スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Foo Fighters 「Rope」

Foo Fightersのニューアルバム『Wasting Light』。
彼らのアルバムをリアルタイムに新譜として購入するのは初めて。
このバンドの曲をコピーするようになって、自然と彼らの音楽のファンになってしまった。

とはいえ、フーファイってアルバム単位だと、イマイチ好きなアルバムってのがない。
どのアルバムにも圧倒的な名曲が入ってはいるんだけど。

単純に僕の好みなんだろうけど、アルバムを通して聴くのは辛いバンドだったりする。
印象に残っていない曲ってのが多い。
フーファイはベスト聴くのが一番いいと思う、正直。

でも今回のアルバムは、今までとはちょっと違う印象だった。
「Everlong」「All My Life」「The Pretender」みたいに一回聴いて、
明らかにこれは名曲だろってレベルの曲は入っていなかった。

でも全く飽きることなく、アルバムを通して聴けてしまった。
最初の印象、シブい。でもめちゃめちゃかっこいい。

今までのFoo Fightersの延長線上に間違いなくあるアルバムなんだけど、
デイブがThem Crooked Vulturesやってたのも影響してるのかなーって感じの仕上がり。
現代のロックシーンで頂点にいる人間としての威厳を保つような、
そんな気合の入ったロックアルバム。


1曲目の「Bridge Burning」からいきなりのフーファイ節全開って感じ。
お得意の変則的なリズムとリフ、そして浮遊感漂うコード進行。コーラスもいい。
何気にこの曲はベースがかっこいい。ネイトってほんといいベース弾くよなー。

続いてはシングルカットされた「Rope」。
この曲もリズムとリフに仕掛けが満載の、いかにもフーファイって感じの曲。
この曲はテイラーのドラムが素晴らしい。小技大技が炸裂しまくり。

一転して「Dear Rosemary」はメロウなイントロから始まるミドルテンポの曲。
この曲のAメロでのギターとベースの絡みがこれまた素晴らしい。
このアレンジのセンスはきっとクリスの力によるところが大きいと思う。

これまた一転して「White Limo」は、変則的なリフがエイトビートに乗って疾走する曲。
僕はこの曲のイントロ聴いて、一番のカタルシスを得た。うぉー、かっけーって。
ただボーカルはエフェクト処理しないで、生声が良かったというのが本音。

「Arlandria」は正直刺激に欠ける印象。悪い曲じゃないんだけど、ちょっとストレートすぎるかな。
「These Days」もインパクトは小さいけど、サビのメロディがとても綺麗で、
クリーントーンのギターの美しさと相まってなかなかの曲。
「Back & Forth」もストレートすぎて、なんだかなーといった感じ。

中盤はストレートで骨太なロックで押し切る感じで、僕はもう少し捻ってくれた方が好みだった。
勿論メンバーの気合が伝わってくるし、演奏はかっこいいんだけど。

だけど、続く8曲目「A Matter Of Time」は、地味だけどすごくいい曲だと思う。
この曲もAメロがとても綺麗。ギターとベースが絡み合うメロディアスなアレンジがたまらない。
ラストもギターが3本になった強みを生かした分厚いギターアレンジ。美しい。

「Miss The Misery」は、ずっしりとしたヘヴィな曲であるんだけど、
キャッチーなメロディのバランス感がとても素晴らしい曲。サビのメロディは男臭くて、好き。
ゼムクルを髣髴とさせる骨太な感じで、この曲も好き。

「I Should Have Known」はこれまた男臭いバラード。
終盤に差し掛かるにつれてどんどん男臭くなるアルバムだな。

そしてラストを飾るのが「Walk」。イントロから名曲の予感が漂っております。
実際この曲はやっぱり名曲。中間部でデイブが「I never wanna die」と叫んでいるところがかっこいい。
切ないメロディに彩られたポジティブなメッセージ。これも今までのフーファイ節炸裂といった感じ。
この曲でアルバムが締めくくられるってのは、かなりポイント高いです。


ロックに刺激を求めている人にとっては正直物足りないと思うアルバムだと思うけど、
素直にかっこいいロックを聴きたいという人に対しては、薦められると思う、このアルバム。
僕は今のところ、このアルバムがフーファイの中で一番好きかも。

今でも生き残っているロックバンドの大物って、本当に少なくなってしまったような感があるけど、
こうして現役感バリバリで素晴らしいアルバム出してくれるバンドの存在は本当に貴重だと思う。

デイブの嫁さんの妊娠のため、残念ながら夏フェスでの来日はないみたいだけど、
次に来日してライブやってくれるのが、今から楽しみである。


B004LUHQ1GWasting Light
Foo Fighters
RCA 2011-04-12

by G-Tools



Foo Fighters 「Rope」
この曲、聴けば聴くほど、ジワジワきます。飽きない。
派手さは感じられないけど、フーファイの歴史に残る名曲だと思う。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。