スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Foo Fighters 「Walk」

自分の実家は今北海道のほぼ東端にある。
都会の対義語「地方」を地でいくような、そんな土地である。
僕は今年の正月も、そんな土地で過ごしていた。

僕は18歳のときに大学に行くため、実家を出た。
高校の頃、早く家を出たくて仕方なかった。決して実家が嫌だということではなくて、
早く違う世界に、もっと広い世界に飛び出したかった。その好奇心が圧倒的に勝っていた。

それ以来、実家は僕にとって、住むべき場所から、訪れるべき場所へと変わった。
親の退職をきっかけとして実家も引越し、茨城から北海道へと変わったけど、
僕にとっての実家の位置付けは、決して変わってはいない。

過去、自分の将来を考える上で、幾度となく考えていたことだけど、
親の住む近くで仕事見つけて、生活することが親孝行であると思っていた。
将来的に両親のどちらかは先にいなくなる。そのときに面倒を見てやらなくてはいけないし、と。

そう思っていたから、僕は北海道で就職したいと、ずっと考えていた。
正直な話、東京という中心都市に対する憧れは、全くなかった。

でも、北海道に、僕がやりたいと思うことは見つからなかった。
正確に言うと、僕がやりたいと思う仕事が出来る会社が、北海道にはなかった。
仕事は金を稼ぐためにやるんだから何でもいいはずだと、当時の僕には割り切れなかった。
会社を興すなんてことも、全く考えもしなかった。

結果的に、僕は製造業の技術者としての道を選択した。
そして結果的に、僕の勤務地は都会となった。(職場は決して都心にある訳ではないにせよ)
それ以来、僕はある命題を抱えて生きることになった。

自分は親を捨ててまで、やりたいと思うことをやれていれるのだろうか。

極めて重い命題である。
僕は実家に帰るたび、この命題を強く意識することになる。

僕は結果を出したい。俺はこんなことをやり遂げたんだと、
そう誰に対しても言えるような結果を出したい。

長い時間がかかったけど、今年はそんな結果が出る年になる。
ひょっとしたら上手くはいかないかもしれないけど、何らかの結果が出る年になる。
きっと自分の人生を左右する、結果が出る年になる。

そんな一年が始まる。

正月に実家に帰ることで、いつも僕は自分の人生を捉え返す。
日本の正月、何だかんだで好きである。


相変わらずレビューなんてしないブログではありますが、
今年もこんな感じで続けますんで、どうかよろしくお願い致します。

Foo Fightersの「Walk」は、新年に聴くのにいい曲だと思います。
3月のライブが今から楽しみであります。

Forever, whenever, I never wanna die.
I never wanna die.
I never wanna die.

I'm on my knees, I never wanna die.
I'm dancing on my grave.
I'm running through the fire.


B004LUHQ1GWasting Light
Foo Fighters
RCA 2011-04-12

by G-Tools



Foo Fighters 「Walk」
非常に熱い歌詞の男臭い名曲なのであるが、PVのデイブさん、傍若無人であります。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。