スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guns N' Roses 「November Rain」

すっげー個人的な記事を書きます。

髪を切った。坊主に近いくらいに短くした。
自分の仕事がかなり切羽詰ってきていて、自分自身の気分転換と、
汚い言い方になるけど、周りへの決意表明みたいな雰囲気を出してみようと思った。

ま、ぶっちゃけ、別に誰も気にしないんだけど。それでいい。

自分、特に髪型にこだわりというものが全くない。
そもそも素材が良くないので、似合う髪形というものが特にないのが大きい。
あと、髪の量が多くて、髪が太くて、しかもクセ毛なので、繊細なセットが出来ないというのも大きい。

そんなこだわりのなさもあるんで、そのときの気分で髪を伸ばしてみたり、短くしてみたりと、
比較的自分のキャラ作りというものを考えずに、髪の毛はいじっている。
だいたいどんな感じに切ってもらっても、爽やか、とは間逆になるのが痛いところだけど。

この前は怪しい感じにしたいとお願いしたら、アンシンメトリーに切ってくれた。あれは良かった。
学生の頃はよく坊主になってたし。髭伸ばしてみたりもした。

とはいえ、社会人になるとさすがに一線を越えた髪型ってのは出来ないので、
それは残念だったりする。学生の頃にもっと遊んでおけば良かったなーと後悔もあったり。

髪の色を変えるのは全然興味ないんだけど、パーマかけたい。すごく。

学生の頃にめちゃくちゃ髪を伸ばしてパーマをかけたことがある。スパイラルとツイスト。
アフロっぽいボリュームある髪に憧れて、やってもらった。
スパイラルのときはカットモデルでやってもらったので時間かかりまくって、
確か夜の八時から二時くらいまでかかった気がする。

イメージはガンズ・アンド・ローゼスのスラッシュだった。

ルックスは全然違ったけど、でも大分イメージに近い仕上がりになって、かなり気に入っていた。
めちゃめちゃ不審な感じで、自分のイメージにもかなり合っていたと思う。
パーマが取れてくると、ほんとに乞食みたいなルックスになって、かなり汚かったはず。

あの頃みたいな髪にしたい。
次はどんな感じにしようかと考えるたびに、またあんな感じにしたいと、いつも思う。
いつか自分が仕事をしなくなって、髪がまだあったら、またあんな感じにしたい。
カタギの仕事をまだ続けようと思っているので、当分先の話になりそうだけど。


強引だけど、続きはガンズの話。

ガンズの名盤といえば『Appetite For Destruction』で、
中学高校の頃にはこのアルバム聴きまくってて、頑張ってギターのコピーに励んだりしていたんだけど、
今はどちらかというと『Use Your Illusion I』『Use Your Illusion II』を聴くことの方が多い。

この二枚のアルバムって曲数が多くて、
もっと曲絞って一枚のアルバムにした方がいいアルバムになったんじゃないかと、
暗にダメな曲が多いっていう評価をされることも多いみたいだけど、
僕はこのアルバム、ガンズの音楽的なスケールの広さが感じられて、かなり好きである。

僕にとっては「Estranged」「November Rain」の二曲の存在が大きい。
どちらも9分近い長尺のバラードなんだけど、とにかくアレンジの素晴らしさもあって、
全く長さを感じさせずに、ドラマチックに曲が展開していく。

これらの曲はアクセル主導で作った曲だと思うんだけど、
ガンズは単なる粗雑なハードロックバンドではないと宣言するかのような名曲だと思う。
ピアノの音色とアクセルのボーカルって、すごく相性いいんだよなー。意外だけど。

そしてどちらの曲でもスラッシュのギターが存在感あり過ぎ。
いかにもスラッシュって音色で、暑苦しく、ネバっこく、印象的なフレーズを紡ぎ出す。
「November Rain」のラストのギターソロなんて、
これをロック史に残る名演と評する人も多いんじゃないかと。

いかにもガンズ節な「Right Next Door To Hell」「Don't Damn Me」「You Could Be Mine」は
文句なしのかっこ良さだし、あのディランのカバー「Knockin' On Heaven's Door」も最高の仕上がり。

このアルバムの後に、仮にオリジナルアルバムが出ていたら、
僕らはどんな音楽を聴くことが出来たんだろう。
『Use Your Illusion』はそんな想像を思わずしてしまうようなアルバム。

ガンズってほんと全盛期に一度でいいからオリジナルメンバーで観てみたいバンドだったな…。


B000000OSEUse Your Illusion 1
Guns n' Roses
Geffen 1991-09-17

by G-Tools



Guns N' Roses 「November Rain」
正直PVのストーリーはあまりにもベタベタな感じであまり好きじゃないんだけど、
最後にピアノの上でギターを弾きまくるスラッシュ、かっこ良すぎ。
しかし暑苦しいな…、この人。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

私もふと、アフロみたいな髪型にしたくなったり、奇抜な髪型にしたくなったりして学生の頃いろいろやってました。でもツイストもスパイラルも2ヶ月たつと汚らしくなるんで、維持できずに切ってしまうことが多いです。
営業職じゃなければある程度髪型の自由きくんじゃないですか?

Re: タイトルなし

そうそうツイストもスパイラルもめちゃめちゃ汚くなるんですよね。
女性だと確かに大変かも。でも僕はかけたての頃も、汚くなってからも気に入ってました。
初対面の人にはたぶん何だこいつって思われてたと思います。

技術職といっても、なんだかんだ僕もいつお客さんのところに連れて行かれるか分からないし、
あんまし変な髪には出来ないのが現状ですね。
日本人的な発想ですけど、今は業に従ってます。

無性に変な髪にしたいときもあるけど、
特に大きなこだわりはないんで、今はそれでいーやって感じです。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。