
その言葉しか出てこないし、その言葉が適切だと思う。

とにかく強靭なリズム隊。
ベースの音がとにかく太くて、超攻撃的な音。不穏。
ドラムの音もヤバい。こちらはメタリックにバシバシとこれまた攻撃的に叩きまくる。
一発でこいつらは只者ではないと思わせる音を彼らは出していた。

リズム隊ほどのインパクトはなかったけど、でもめちゃめちゃエッジの効いたギター。
当然ながら、そこに隙は一切感じられなかった。

一発目からいきなりテンションマックスって感じの音を出せるのが凄い。

でもやっぱり抜群のインパクトがあったのが、
ボーカルのデニス・リクセゼン。(すみませんフジのとき名前知りませんでした)

デニスの絶叫がとにかくかっこいい。

ハードコア系の音楽のボーカルって基本的には絶叫だと思うんだけど、
そんで、その絶叫が単なるハードコアとしての「型」として感じられることもあるんだけど、
彼の絶叫には必然的な「何か」を感じさせた。この人、叫びの声を上げることが必要なんだと。

とはいえ、汚い絶叫ではなくて、どことなく上品な絶叫。
上手く表現できないけど、なんか終始そんなボーカルだった。
端正なルックスっていうビジュアル的な心象が強かったかもしれないけど。

そしてデニスさんのアクションがいちいちかっこいい。
自分が覚えているムーブ一覧。たぶんこれは氷山の一角。

・往年のロックスター風の華麗なその場ステップ
・ササーっとフィギュアスケートみたいに横方向に滑って移動
・ステージの端から端までクロスステップで高速移動
・ブルースリー風のカンフームーブ
・マイクのケーブルを持って大きく振り回す
・マイクスタンド持ち上げてアピール
・ステージに仰向けになってから後方回転して立ち上がる
・アレックエンパイアみたいな欽ちゃん風のその場飛びジャンプ
・バスドラの上に乗って大きくジャンプ
・モニター縦に立ててそこに乗ってそこからジャンプ
・観客席に飛び込んで客の上に立ってアピール

文字に書き起こすと、凄くバカっぽいんだけど、
でもこういうムーブをかっこいい絶叫ボーカルと共に畳み掛けられると、
これまた大いに興奮してしまう訳です。

デニスって顔も端整だけど、細身で長身っていうロックスターとして理想的な体型だから、
尚更絵になっていたんだと思う。

ファンの方に怒られそうだけど、ATDIのセドリックにアクションは似ていると思った。
その後に出てきたセドリックも凄くキレていたと思うけど、
どうしてもデニスのアクションを観てしまうと、霞んでしまって見えたのが事実。
それくらいデニスはかっこ良かった。

ステージも夜ということがあって、白を基調とした照明が映えることこの上なし。
照明という演出も、今回のライブで凄く大きな働きをしていたように思う。

ライブで印象に残ったのが「Summerholidays vs Punkroutine」。
この曲はあまり激しくないパンク調のロックとも言えそうな曲なんだけど、
この曲で繰り広げられたバンドの演奏は凄くかっこ良かった。踊った。
周りの人達もステップ踏んで踊っているの見えて、なんか良かった。

デニスのMCを挟んでの「Refused Are Fucking Dead」も良かった。
複雑なリズムとリフを全く隙なしに完全に乗りこなしている。
ここら辺での演奏はテンションが溢れんばかりという感じで、バンドの熱量がハンパじゃなかった。
演奏力もあってテンションも物凄い。めちゃめちゃ上手いよ、あの人達。

やっぱりライブのハイライトは「New Noise」。
あのイントロのギターフレーズが始まると観客は大歓声。自分もこの曲聴きたかった。
そしてブレイクビーツのSEが流れて、いよいよスタートだ。

「Can I scream?!!!」

苗場のホワイトステージに響き渡る大合唱。
狂乱の宴を告げる一声だった。
ステージ前方は物凄いことに。とにかく人が飛びまくっている。

自分の意識も飛びそうだった。あまりのかっこ良さに叫びまくるしかなかった。
この曲ラストの疾走パートでは、また物凄いモッシュピットが発生。
自分はこのときピットの中にはいなかったけど、でもあの光景を見て、
音楽が人を狂わせるという恐ろしい出来事を見ているような気がした。

あんなライブされたら、確かに狂うよ。自分も狂っていたし。

Refusedのライブは、自分の想像を遥かに超えるものだった。
彼らのライブが僕の胸を打ったのは、彼らが真摯に音を鳴らしていたからってことに尽きると思う。
ギター、ベース、ドラムの一音一音に、ありとあらゆる感情が込められているように感じたし、
先にも書いたけど、デニスのボーカルには、叫ばなければならない必然性が感じられた。

彼らは体制に闘いを挑むハードコアバンドである。
知らなかったけど、デニスはかなり明確な思想を持った、且つストイックな人間らしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Dennis_Lyxz%C3%A9n

僕が彼らのメッセージにそのまま共感するかはともかくとして、
彼らが抱える想いを吐き出したハードコアミュージックは、
それを受け止めた人間に何かしら行動しなくてはいけないという気持ちを想起させるし、
そのエネルギーが体制の変革に繋がれば、というのが彼らの想いだと思う。

僕は彼らのエネルギーを十分過ぎるくらいに受け止めた。
「その後何をするのか」があのライブを観た僕に今求められていることだと思う。


We lack the motion to move to the new beat

We dance to all the wrong songs
We enjoy all the wrong moves
We dance to all the wrong songs
We're not leading


(セットリスト)2012/7/29 Fuji Rock Festival
Worms of the Senses / Faculties of the Skull
The Refused Party Program
Liberation Frequency
Rather Be Dead
Coup d'état
Summerholidays vs. Punkroutine
The Deadly Rhythm
Hook, Line and Sinker
Refused Are Fucking Dead
The Shape of Punk to Come
New Noise
Tannhäuser / Derivè


B003HO0RG8Shape of Punk to Come
Refused
Epitaph / Ada 2010-06-08

by G-Tools



Refused 「New Noise」

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。