スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Belle And Sebastian 「Get Me Away From Here, I'm Dying」

僕の最寄り駅ではお祭りが開かれていて、出店がたくさん。人もいっぱい。
地元のお店の人達が出店出していて、楽しそうだ。夏って感じがして、とても良かった。
夏って1年に1回しか来ないもんな。


今年のフジロック、キャンプサイトのチケットはあったんだけど、
一緒に行った奴も仕事で疲れていて、テント立てるのめんどいってことで、
今年も車中泊をすることになった。

とはいえ車中泊もそんなに辛くはないです。
ライブ観終わったら車出して、コンビニで飯食って、公共のパーキングエリアで寝る。
水道とトイレあるから、全然余裕。

そんで朝方に温泉入って、会場に向かう。全く去年と同じ。


僕達が行った温泉は、施設としては全然たいしたことないんだけど、
とにかくそこで働いているおばちゃんとおっちゃんが賑やかな方々で、とても癒される。
去年と全く変わっていなかった。

そこでおばちゃんと交わした会話。

フジロックの3日間は忙しいけど、若い人達がいっぱい来てくれて、本当に楽しい。
応援で何人か手伝ってくれる従業員の人もいるから、それもまた楽しい。
一方でフジロック以外の日の夏は、全然人が来ないし、一人で店番やってるから寂しいんだ、と。

こうして僕らみたいな部外者を受け入れてくれて、
それと楽しいと言ってくれている地元の方々がいるということ。
それってフジロックの最大の強みなんだろうと思った。

苗場、湯沢って確かに冬はスキーシーズンで賑わうけど、あんまり夏に行くところってイメージがない。
夏だったら長野とか、もっと標高の高い山があるところが賑わうし。
地元にとっても、メリットのあるイベントになっているのだとしたら、とても嬉しいこと。

その温泉のロビーでは若い人間がたむろしていて、地元の方々とも話をしているんだけど、
みんな礼儀正しいし、好意に対してはしっかりと感謝の意を示すし、
フジロックに来ている方々の人間レベルの高さを感じた。

やっぱりフジロックは他のイベントと比べて、客のレベルが高いと思った。
地元の人にも愛されるような、そんなイベントで、何年先も、何十年先もあってほしい。


フジロックから帰ってきて以来、Belle and Sebastianを聴くことが多い。
僕の3日間で最後に観たバンドで、ライブもとにかく素晴らしかったからってのもあるけど、
ベルセバを聴いていると、あのときに感じていた自分の気持ちが蘇るような気になるので、よく聴いている。

ベルセバのライブ中、もちろんライブに没頭してはいるんだけど、
あーもうこれで今年のフジロックも終わりなんだなーということを実感し、切ない気持ちを抱いていた。

同時に、僕は社会人2年目から毎年フジロック行っているんだけど、
いつかは行けなくなる時が来るんだろうなってことも感じていた。

特に今の僕の生活が急に変わる見込みってのはないんだけど、僕も大分歳を取った。
ライブをずっと観たいと憧れていた人達のライブも、かなり観ることが出来た。

フジロックに行くことは、本当に楽しい。でも、何か他に優先すべきものが出来たとしたら、
もうしばらく、僕はフジロックに行くことはなくなるんだろうなってことを考えていた。
それは来年なのかもしれないし、何年も先のことになるのかもしれない。

フジロックで、今までそんなこと考えたことはなかったんだけど、
今年は何故かそんなことを考えてしまった。


きっとベルセバのライブがあまりにも素晴らしくて(その前のAFPのライブもあり)、
これ以上もう望むことはないって心境になっていたんだと思う。

ベルセバのライブ、新旧問わず、まんべんなく色んなアルバムから曲をやっていたけど、
やっぱり『If You're Feeling Sinister』からの曲が個人的に思い入れがあるので、燃えた。

僕は激しい音を鳴らすバンドが基本的に好みなので、
ポップさを前面に押し出すようなバンドってあんまり聴かなかったんだけど、
Belle and Sebastianは別格だった。初めて聴いたときは、びびった。

憂いのあるメロディに彩られた楽曲の完成度はとにかく高いの一言で、
一発で気に入って、何回も僕のCDプレイヤーに乗っては、再生を繰り返した。

あのCDの完成度をライブでどう再現するんだって思ってたけど、これがまた完璧以上だった。
弦楽器まで導入して、基本的には完全にCDの音を再現していた。
でも単に再現するだけではなく、それ以上の何かがあった。

それが何かって上手くは言えないんだけど、
少なくともCDの何倍も、楽器の音とスチュアートの歌は美しく聴こえた。
きっとそれがライブってやつなんだと思う。

こうやってブログ続けているにも関わらず、
肝心なことに関しては、全く言葉に出来ないことは変わっていない。
でも言葉で伝えきれないことがあるのだから、きっと音楽があるんだと思う。

そんなことを感じたのも、ベルセバのライブだった。
いやーほんと、また観たいなー。


(セットリスト) Fuji Rock Festival 2010
I Didn't See It Coming
I'm A Cuckoo
Step Into My Office, Baby
Like Dylan In The Movies
I'm Not Living In The Real World
If You're Feeling Sinister
Sukie In The Graveyard
Funny Little Frog
The Boy With The Arab Strap
If You Find Yourself Caught In Love
Get Me Away From Here, I'm Dying
Sleep The Clock Around
(Encore)
Judy And The Dream Of Horses
Legal Mandeo


B00000JHAUIf You're Feeling Sinister
Belle & Sebastian
Matador Records 1999-06-23

by G-Tools



Belle And Sebastian 「Get Me Away From Here, I'm Dying」
本編ラスト、この曲と「Sleep The Clock Around」の流れは本当に素晴らしかった。
ベルセバの音楽は多くの人達に聴いてもらうべき音楽だと思った。最高のライブだった。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早速~~~移転第一弾!!新作♪

お花の事は『花のギフト館』へ^^v

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。