スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Underworld 「Born Slippy. NUXX」

この曲は美しい。

美しいシンセのフレーズを軸に電子音が積み重ねられ、曲が構成され、吐き出されていく。
4つ打ちのリズムに乗せてカールの歌が続く。
何を歌っているかはよく分からないけど、
感情の吐露を一歩寸前で抑えているかのように彼の歌は聴こえる。

曲が進んでいくうちに、全ての音がある一点の解放に向けて進んでいるような感覚に陥る。
そして、ある刹那、全てが解放される。

この曲には例え一部分にせよ、
人間の精神的な根源部分を解放させるような仕組みが働いている気がする。
何というか、不思議と叫びたくなるのだ。変態的だ。

それは4つ打ちのリズムに由来するのかもしれないし、
中毒性の高いシンセ、ボーカルのメロディによる作用なのかもしれないし、
意図的に高揚感を煽り立てるかのように組み上げられた
サンプリング音の構成による作用なのかもしれない。

よく分からないけど、この曲は美しい。
夜道にこの曲を聴いていると飛ぶ。変態。


B0000E6XJQ1992-2002
Underworld
V2/JBO 2003-11-18

by G-Tools


Underworld 「Born Slippy. NUXX」


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>夜道にこの曲を聴いていると飛ぶ。

私も確実に精神があの世へ逝けますね。
呪術的ともいえる魔力があります。
どこかの民族が狂ったように踊る感覚でしょうか。

Re: No title

そういえば最近Underworld聴いてない気がします。
でも、なんていうかUnderworldって無性に聴きたくなる周期があるんですよ。
身体が求めてるというか。

いつかのフジロックで観たんですけど、そのときも意識が飛ぶような感覚でした。
ちょっと現実感は残ってはいたものの。

いずれにせよ「Born Slippy」は外で聴きたい曲です。
空に向かって魂が飛んでいくというか。確かに呪術的ですね。
なんであんな魔力があるんでしょうか、不思議です。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。