スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NOFX 「Lori Meyers」

去年くらいからNOFXはよく聴いているんだけど、
なんだかんだで多くの人が言うように『Punk in Drublic』が一番好きなアルバム。

頭の「Linoleum」から超名曲で、そこらかもとにかく名曲のオンパレードなんだけど、
その中でも一番好きなのが「Lori Meyers」。
この曲が中盤から終盤にかけて配されているのが、このアルバムの凄いところ。
なんかこう一気にクライマックスに至るというか、凄く雰囲気のある曲で素晴らしい。

勿論バンドの演奏も曲もかっこいいんだけど、
僕がこの曲で惹かれるのは、ゲストで参加しているキム・シャタックのボーカル。

なんだか知らないけど、すごくこの人の歌声には心を掴まれる。
彼女のようなダミ声入ったボーカルって今まであまり聴いたことなかったし、
その点で新鮮ではあるんだけど、なんか、こう、好き。

好きってことに対して、僕自身で説明がつくことは多いんだけど、
なんかこの感覚に関しては、上手く言葉で説明できない。


実は今更ながら彼女ってどんな音楽活動してるのかなって調べたのが一昨日の夜中のことで、
そこで彼女はThe Muffsってバンドをやっていることを知って、
YouTubeで曲聴いてみたんだけど、めちゃめちゃ心を掴まれた曲があった。

胸にジーンとくるメロディと演奏、そしてキムのボーカル。
女性ボーカルのバンドって、今までそんなに聴いていなかったんだけど、
このバンドは今すごく自分の中で来ている。

早速今日町田のCD屋を四件回ったんだけど、僕がほしいアルバムは置いてなかった。
タワレコとレコファンとディスクユニオンとブックオフ。
全部合わせても一枚しか置いてなかった。

ま、とにかくネットでも何でも絶対に探して適切な値段で買う。
きっとこのバンドのこと、近いうちに書くことがあると思う。


ちなみに「Lori Meyers」で歌われている歌詞って、
なんかマニックスの「Little Baby Nothing」と被る気がした。
置かれている立場は違うけど、どちらも身体を売る女性と、それを見つめる男の視線を歌った曲。
女性の気持ちはゲストの女ボーカルが代弁しているところも一緒。

結局は自分の人生だから、自分が好きなように生きれば良いというのも真実。
でも自分にとって大事な人間であれば、進むべき道を変えてあげたいと思うのも真実。
真実同士に答えは無く、真実同士は重なることなく、また互いの真実は別々の方向に向かっていく。

何気に悲しい人間社会の真実を突いた名曲だと思っています。


全然関係ないけど、最近仕事のせいで、自分のことしか見れなくなっていたけど、
その間に周りの人達のことに気を配ることを疎かにしてしまっていたみたいです。
今からでも遅くないので、今日からもっと周りを思いやれる人間であることを
心がけようと考えております。


Lori Meyers used to live upstairs
Our parents had been friends for years
Almost every afternoon we'd play forbidden games
At nine years old there's no such thing as shame

ロリー・メイヤーズは上の階に住んでいて
俺達は両親は長い間友人同士だった
毎晩のように俺達は禁じられた遊びをしていたんだ
9歳の頃 恥じらいなんてものはなかった

It wasn't recognition of her face,
what brought me back was a familiar mark
As it flashed across the screen
I bought some magazines, some video tape scenes
Incriminating acts, I felt that I could save her

彼女の顔に面影はなかった
俺の気持ちを呼び起こしたのは なじみのある痕跡だったんだ
スクリーンを横切るときに見えたんだ
幾つかの雑誌とビデオテープを買った
有罪行為 俺は彼女を救ってやりたいと思った

"Who are you to tell me how to live my life?
You think I sell my body; I merely sell my time.
I ain't no Cinderella, I ain't waitin' for no prince
To save me in fact until just now I was doin' just fine
And on and on

私の人生 誰が私にどう生きるべきかなんて言えるというの?
自分の身体を売ってるって思うのかもしれない でも私は自分の時間を売ってるだけ
私はシンデレラなんかじゃない 王子様なんて求めてもいない
私を助けたいなんて言うけど 今まで私がしてきたことはいい感じだったし
これからもそんな日々が続いていくの

I know what degradation feels like
I felt it on the floor at the factory
where I worked long before I took control now I answer to me
With 50K I'll make this year will go anywhere I please
Where's the problem?"

堕ちていく気分がどのような感じかってことがわかる
かつて長い間働いていた床の上で 私は感じたの
自分自身を制御したの 今私は答えられる
今年に稼いだ5万ドルと一緒に 私は喜んでどこにでもいくの
どこに問題があるっていうの?

B000001IPSPunk in Drublic
Nofx
Epitaph / Ada 1995-06-21

by G-Tools



NOFX 「Lori Meyers」

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。