スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blue Hearts 「世界の真ん中」

何だかんだ今の仕事が、一つ目の山場を迎えつつあることは間違いありません。

僕は四月に職場を移った。
僕を今の職場に送ってくれた上司の狙いは、僕に別な部署を経験させることであるのは間違いないんだけど、
使命は前の部署で開発に携わっていた製品を、世の中に出すこと。
開発系の部署から、製品立ち上げの部署に異動したってイメージです。

はっきり言って技術的な課題はまだ残っているし、
とてもじゃないけど、自分が無傷で量産まで辿り着けるとは思わない。
色々な人達の協力をひたすら仰いで、一歩一歩進んでいくしかない。
自分なんて出来ない事だらけで、ほんとに周りの人達の力を借りないと、進めない。

最近僕よりも職位がかなり上の社内の人達に、
僕が今立ち上げに携わっている製品について説明することが増えたんだけど、
初めて僕の話を聞く人達は、揃って、こんなこと本当に出来るのか、と言う。

社長の窓口として設備投資の案件をまとめている部署の人には、
ここまで出来るのか分からなくて不安になる製品は初めてだ、と言われた。

僕の仕事の進捗が予定よりも遅れていて迷惑をかけているのは本当に申し訳ないと思うんだけど、
でもそういうリアクションに触れる度に、僕の中では逆に手応えが湧いてきた。

色んな人が半信半疑になるようなことやろうとしてるってことは、
実はめちゃめちゃ新しいことやろうとしてるってことなんじゃないかって。

超ポジティブシンキングで、関係者に知られたら怒られると思うんだけど、
実際、今僕はそう思っている。

現状やることありまくりで、しかも僕の仕事は別の製品の仕事もあるから、
何から手をつけていいのか良く分からなくなって、
全てを投げ出してしまうような気分になってしまうときもあるけど、
でも、なんか初めて会社にいて、自分が何かをやろうとしているって、実感が湧いている。

製品の量産目標は再来年の1月。
それまでは地獄のような日々もきっとあるだろうけど、でも、何となくうまくいきそうな気がする。
自分の気持ちが、切れなければ大丈夫だと思う。

これまで散々お叱りを受けてきたけど、
きっと僕を助けてくれるって思える人達がいるのも事実。
とにかく、自分が頑張り続けることが大事なんだと思う。

うまくいかなかったら、会社を辞めればいいんだー。
別にうちの会社に未練はないし。死人に口なしって感じで、どう言われようが構わない。

うちの会社入って、悩み事めちゃめちゃあったけど、
今は悩んでる暇あったら、目の前のこと何とかしようって気分です。
大変だけど、部署移ったの良かったかも。


話はずいぶん大げさな感じになるけど、自分の人生って偶然だと思う。

僕という人間、両親が出会わなければ、存在しなかった。
下世話な言い方をすれば、ある日、両親がセックスしなければ、僕は存在しなかった。
そして、何故か僕を構成する遺伝子が、他の遺伝子に先んじてしまった。

僕が生まれる前に、僕はいなかった。
未だに僕はそのことに実感が湧かない。

そして、僕は偶然がなければ、存在しなかった。
そのことに対しても、実感が湧かない。

一時期「なぜ生まれたの?なぜ生きてるの?」なんて歌っていた曲があった気がするけど、
なんかリアルに共感する。全然意味が分からない。

あるアーティストの「生まれたついでに生きる」という言葉に触れて、
僕はあーこれだなって思った。
僕もそうだと思った。生まれたから、生きるんだって。

僕は子供の頃、死ぬことが怖かった。
勿論今でも怖いんだけど、昔よりもびびらなくなったと思う。
人間、死ぬときは死ぬんだって、思うようになった。

生きることに目的はない。生まれたから、生きる。


こんなこと書いてると、自分の命を粗末に考えているんじゃねーかってお叱りを受けそうだけど、
これまでの人生、幸い自分から死のうって思ったことはない。
いつも自分の死に場所はここじゃないって思ってきたからだと思う。

昔僕は憧れていたけど、ノーベル賞をもらえるくらい、
自分が世の中に爪跡を残せるような人間だと思っている訳でもない。

でも生きていれば、何かできるんじゃないかって。
色んな人に笑われそうだけど、でもそんなことをたまに思うことがある。
そのためにはまだ生きなければならない。

何にも出来ずに死ぬんだったら、それまでだったんだって、諦めもつくし。


今日の記事、匿名のブログだからこそ、書ける内容。
僕を知ってる人には見られたくないかも。なんかそんな気分みたいです。


中学校の頃に僕はブルーハーツに出会って、もちろん当時もすごく好きだったんだけど、
完全に衝撃を受けたのは大学時代の頃だった。

大学時代のあるときまで、ゆとり全開って感じだけど、
僕は自分が何をやるべきか、何を為すべきか、全然分からなかった。
何を目的に生きていけば良いのか、全然分からなかった。

そんな日々の中で、僕はもう一度ブルーハーツに帰ることになった。


「世界の真ん中」

うまくいかないとき 死にたいときもある
世界の真ん中で 生きていくためには

生きるという事に 命をかけてみたい
歴史が始まる前 人はケダモノだった


何だかんだでそこから色々あって、今に至る。
今僕は、生きることに、本当に命をかけれているのかな。


B00005EYG7THE BLUE HEARTS
THE BLUE HEARTS
トライエム 1987-05-21

by G-Tools



The Blue Hearts 「世界の真ん中」 音のみ
こんな歌詞をさらっと書いて、歌ってしまえる甲本ヒロトという人は、僕は天才だと思ってしまいます。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
RSSに登録して、いつも記事を楽しみに読んでます。

今回は、自分の好きな「世界の真ん中」を紹介されていたので、
コメントさせて頂きました。

これからも、がんぱって記事書いてください、仕事もがんぱってください。
管理人さんの、泥臭いというか、汗くさいというか、そういう記事、好きです。

それでは、失礼致します。

Re: No title

こちらこそ、はじめまして。
こんな自己満全開の記事にコメントしてくれて、ありがとうございます。
しかもRSSに登録してもらえてるなんて…。恐れ多いですけど、すごく嬉しいです。

「世界の真ん中」やっぱり好きな方いらっしゃるんですね!
記事にも書いてますけど、この曲は大学時代、本当に衝撃を受けた曲です。
大人になって、ようやくこの曲の凄さが分かったというか。

単純なメッセージだからこそ、胸を打つ。
こんなにストレートな曲は、きっと当時の彼らにしか作りえなかった、
音楽のマジックなんだと思います。

>管理人さんの、泥臭いというか、汗くさいというか、そういう記事、好きです。
あー、すごい的を得てる形容です。なんか自分の記事って、泥臭いですよね。
僕、これまでの人生で「華麗」とは間逆の生き方してますからねー。

最近色々あって更新滞ってますけど、しばらくブログやめるってことはないんで、
こんなブログで良ければ、付き合ってやってください。

よろしくお願いしますー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。