スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Kinks 「Waterloo Sunset」

3週間後の今、フジロックが終わろうとしている。

今年は時間が流れるのが遅く感じてたけど、何だかんだで季節は流れていたみたいだ。
タイムテーブルも発表され、いよいよフジロックに向けてワクワクする期間がやってきた。

ぶっちゃけフジロック行く前の妄想が、ひょっとしたら一番幸せな時間なのかもしれない。
当然フェスは楽しいんだけど、苗場に着くと、どうしてもフェスが終わった後のことを考えてしまう。

入場ゲートをくぐるとき、戻ってきたーとテンションは上がるんだけど、
同時に虚無感を感じる自分が毎年。3日間なんてあっという間に終わってしまうもんね。
始まりは終わりの始まり。始まりは寂しいものでもあるのです。人間の再会も同じ。

という訳で、自己満足のフジロック計画をダラダラと。


初日はトップバッター、昼間の野外、メインステージと全てが似合わないと思われる
The Back Hornを観ようと思う。なんでこんな位置にしたんだろ。
めちゃめちゃダークなライブやってほしい。「やらせろよ あばずれ」がお天道様の下で炸裂するか。
幾千光年はやってほしいなあ。

その後は適当に行動。フラカンは観たことないから観てみたいかも。
「深夜高速」はいい曲だもんね。聴きたい。
Third Coast Kingsも大所帯のファンクバンドで、楽しそう。

まだ夕方には早い時間にTha Blue Herb。彼らを昼間に観るのは当然ながら初めてなんだけど、
あの深遠なヒップホップが、フジの昼間の雰囲気にマッチするのか、非常に不安がある。
ホワイトステージってのも不安。でも彼らの力量は間違いないし、
きっと凄いもの見せてくれると期待してる。ブルーハーブの新章を目撃したい。

そこからはまた適当にフラフラ行動して、適当なタイミングでグリーンに戻ってくる。
目的はBeady Eyeであります。申し訳ないけど、リアムが歌うオアシスの曲が目当てです。
ビーディ・アイの曲は勿論楽しみではあるけど、ローゼスの前に配置された粋な計らいに、
リアムがどう応えてくれるのかが、楽しみ。

そして初日のトリは、15年以上も待望していたThe Stone Roses!
正直ライブはショボイみたいだけど、自分はそれで全然いいや。
「Made of Stone」「I am the Resurrection」「Driving South」なんかは、
イントロの時点で叫ぶと思う。もう楽しみで仕方がない。


二日目は体調が良ければ朝一で奥地まで行って、伊藤ふみお観たい。
彼の笑顔とジャンプは素晴らしい。
Lindigoってレユニオン島出身のバンドも相当面白そうなんで観たい。

昼間の注目はCloud Nothings。この前来日したばっかみたいだけど、評判良かったみたい。
自分は全然聴いたことなかったけど、YouTubeで音源聴く限り、かなり自分の好みっぽい。
過去にフジロックでAirbone Toxic Eventと出会ったけど、
彼らのギターロックにもハマるかもしれない。

そこからはずっとグリーンにいる予定。ロックレジェンドともいえるバンドがズラリと並びます。
レゲエ界のレジェンドToots and the Maytals、
ブリティッシュロックのレジェンドThe KinksのフロントマンRay Davies。
スカコアのレジェンドThe Specials。

この並びは凄いんだろうと思う。
たぶん上の世代の人達にとっては本当に凄いんだろうな。
スペシャルズはサマソニでのライブがめちゃめちゃ良かっただけに、
フジロックではそれを上回るライブを期待。空も暗くなった頃、パーティーが似合う時間ですね。

そうだ、The D.O.T.は覗いておきたいな。去年フジロックで散ったロブ様が早くも生還。
レッドマーキーだから、ひょっとしたら入場規制かかるかも。

そして二日目のトリはやっぱりNoel Gallagher's High Flying Birdsです。
フジロックで、やっぱりノエル観たいです。来日公演もめちゃめちゃ評判良く、
ソロアルバムもこれまた素晴らしい出来だったので、幸せな気分になれること間違いなしですね。
「Don't Look Back in Anger」がまた苗場で歌えると思うと、感激だわ。


