スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muse 「Butterflies & Hurricanes」

フジロックの早割チケットのために、並ぶ。

僕はなぜか三年連続でフジロックの早割に当選していたんだけど、
イープラスの先行がなくなった今年、初めて早割に落選した。
いよいよ天も僕も見放し始めたのか…。
ツイてるって思うの、ほんと毎年フジの早割のときくらいだったのに。

早割ってチケットが安く買えるっていう点も大きいけど、一番大きいのが駐車場。
駐車場の場所がどこかって、フジロックを楽しむにあたって、個人的には大事である。

わざわざ不便なところで音楽聴くのが、フェスの楽しさであるのは間違いないんだけど、
フェスを楽しむのにも体力ってのがもちろん重要で、
そのライフゲージをいかに余計なところで使わないかってところが大事である。

遠い駐車場まで歩いたり、バス乗るのに並んだり、満員のバスででかい荷物持って突っ立ったり、
それなりにいい思い出ではあるんだけど、初年度「田代」という駐車場だった僕は、
その便の悪さに相当ぐったりしたのを覚えている。

それ以来は「場内1」という会場の駐車場で、すごくありがたかった。
あそこから離れるのはもう嫌だったので、並んででも岩盤の早割チケットを取りたいと思った。
岩盤で取ればほぼ「場内1」は確定ってのは例年の事実みたいなので。

友人からの、夜中から並ばなくても朝から並べば大丈夫という言葉を信じて、
早起きして僕は並びに行くことにした。


AM5:30に起きて家を出て、電車にて渋谷に向かう。BGMはMogwaiの『Come On Die Young』。

朝の渋谷って多分めちゃめちゃ久しぶりで、懐かしかった。
昔はよく渋谷で朝まで飲んで、ラーメン食って帰ることが多かった。
飲み帰りの若者達とすれ違いながら、昔の自分の残像ともすれ違うような気分を胸に、
目的地に向かって、歩く。

整理券配布場所である渋谷のパルコに到着したのがAM6:45。
大通り沿いの入口まで列が続いている。
係員の人が駐車場のチケット買えないかもしれないけど、大丈夫ですかって聞いてくる。

例年よりも人が多く並んでいるみたいだ。
友人は遅れそうだったので、一人で列に並ぶことにした。

しかし、寒い…。
いつもより一枚多くフリースを着込んで出かけたんだけど、全然、寒い。

寒さに怒りを覚え、無性にテンションが上がってきたので、
「Christmas Steps」が終わるとすぐに、BGMをKornの『Follow The Leader』に切り替える。
「Got The Life」から聴き始める。

このアルバム、あんまし好きじゃないんだけど、「Got The Life」は大好き。
少しだけ身体が温まった気がした。あのベチベチベースはやっぱすげーや。

でも何となく飽きてきたので、Slayerの『Diablus In Musica』にチェンジ。
何百回と聴いたような「Bitter Peace」に、またテンションが上がる。
しかしこのアルバム、トム・アラヤのボーカルがかっこ良過ぎ。
リズムもかなりハードコア入った感じで、相変わらず彼らの中では異質なアルバム。

昨日会社の後輩に聴いたんだけど、
最近、ジェフ・ハンネマンが毒グモに噛まれてツアーから離脱したみたいです…。
http://oops-music.com/info/view_news.html?nid=64238

一時は腕を切断するなんてショッキングな噂も流れたみたいだけど、
どうもそこまでは症状は酷くないようで、ひとまずは、ちょっと安心といったところ…なのか?
ライブに関しては正直衰えを感じるんだけど、やっぱジェフは絶対スレイヤーに必要なので、
ほんと頑張って復帰してほしい。

「Love To Hate」を聴いている頃、「駐車場付きチケット残り150枚です?」との声が。

係員の人と後ろの人とが話しているようで、
ちょっとざわざわしてたのでイヤホン立てて聞き耳立てると、
どうも僕のあたりはチケット買えるか微妙な位置のようだ。
ま、ここまで来たら並び続けるしかねーし、買えなくてもいーやって思い、またスレイヤーに没頭。

何だかんだで最後まで聴き終わって、次にSoulflyの『Soulfly』を聴く。
もう寒さを凌ぐには、暑苦しい音楽を聴き続けるしか、ない。
久しぶりに聴いたけど、やっぱこの頃のマックスのボーカル、最強。
なんかもう声だけで、反則。ほんと説得力があるというか、カリスマ性に溢れたボーカルだと思う。

何だかんだこの頃のトム・アラヤとマックス・カヴァデラ、
追求していたボーカルスタイルって、かなり近いものがあったのでは、なんて感じたり。
かっこ良かったよ、二人とも…。

そんなこんなで並ぶこと約二時間、なんとかカウンターで整理券ゲット。
お望み通りの駐車場付きで、なんかこう、叫びはしなかったけど、
ものすごい高揚感があった。嬉しかった。
たかが二時間ぼっちの間、寒い中で突っ立ってただけなんだけど。

これ、夜中から並んでた人達、マジで尊敬するわ。凄すぎ。
さすがにこれはムリ。辛すぎ。防寒完璧にした上、
キャンプ気分でかなりポジティブな心境にもっていかないと、絶対心が折れる。

