スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eastern youth 「DON QUIJOTE」

昨日の夜、非常に疲れていたので、日付が変わる前に寝たんだけど、
夜中に目が覚めた。

久々に感じる感覚。
酒を飲んでいるわけでもないのに、吐き気。
眠気を物凄く感じているんだけど、何かに追われているような切迫感。

結局CDラックからとりあえず目に付いたボブ・マーリーとランシドのCDをセットし、
続けざまに布団の上で聴いていた。ランシドを聴いている途中でいつの間にかまた眠りに入り、
目覚ましの音で起きると、朝がやってきた。

朝起きたときには、眠りが浅いことは実感していたものの、
特に体調に問題はなく、いつものように起きて、会社に行った。


この前の休日、本当に楽しかった。

土日に会社と大学時代の先輩の結婚祝いがあった。
結婚式というのは主役二人の未来を祝福する儀式であるのと同時に、
過去に互いに時間を共有した友人達が集って、過去に立ち返る機会でもあるのかなと思う。

久々に会う方々と酒を飲んで、笑い合い、
昔に戻ったかのように、僕はその時間を満喫した。
主役の方々の幸せそうな姿を見て、自分も幸せな気分になったりもし。

しかし、過去はあくまで過去のものであることに、
ひどく酔い疲れた、終電間際で混雑した、一人帰りの電車の中で、気付く。

結局過去は過去のものであり、自分は現在を生きている。
そんな当たり前のことを、心から楽しいと思える時間を過ごした後に、よく思う。
そのときも、そんな想いに駆られていた。


深く考えすぎなのかもしれないけど、昨日の夜に自分が感じた切迫感って、
そういった背景に基づいた、心理的な揺らぎの結果だったのかもしれないと、感じた。
過去と現実の葛藤というか。

自分は目の前の出来事から、逃げたいと思っているのではないか、と。

確かにここ最近の仕事の追われっぷりといったら、ない。
平日のこんな時間に家でPCの前に向かっているのなんて、久しぶりである。


というような出来事があったので、少しの間息を抜こうと思った。

当然仕事は今の自分にとって大事なので、ちゃんと打ち込んでいこうと思っているんだけど、
なるようになるしかないという現実もあるので、
自分を追い詰めるのは精神的に病む一歩手前までにして、一線を越えない程度に頑張ろうと、思った。

久しぶりに素直に文章書いてみたら、凄くネガティブな文章が出来上がったなー。


そんな気分の今日、通勤電車の中でeastern youthを聴いていた。
名盤『DON QUIJOTE』を聴いていたんだけど、こういった多少ネガ入った気分のときは、
イースタンの歌詞が凄く染みるのを感じる。

家帰ってアルバムのタイトル曲である「DON QUIJOTE」を歌詞見ながら聴いてみたけど、
やっぱり素晴らしい。
http://j-lyric.net/artist/a033a5e/l00c04b.html

憧れて 人の世に焦がれて
窓枠のもどかしさを 飛び越えてやって来た
魂は燃えている 夕焼けに負けない程
無様に転げ落ちたって どこまでも信じている

現れて 忽然と消えて行く
暁の儚さを 携えてやって来た
魂は燃えている 雷鳴を蹴散らす程
励ましなんて用は無い 目隠しで立ち向かうさ


現実と空想の世界の区別が付かず、自身の正義を追求するドン・キホーテ。
でも人間なんてそんなものかもしれない。
僕が今生きる現実なんて、単なる空想に過ぎないのかもしれないのだから。

魂を燃やし続けて、行動する。
それが人間にとって大切なことである。

やっぱりかっこいいイースタン。
吉野の歌詞って、年取れば取るほど、どんどんその素晴らしさに気付いていく。


そういえば年末の極東最前線は、なんと竹原ピストルとの対バンということで。
忘年会シーズンと駄々被りなのが非常に気になるけど、めちゃめちゃ行きたい。

共に北海道出身のアーティストであり、
泥臭く己の人生を投影する音楽を創造するミュージシャン。

今年の締めにこんな素晴らしいライブがあるのに、
まだチケットの購入に踏み込めない俺は、
結局は俗世間の中に生きる、一個人であったりする。

でも、忘年会も一年のうちで最も好きなイベントの一つだしな…。
大事な会と被らないことを今から祈るのみ。


そして明日からまた出張だー。
帰ってきたら、もうラウドパークだー。


B0002B56NIDON QUIJOTE(ドン・キホーテ)
イースタンユース
キングレコード 2004-08-04

by G-Tools



eastern youth 「DON QUIJOTE」
そういえば昔のライブで、吉野が張りぼての兜被って歌ってた気がする。
間奏で吉野が静かにアルペジオ弾くパートがほんと素晴らしい。
エモーショナルって言葉は、彼らの音楽を評するためにあるんじゃないかって感じです。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初コメントです。
銀杏BOYZからこのブログにたどり着いた大学生です。