たぶんあっという間に最終日がやってくる。

最終日はまずChthonicのために体力を温存。
フジロックでのソニックは盛り上げてあげなくてはいけない。
誰にも頼まれてはいないが、使命感だ。レインコートなど、荷物は友人に預けておこう。
その時間帯だけはラウドパークだ。恥は捨てて盛り上がろうと思う。

マーティフリードマンに琴奏者も参戦するという本気モードの彼ら。
メタルなんて聴いたことない人達に、少しでも名前が売れればいいなーと思う。
フジロック行かれる方、Chthonic観ましょう!ベースの方綺麗ですし。
震災のときは台湾で色々と動いてくれた方々ですし。日本のこと好きでいてくれる方々ですし。

ソニックで燃え尽きてビールがぶ飲みしてると思うけど、
この日はとにかくグリーンとホワイトで観たいものが多すぎる。
ここからの予定は、もう当日なるようにしかならない気がする。
日曜日は人多そうだから、出来るだけ移動したくない。悩ましい状況になりそう。

ライジングで観たときの衝撃が今でも残っている井上陽水。
この人のライブはマジで凄かった。間違いなく日本のロックレジェンド。
「少年時代」は泣きそうになったし、「最後のニュース」「傘がない」は円熟の極み。
陽水のライブは晴れの青空の下で聞きたいな。

微妙に被っているのがホワイトのFucked Up。
このバンド、ボーカルがいなければ爽やかなギターポップって感じでかなりいい感じだけど、
存在感ありすぎのボーカルが笑えるほど曲を壊している。このアンバランス感に惹かれた。
ベースのメガネの女の子もかわいい。ライブ観てみたいなー。動画見る限りボーカルの存在感ありすぎ。

んで、彼らのライブと微妙に被るのが、Jack White。
実はジャックホワイトは観たことないので、これを機会に是非観てみたい。
White Stripesの曲やってるなら尚更観たいでしょ。
数少ない現代のカリスマギタリストのステージをこの眼で目撃してみたい。

だけどジャックホワイトとこれまた微妙に被るのがホワイトのExplosions In the Sky。
いかにもMogwai系のポストロックで、静と動の美しきダイナミクスで聴かせるバンド。
彼らのライブ堪能するなら頭から最後まで観ないとなぁ…って思う。
丁度夕暮れから日が沈むくらいの時間帯でシチュエーションは完璧な気がするし。

グリーンのコステロさんも観たいが、ここは決めているRefused。
「New Noise」がめちゃめちゃ好きなので、とにかく観たい。
闇に包まれた苗場の地でこの曲が響き渡ったときの血の沸騰っぷりが今から楽しみ。
うわーーーーーってなる。絶対。

トリにRadiohead観るか、At the Drive-In観るかはもう当日次第。
正直つまみ食いはしたくない。どちらか一方に絞って観ようと思う。
レディへ前半観てATDIも観れるけど、絶対移動で大混雑しそうだし。

ATDIはライブの評判が良くないのが非常に気にかかっている。
特にオマーのやる気が見えないって。フジのときは前向きになってくれているといいけどな。

レディオヘッドのライブは間違いなく鉄板と思われ、しかも2時間近くやりそうだし、
最近はレディオヘッドが染みる心境ではあるので、こちらに傾きつつあるけど…。
後悔のない選択をしようと思う。


あー今から楽しみだ。待ちきれんけど、当日が来てほしくない。そんな心境。

うちの職場に15くらい年上でギタリストのロックオヤジがいるんだけど、
この前声をかけられた。

「お前今年もフジロック行くのか」「はい」
「レイ・デイヴィスは観るんだよな」「え、誰ですか…」
「馬鹿野郎、ロックの4大バンドといえばビートルズ、ストーンズ、フー、キンクスだろ」
「キンクスをお前は聴いたことないのか」「You Really Got Meなら知ってますけど…」

