スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Metallica 「Am I Evil」

ブログ書いていて良かったなーって思うのが、
そのとき聴いていた音楽とか、そのときあった出来事とか、
そのときに行っていたライブのことが、そのときの言葉で綴られていること。

簡単にサラッと去年の自分の記事読み返してみて、
去年ってほんと色んなことあったんだなーって実感する。

そんな訳で、去年観て印象に残ったライブのことを簡単におさらい。


自分にとって一番インパクトがあったのは、やっぱりギリシャで観たMetallicaだった。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-242.html

海外の野外フェスで、しかもAnthrax、Slayer、Megadethと続けざまにMetallicaを観れるなんて、
自分にとっては本当に夢のような時間だった。
メンバー同士の共演が観れれば、もうとにかく最高だったんだけどなー。


日本でのライブだと、まずは1月のGreen Day。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-194.html

1日目は当日急遽行きたくなって行ってみたんだけど、
振り返ってみると、やっぱり初めてのGreen Dayのライブってこともあって、
1日目のライブの方が、インパクトがでかかった。

客電落ちて「21st Century Breakdown」のイントロが流れた瞬間の興奮は、
今でも胸にしっかりと残っている。
アリーナ後方だったけど、周りのお客さんも歌いまくってて、すごく楽しかった。


3月はeastern youth。吉野が病に倒れて以来の復帰ライブ。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-218.html

このライブもめちゃめちゃ良かった。会場の一体感は素晴らしかった。
僕の人生で一番ライブ観てるバンドだけど、何回観ても素晴らしい。
日本が誇るべきバンドだと思います。今年も多分観に行く。


5月はまさかのDizzy Mizz Lizzy再結成ライブ。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-230.html

もう一生観れる機会はないと思っていたバンドが、まさかの期間限定での再結成。
このライブも熱かった。僕が高校時代に好きだった曲達が、あの川崎の会場で蘇っていた。
観客の盛り上がりも素晴らしかったなー。感動的な空間だった。
しかし、また秋に再来日するまでは読めなかったわ…。


去年も行ったフジロック。Atoms For Peaceはとんでもなく素晴らしい出来だったけど、
その後に観た、Belle And Sebastianのライブも良かった。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-251.html

フジロックだと、Museはなんだかんだで底力を感じたし、
Them Crooked Vulturesはとにかく最強ライブバンドだったし、
Jamie Cullum、John Fogerty、Ocean Colour Sceneなんかは想像以上に素晴らしいライブで、
去年のフジロックもガッツリ満喫した。

自分にとってあの苗場の雰囲気って、音楽を化けさせる力があるようです。
あの自然の中で聴く音楽って、ほんと素晴らしいんだよなー。


10月には、僕の中学時代からのヒーロー、Ozzy Osbourneのライブ。これも良かった。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-266.html

ちゃんとしたライブレポート書けてないのが残念なんだけど、このライブも最高だった。
1曲目の「Bark at the Moon」から歌いまくり。会場も歌いまくり。
昔からオジー好きそうな年配の方々が集結していて、これまた熱い空間を作り上げていた。

ガス・Gのギターは個人的にイマイチだったんだけど、とにかくオジーは存在感ありまくりで、
ミュージシャンとしての底力を感じた。また日本来たら絶対見に行く。


そして11月には、Manic Street Preachers。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-274.html

とても思い入れの深いバンドであるけど、これまた初のライブでインパクトはでかかった。
このライブも観客が熱くて、ジェームスと一緒にみんなで歌いまくり。
ラストの「A Design For Life」は今でもよく覚えているなー。


こうやって振り返ってみると、僕がいいライブだーって思えるライブって、
演奏してるバンドが素晴らしいってのは勿論だけど、観客も素晴らしいってライブが多い。

ライブのいいところって、やっぱりバンドと観客とが同じ空間を共有して、
音楽を共有出来るところであって、必然的に観客が盛り上がるライブって、
バンド側もノッてくれて、結果的に素晴らしいライブになるってパターンが多い。

まー、自分が観に行くようなバンドって、おっさん向けのバンドが多いから、
ライブ慣れしていて、盛り上がり上手な人達が多く集まっているってだけなのかもしれないけど。

とにかく去年のライブは、僕は恵まれていたと思う。
いいライブが多かった。


今年は早くもSummer Sonicがヘッドライナー発表して、気合が入っています。
今年のブッキングは、期待していいってことなのですか?
レッチリとストロークスは熱いなー。去年は行かなかったけど、今年は参加だな。
http://www.summersonic.com/2011/

フジロックも例年通り開催発表されたし、去年は友人の結婚式で行けなかったLoud Parkも行きたい。
そして5月に開催されるらしいSmash主催の新メタルフェス「Kabuto Metal」も楽しみ。
どんなブッキングになるんだろ。

Punkspringにあんまり行きたいとは思わないけど、Andrew W.K.って…。単独やってよ。
単独ないなら行くかも。PennywiseもSuicidal Tendenciesも観れてあの値段なら安いしね…。

何だかんだで今年も色々なライブが観れそうな予感。
平日にライブ行くのは大分厳しくなってきたけど、いつまで都会近くに勤めてるか分からんし、
行けるライブはどんどん行きたいと思う。

1月はまず、65daysofstaticかなー。タイトなスケジュールだけど、彼ら大丈夫なんだろうか。


Metallica 「Am I Evil」
著作権の関係でカット編集版ですが、あのBIG4のバンドメンバーが集結しての演奏です。
しっかし、濃いメンバーだよなー。これ、観たかった…。



Metallica 「Am I Evil」
髪の長い頃のライブ映像です。こっちはフルバージョン。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アンドリュー兄貴、見たいですよね。
4年前くらいのサマソニで、かなり満喫しました。
今回もお約束の白い薄汚れたTシャツなんでしょうか。

Suicidal Tendenciesもアツいです。
ただ、彼らも数年前のサマソニで見たんで、もっと「オオっ!」ていう感じの人呼んでほしいです。
Agnostic FrontとかCap'n JazzとかLibertinesとか見たいです。

Re: No title

アンドリュー、僕もサマソニ以来観てないです。
あんときはアリーナ後方で観ていて凄く後悔したんで、
次観に行くときはステージ前方行って、モッシュピットの中で騒ぎてーなって思ってました。

幕張はデカ過ぎなんで、やっぱりライブハウスで観たいんですよね。
あのライブは密度の濃い空間で体感した方が絶対楽しいと思うんで。

そんで、白Tシャツは絶対に変わってはいかんでしょ!


僕はPunkspring行ったことないですけど、去年も含めて今年の面子って、
昔からパンク聴いている人達にとっては、うーんってラインナップなのは理解できる気がします。

失礼な言い方かもしれないですけど、80年代ハードコアの大御所の方々ってのは、
日本ではあまり集客見込めないのと、ギャラ高いのとで、プロモーターとしては呼び辛いんでしょうね。
クリマンってそこらへんドライな感じがします。サマソニやラウパ見てる限り。
渋いブッキングというのが、あまりないプロモーターだと思います。

でもそういったルーツの源流にいるような方々が脇を固めるブッキングこそ、
音楽フェスの醍醐味というか、僕がフェスに期待してるところです。
ちゃんと聴いたことないですけど、Agnostic Front、Cap'n Jazz、観てみたいです。

Libertinesはそもそもたぶん来日出来ないので…。海外で観るしかないでしょうね。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。