いえいえ、ネガティブな文章だなんて…
自分はいつもこのブログの更新を心待ちにしている人間の一人です。

9/25の日記も大きな感銘を受けました。

捕鯨さん(でいいのでしょうか?汗)の文章はとても冷静で教養が感じられ、読んでいて身の引き締まる想いです。

仕事や私生活に関する記事などは、将来について漠然とした不安と期待を抱く自分にとっては一つの大きな指標となっています。

これからも、楽しみに閲覧させていただきます。

捕鯨さん、はじめまして。
いつも、こちらの記事をとても楽しみにしています。
音楽への愛情がめいっぱい伝わってくる素敵なブログですね。
実は私も、
今日初めてコメントさせていただきます。
よろしくお願いします。
今年の春から、ずっと楽しみに読ませていただいています。
私は、Hi-STANDARD の「Stay Gold」の記事から、
捕鯨さんのブログを拝見していました。私もハイスタは大好きで、
自分のブログでも記事にしたりしています。(つたないブログですが、Rock23というブログをやっています。
http://blog.livedoor.jp/ivyivyivy23/
エアジャムやフジロックのライブ記事など、
捕鯨さんのブログ記事を読みながら胸が熱くなることもしばしばで、
音楽だけではないろんな大切なことを捕鯨さんのブログから学ばせていただいています。
音楽への愛がいっぱい詰まった捕鯨さんのブログ、
これからも楽しみにしています!

Re: No title

>ポテおさん

はじめまして。コメント頂きありがとうございます。
銀杏好きな方なら、きっと僕と合うはずですね。

なんか凄く褒めて頂いているようで恐縮なのですが、
あくまで僕がこのブログで書いていることって、あくまで僕の一面であって、
真実ではあるのですが、実際の僕はかなりいい加減でだらしない人間なのであります。

将来に向けて漠然とした不安と期待を抱いているのは僕も一緒です。
でも何だかんだでやりがいが感じられる仕事をやれている今は、
すごく大変ではあるのですが、幸せなことなのかもしれません。

大学生って立場は、本当に幸せな立場だと思います。
自分もそうだったけど、うらやましいです。
偉そうな言い方になってしまいますが、後悔しないように、今自分のやりたいことは何かを考えて、
やりたいことをやって下さいって思います。

今後ともよろしくお願いしますねー。


>クリープさん
こちらこそはじめましてー。コメントありがとうございます。

全部の記事は読めていないのですけど、ブログ訪問させて頂きました。
好きな音楽や本のこと日常のこと、素直な感情が素直に表現されていて、
僕も読み入ってしまいました。

結構好きな音楽被ってますよね。
ソニックユースにプロディジー、ランシドにベック。
ひょっとしたら世代近いんですかねー?

学ばせて頂くなんて言葉は凄く恐縮なんですけど、
引き続き私のブログに訪問して頂けるとすごく嬉しいです。
下らないこともいっぱい書くと思うんで、今後もお付き合い頂けると幸いです。

クリープさんのブログ、リンクさせて頂きますね。
よろしくお願いします。

いいよね。

こんばんは、the airborne toxic eventを一押ししていた、shun.horikawaです。
eastern youth、先月の心斎橋クラブクアトロで、ZAZENBOYSの対バン、すごかったですよ!
毛穴ひらきました。
まぁ、ステージ前方はカラオケ状態でしたけどね。良かった。

最近、amazonでレビューかきはじめました。もちろん、the airborne toxic eventの布教活動です笑
horikawaの逆、awakirohで検索してみたら、出ると思います。

Re: いいよね。

イースタンとザゼンって最高の組み合わせですね。
吉野と向井って、いかにもミュージシャンって佇まいで、すごく好きです。
いつも最高のライブやってくれますし。

最近はイースタンもカラオケ状態ってあんましない気がするんで、
たまには昔のようなそんなライブもいいかなーって思ってしまいます。

amazonのレビュー見ましたよ。
the airborne toxic eventの布教活動、僕も応援させて頂きます。
またライブ見たいです。日本来てほしいです。

No title

eastern youth、吉野さんの声、よく出てましたよ。今までで一番いいライブでした。
学生の頃、eastern youthのカバーをよくやってました。
捕鯨さんは、町田在住なのですね。15年前あたり、町田ACTで、よく練習していました。
まだ、あるのでしょうか。番頭のおばちゃん、こわかった。

昨日はサンボマスター、
明後日は、曽我部恵一 with 仲井戸“CHABO”麗市 と良いアーティストのライブに行けて幸せものです。

Re: No title

イースタンのカバーって凄いですね!
あのギターコードをコピーできるのって、凄いです。
独特の和音の鳴りがどうやって出てるのか分からず、僕も昔試みたけど、挫折しました。

町田ACTまだありますよ。僕は最近使ってないですけど、まだ健在です。
ただ番頭のおばちゃんはいたかな…、正直いなくなっちゃってるかもしれませんね。
今度個人練の機会あったら入ってみます。

面白そうなライブ色々と行かれていていいですねー。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。