ここまでフジロックに深い思い入れをもって望んでいる人達がいるんだなーって、
やっぱり愛されているフェスなんだなーって再実感。


その後、友人と合流し、冷え切った身体を温めるべく、うどんを食べる。
友人はほんとギリギリのところで駐車場付きチケットが買えたくらいだった。
あと残り10枚くらいのところ。

彼女が並んだのがAM7:15くらいなので、
来年並ぼうと思っている方は、AM7:00までには現地に着いていることをおすすめします。


初めてフジロックに行ったのが、2007年。
それ以来、僕にとってフジロックは一年の中で、本当に大切なイベントになった。
この時期からアーティストが段々と発表になって、ドキドキワクワクしながら過ごして、
当日はビール飲んで好き勝手に行動して、芝生の上で寝転んで、音楽を聴いてと…。

ほんとフジロック好きです、僕。
いつか行かなくなってもずっと続いていてほしい。
自分の親父くらいの歳まで生きていたとしたら、
またあの場所に戻って、フジロックに参加するってのが自分のささやかな夢だったりする。

ちなみに、最近行かなくなったライジングサンロックフェスティバルも、
僕にとってそんな存在である。


僕が初めて行ったフジロック、一番強烈な印象に残っているのが、やっぱりMuseだった。
フジで物凄いライブってのは本当に数多く観てきたけど、
初めて行ったフジロック、しかも初日に観たライブってことで本当に印象に残っている。

改めてセットリスト振り返っても完璧。演奏も完璧だった。
頭から終わりまで大盛り上がりで、
最後にマシューがアンプに飛び蹴り食らわせたパフォーマンスも完璧だった。

去年のフジロックでのライブも最高だったけど、
あの頃のMuse、本当に勢いがあって凄まじかった。

あのときから僕もMuseも歳を取った。
でもあの時の瞬間は、僕にとって大切な瞬間として、今でも心に残っている。


これから支払いのため、また渋谷に戻ります…。

(セットリスト) Fuji Rock Festival 2007
Knights of Cydonia
Map of the Problematique
Hysteria
Supermassive Black Hole
Butterflies & Hurricanes
Feeling Good
Invincible
Starlight
Time Is Running Out
New Born

Plug In Baby
Stockholm Syndrome


B0001LJC2KAbsolution
Muse
Warner Bros / Wea 2004-03-23

by G-Tools



Muse 「Butterflies & Hurricanes」 2004年のライブ
最近日本ではめっきりやってくれなくなった曲。海外ではわかんないけど。
ライブでマシューがギターとピアノとをせわしなくこなしていくのが、好きだった。
フジロックのとき、この曲のスケールのデカさには、ほんとにビビった。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たまアリのライブ行こうか迷い、捕鯨さんは今年出たMUSEの新譜をどう見ているのかなと思い書き込みます。
新譜が私には全くいいとは思えず、ライブに行くか行かないかこの時期まで決断できずにいます(そもそもチケット買えるのかというw)。
新譜はギターロックじゃないとかそういう次元ではなく、MUSE的な音楽スケールの大きさがなくなってサウンド全体が陳腐に聞こえるという理由でどうしても受け付けません。全てどこかのバンドの二番煎じに聞こえてしまって、全然いいとは思えませんでした。
ブログの中で新譜のことに触れられていないので、どう感じたのか知りたい次第です。

Re: No title

コメントありがとうございます。
MUSEの新譜についてはレビュー書こうと思ってたけど、結局キーボードが進まぬままでした。

『The 2nd Law』ですが、正直あんまり聴いていません。
でも『The Resistance』よりは好みで、かっこいいなと思える曲もありました。
バンドとしてスケールアップしているのも感じるし、
新たな地平を切り開こうとする彼らの姿勢は本当に素晴らしいと思ってます。

ただ、僕が一番好きなアルバム、『Black Holes and Revelations』が
出たときみたいな衝撃はありませんでした。ひょっとしたらもうないのかもとすら思ってます。

いつかちゃんと整理して書いてみたいのですが、もう自分が好きなMUSEとは、
完全にもう違う方向を向いてしまったなということを感じています。
それは決して悪いことではなくて、バンドの進化の結果であるから、仕方ないことです。

なので、もうライブも行かなくていいかなと思ってました。

でも、友人がライブ誘ってくれたので、特に断る理由もないので、
とりあえずはライブに行く予定にはしています。
ただ、06年のサマソニや07年のフジロックのときみたいな感動はもうないんだろうなと覚悟してます。

自分のMUSEに対する立ち位置はそんな感じです。
少なくとも来月のライブ後には、考え整理して記事にしたいと思ってます。
そのときは御意見伺えると嬉しいです。

返信を頂きまして大変嬉しいです。ありがとうございます。
私も結局チケット購入しました。様子見ということでスタンド席ですが。
結構MUSEは入れ込んで聞いていたのと、タイミングが合わず一回もライブで見たことがないので(笑)
なんだかんだでライブを楽しみにしている私です。
ありがとうございました。

Re: タイトルなし

僕も何だかんだでMUSEのライブ楽しみですよ。
いい意味で期待を裏切ってくれるのを期待しています。
お互い楽しみましょう!
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。