スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mogwai 「San Pedro」

一緒に仕事をしている人が鬱病とまではいかなくても、
状況があまりよろしくないこともあって、精神的にキているみたいだ。
職場の人間、見解は一致しており、その方に今以上の仕事が振れないので、
月曜から相当自分の仕事が増えることになる。

今の自分はモチベーションがあるんで、仕事量増えようが耐えられるんだけど、
担当している開発の仕事が約半年後に一区切りついたとき、
自分がどうなっているのかに興味がある。

今の仕事のペース、たぶんいつか自分は持たなくなる。
これがずっと続くとすると、自分も精神的にやられると思う。
次に自分がやりたいことが、今の会社で見つけられるかどうかが、きっとポイントになると思う。


日本の企業、労働生産性が低いということは、昔から指摘されている。
ちょっと古い統計ですが…、2011年現在も状況は殆ど変わっていないはず。
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h20/h20/html/k2120000.html

でも実際、企業に勤めている人間からすると、不思議という気持ちが募る。
僕なんかよりもエグイ労働している人、会社の中でいっぱいいるし、
ベンチャーをはじめとして、鬼のように働いている人達の存在を、僕は知っている。

僕が担当している欧州向けの製品があるんだけど、
欧州の担当者と連絡を取ろうとしても二週間の長期休暇を取っているから連絡が取れないとか、
かなり早い時間でも担当者はもう帰宅したから連絡が取れないとか、
そういう状況になることが多々ある。

欧州のオフィスに勤めたことないからよく分からないけど、
向こうの人達ってあくまで自分達の生活が第一にあって、
休暇もちゃんと取るし、自分を会社に犠牲にするという考え方が、
少なくとも日本よりは低いことは感じる。

相対的に見れば、日本人は絶対に身を削って働いている。
しかし労働生産性が低いということは、何か社会システム上におかしなことがあるはずだ、
僕はそう感じている。

そういうこと研究されている方っているんじゃないのかな?知りたい。

労働生産性の低さについて、個人の能力の低さに帰着させて論じる風潮もあるけど、
それは事実の一つであるにせよ、決して根幹ではない気がする。
個人の能力を低く足らしめる、何か社会的な欠陥がある、そういった視点が必要だと思う。


日本で頑張って労働していても、生産性が低いのであるならば、
その労働は諸外国に徐々にシフトしていくのが自然な流れである。

急遽僕は近いうちにあるアジアの国に出張することになった。
目的は量産品のある部材を、日本ではなく海外で調達出来ないか、という検討である。
見積もりを取ってみると、明らかに安い。一部の品質的な点に目をつぶれば、
恐らく使えるという結論が出て、置き換えっていう流れになるんだろうと思っている。

メーカーに勤めている人間として、素材費の低減が永遠のテーマである。
でも正直、自分の気持ちは重い。

自分がその部材を海外から調達することになると、
日本でその部材を作ってくれているメーカーのラインに穴があく。
そのラインで仕事をしていた人は、違う仕事に回されるか、最悪切られることになる。

それは今の経済社会では正しい競争のあり方ではあるんだけど、
自分が日本の労働機会を削る行為の一端を担っていることに変わりはない。
これから日本のメーカーに勤め続ける限り、きっと僕は同じことをやり続けることになるだろう。

僕の仕事に関しても、代わりの海外メーカーに取られてしまって、
僕の労働機会が喪失するってリスクも、常につきまとう。
だから僕は素材費低減のために、海外調達を検討するんだ。

自分が生き残るために、周りを犠牲にする。そういうことである。


20世紀は戦争の世紀って言われるけど、21世紀も戦争の世紀である。
武力ではなく、経済における。
徴兵制はなくなったけど、経済戦争を生き抜くための兵士を養成しなければ、
きっと日本は潰れる。最近はそんなことをよく考える。

そんなことを僕は望んでないけど、海外の国々がそのようなスタンスで動いていると感じるからこそ、
消極的であろうとも、そのような考えを持たざるを得ない。

日本の企業は容赦なく国内から海外へというシフトを進めている。
その流れが日本の戦略上、本当に妥当であるのか。
TPPという待ったなしの波が打ち寄せている今だからこそ、
日本で労働する人間は、経済の行く末について考える必要があるだろうと感じている。

個人的には緩やかな鎖国が理想なんだけど、帰結としては明治維新前の状況になりそうだし、
結局はノーガードの打ち合いに耐えられるような経済を
日本国内で作っていかなければいけないんだろうなと、思っている。

