スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Get Up Kids 「Ten Minutes」

The Get Up Kids。

僕の想像以上に人が集まっていなくて、ちょっとびっくりした。
彼らってフジロックの観客の世代的にどんぴしゃだと思ってたんだけど、
やっぱりエモ、パンク系のバンドは、あまりフジロックでは集客しないんだなーって実感。
バトルスやララライオットに客取られてたのかな。

セットチェンジから本人たちが登場して、機材のチェックしてた。
失礼ながら、予備知識なしでは本人達って分からなかったくらい、普通の見た目な人達だった。

僕は再始動後のアルバム聴いてないので、分からない曲が多かった。
最前付近のごく一部を除いて、僕みたいな人が多かった印象を受けた。
ニューアルバムの曲は渋め路線なので、かなりまったりと聴き入る感じだった。

とはいえ『Something to Write Home About』からの曲の盛り上がりは尋常じゃなかった。
2曲目に「Action&Action」でイントロから大盛り上がり。
この曲のキーボード好きなので、かなり感動だった。
ちょっと小太りなマットが一生懸命歌っていて、なんかこう、凄く熱かった。

ニューアルバムの曲と昔の曲とを交互に交えながらライブは進んでいく。
ただ、僕はこのセットリストはどうかなって感じで見ていた。

僕は『On a Wire』好きなので渋め路線は付いていけるんだけど、
昔の曲で盛り上がって、今の曲で盛り下がるってのが続くと、正直しんどい。

渋め路線の曲もある程度固めてくれると、ライブの中で段々と世界観が伝わってきて、
ジワジワとその良さが湧き上がってくるものなんだけど、
なんかこう途切れ途切れになってしまって、ノリ切れなかった。
昔の曲も一気に畳み掛けて、盛り上がりの山を作ってほしかった。

後で見たIncubusのライブなんて、凄くバランスのいいセットリストだったと思う。
ここら辺はフェス慣れしてるバンドとの違いが出たのかなーと。
あと、ベースの音が最悪だったのも興冷めだった。
途中からノイズ発しまくりで、かなり残念だった。急に音でかくなったりしたし。

とはいえ「Don't Hate Me」「Holiday」での盛り上がりは凄まじかった。
「Holiday」ってほんと名曲だと思う。
これを待ってたーって観客が大多数で、ほんと楽しかった。

謎のBlur「Girls&Boys」のカバーに、「Ten minutes」でライブは終了。
ブラーのカバーやるくらいなら他の曲聴きたかったけど、盛り上がってたし、まあいいのか…。
残念ながら期待外れのライブだったかな。
単独のライブハウスで見た方がいいバンドなのかも。

(セットリスト)2011.7.30 Fuji Rock Festival 2011
Tithe
Action&Action
Regent's Court
I'm a Loner Dottie,a Rebel
Overdue
Automatic
Red Letter Day
Shatter Your Lungs
Shorty
Wouldn't Believe It ~ Holy Roman
Pararelevant
Don't Hate Me
Holiday
Girls&Boys
Ten minutes

⇒続いてFeederの感想。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-332.html


B00001SVM3Something to Write Home About
Get Up Kids
Vagrant Records 1999-09-28

by G-Tools



The Get Up Kids 「Ten Minutes」
彼らのアルバム『Something to Write Home About』の半分以上は
あくまで僕の基準ではありますが、名曲と呼んで良い曲たちだと思います。
この曲もライブで聴いていて、やっぱり素晴らしいなあと思った曲。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

新旧交互に曲やるのはちょっとミスってましたよね。
盛り上がりが続かない。
私も同じこと思ってました。

I'm a Loner~が自分の中では感情の高ぶりのピークでした。

Re: タイトルなし

同じ感想持っているってことで安心しました。
僕よりもファンの方の感想どうだったのかなーって気になってました。

「I'm a Loner~」は盛り上がりましたね。
そこから「Red Letter Day」と連打してくれれば、かなり印象違ったかもです。
僕はやっぱり「Don't Hate Me」「Holiday」と盛り上がりピークでした。

今度はライブハウスで見てみたいです。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。