という訳で自分はキンクスをまともに聴いたことはありませんでした。
当然ながらレイ・デイヴィスなんて名前も知らない。
Van Halenのあの有名なカバーがあったから「You Really Got Me」だけは知ってたけど。

なのでまずはキンクスのベストアルバムを買ってみた。
はっきり言って、全然イメージと違う音楽をやっていた。
あまりにも「You Really Got Me」のイメージが強すぎて、勘違いしてたみたい。

まだまだ自分は表層に触れただけだけど、自分の想像以上に、
音楽的な実験をしていて、アレンジの引き出しも多く、
社会を冷静な眼で批判する知性を持ったバンドであることを知った。

今自分はキンクスにハマっている。かっこいい。このバンド。
今日も仕事の帰りに『The Kinks Are the Village Green Preservation Society』買ってきちゃったし。

以前のフジロックでジョン・フォガティが出演したときに似ていると思う。
彼が歌う「Have You Ever Seen The Rain?」は本当に良かった。
きっとレイ・デイヴィスの歌う「Waterloo Sunset」も、同じような感動を呼ぶんじゃないかと思う。

レイが出演する時間は、きっと惜しくも夕暮れには早いんじゃないかと思う。
でも陽が傾いた時間に聴くこの曲は、絶対に苗場のシチュエーションにハマるはず。
ロックのレジェンドはきっと裏切らない。今まで裏切られたことがない。

「Waterloo Sunset」は歌詞も凄くかっこいいです。いつか自分で訳してみたい。
ウォータールー橋にも行きたい!そんな心境です。


B0001XLX2ASomething Else By
Kinks
Sanctuary UK 2008-07-08

by G-Tools



The Kinks 「Waterloo Sunset」

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

三日間行かれるんですねぇ~!!フジロック ベテランさんだぁ☆

やっぱり日曜は混むんですね。CHTHONIC後の予定考えてたら頭痛くなってきました。なんとも悩ましくて決められませんね。

ホワイトとグリーン行ったり来たりしたいけど、会場に不馴れで余計に上手く移動できなそうな気もするし(^_^;)
自分もその時の状況と気分次第になりそうです。
レイ・デイヴィス!自分も観たいのです(>_<)土曜日のうちに観れて羨ましいです。ここが一番やっかいです(笑)

CHTHONICの同志がいて心強いです♪
荷物の軽量化も悩みどころでして。でも頑張って前行きます( 〃▽〃)

Re: タイトルなし

フジロックは遠いんで、どうせ行くなら3日がいいんですよね。
正直3日でも足りないくらいなんですけど。

日曜は激混み間違いなしです。混雑の中での移動って凄く疲れるんで、
自分はたぶん体力残ってないし、ステージ間の移動は極力ないように
タイムテーブル作ろうと思ってます。

でも一日だけ参加だったら、移動しまくって観たいものは全部観た方がいいですよ!
その方が絶対楽しいですし。

Chthonicのライブ盛り上げましょうね。よろしくお願いします。

こんばんは。
暑い日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか?

いよいよ、フジロックですね!!

捕鯨さんの記事を読むだけで、
心拍数の上がる私です。
3日間、本当、うらやましいです(^-^)
今年もいろんなバンドが来るようですね!
どうか、行けない私の分も、思いきり楽しんできてください!!

今年も捕鯨さんのライブレポ、
楽しみにしています♪


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

元気で過ごしておりますよ。ありがとうございます。

フジロックのために仕事しているようなもんなので、本当に3日間が楽しみですね。
今年はやっぱりストーンローゼスが一番の楽しみですけど、
ローゼス以外にもどんなライブを今年は目撃できるか楽しみです。

毎年フジロックの記事は書いてるんで、今年も書きたいと思います!
そのときは是非読んでやって下さい。

携帯持ってるでしょ?

491Ds746
携帯あるんだから
有効に使わなきゃもったいないでしょ
http://4oFa0U00.sofban.info/4oFa0U00/
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。