そのとき、たぶん大量の血が流れる、きっと。


昨日Mogwaiのライブを見に行った。
僕が抱える諸々の何かが、身体の奥底から抜け出ていくようだった。
体調が悪かったこともあって、音の力の強力さにやられそうになった。

美しき轟音ってキャッチフレーズ、確かにすごく的を得ている。
ベースの重低音、ギターのディストーションはかなり攻撃的。
でも、何でか良く分からないけど、本当に美しい。

あのような音の重なりが、彼らの中からどのようなプロセスを経て、
彼らの外部に放出されるのか、正直かなり謎である。

「Christmas Steps」「Mogwai Fear Satan」の名曲は当然ながら素晴らしかったんだけど、
今回『Hardcore Will Never Die, But You Will』の曲が良かった。
明るいうちでの出演が結果的に消化不良感を残したフジロックのときよりも、
曲のダークな魅力が、照明の演出と相まって、凄く魅力的に聴こえてきた。

『Hardcore…』は凄くロック然としたアルバムというか、
シンプルに構成された曲が多い印象だけど、それが直接的に迫ってくるというか、
切迫感を感じるというか、そんな即興性が心地良かった。

頭の「White Noise」からもう圧倒的な存在感。
そしてライブ中盤でやった「San Pedro」は本当に素晴らしかった。
アンコール一曲目の「Rano Pano」の重たいリフも、圧巻だった。

モグワイのライブって、いつも素晴らしいと思うけど、
今回は自分の心境とか体調とかと相まって、凄く印象深いライブになった。
頭を真っ白にして音楽に没頭した、そんな二時間だった。

今年3回も観たけど、来年また来てくれたら、きっと行くんだろうな。
願いは、フジロックのホワイトステージの夜に…、観てみたい。

最近の自分、音楽が支えになっていることは間違いない。
当然、周りの人達の支えってのを感じてはいるけれど。


B004GHYCF2Hardcore Will Never Die But You Will
Mogwai
Sub Pop 2011-02-15

by G-Tools



Mogwai 「San Pedro」

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

捕鯨様

はじめまして。
これまで見学だけさせていただいていましたが、気になる記事だったので。

うちの職場もそうなんですが、職場内で働くことが当たり前になってしまうと、働くことが正しく、プライベートを優先させることが悪いことになってしまうのが嫌ですね。
働くということと、仕事に責任を持つということは全く別物なんですが、どうもそれがごちゃ混ぜになっているような違和感を感じます。

QCDさえこなせればどんだけ楽しても会社にとっては好都合なわけで、どれかが守れない時は、客や上司を説得して楽にすれば済むだけの話なんですけどね。
何故、そこを努力と根性だけで補おうとするのか。。。

それでは。

Re: No title

こちらこそはじめまして。コメントありがとうございます。

やることやって、毎日早く帰るって、リーマンの理想形だと思います。
実際私が仕事上付き合っている欧州の会社は、そんな感じです。
でも、日本の場合は、決してそうならない。
それってやっぱり良くも悪くも日本の文化だと思うんですよね。

例えば、自分の仕事は早く終わったけど、職場に大量の仕事を抱えて苦しんでいる同僚がいるとして、
その人間を見殺しに出来るかというと…、出来ないって人が多いと思います。
誰かが苦しんでいるとき、自分だけが楽出来ないと考える気質って、あるのかなーと。

多くの人間が残業している状況で、定時に自分だけが上がるときの後ろめたさって、
実際私も感じることは多々あります。

凄くざっくりと語ってしまいますけど、そんな日本人の気質と照らし合わせて、
理想の職場を日本において作り上げるには、
いわゆる横並びに、全ての人間が早く帰れるような環境を
作り上げる他ないんじゃないかって思います。

とはいえ、今の日本の会社が置かれている状況って、決して楽ではない訳で。
顧客からの要求も、厳しい。生産性を上げるための、社内の要求も、厳しい。
結局、御指摘の「努力と根性」で何とかする職場が形成されるっていう話になります。

そのような文化なり風土なりを打開する方法って、正直思い浮かびません。
すごく他責な言い方になるけど、マネージャー層のモラルが大きいのかなーって、
思うところはありますけど。

今は考えがあまり整理できていませんが、何か考えることが出てきたら、
また記事で取り上げてみたいと思います。

コメントありがとうございました。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。