スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Foo Fighters 「Everlong」

ネット上のメンバー募集で知り合った方々とスタジオに入ってきた。
知らない方々とスタジオに入るのは2回目。前はギターだったけど、今回はドラム。
ドラマーとしてはちゃんとしたバンドで叩いたことなかったので、かなりビビっていた。

でも次に繋がらなくても、少しはおーって思わせられたらいいなと思って、
今週は仕事帰りにスタジオで個人練したりと、なかなか充実していた。

今回はもう一人のギターの方が欠席ということで、ギターボーカル、ベース、そして僕という編成。
3人は全員初対面。でも話しやすい方々だったので、演奏前までは問題なく進む。

そしていよいよ音合わせ。
事前にFoo Fightersの曲をやろうということになっており、その課題曲を合わせる。


感想。
やっぱ、バンド、楽しいや。楽しすぎる。

僕はドラマー歴は短くて(言い訳)、CD通りに叩けない箇所が多いから誤魔化しをかなり入れていたんだけど、
ちょっと走ってもいいから、弦楽器とのノリと勢いを出すことだけは、ずっと心がけていた。
ギターの方もベースの方も、そんな頼りないドラムではあったものの、気持ちいいリズムを作ってくれた。

あまり上手く合っていなかった曲の一部分をピックアップして、ちょっと練習したら、
あっという間に息が合うようになったりと。上手い方々です。

バンドで演奏していると、個々のノリが全体のノリへと変化していく瞬間を感じることがあります。
ちょっと気持ち悪い言い方になるけど、魂が通い合う瞬間というか。
音楽に国境はないっていうけど、確かに言葉はなくても、音を鳴らし合うことで通じ合うことはきっとある。

それなりにハードルは高い「趣味」ではあるけれど、学生時代にバンドやってたときも思っていたことだけど、
楽器の練習やってきて良かった。バンドってやっぱりどうしようもなく楽しいものです。
自分達で曲作れるくらいになったら一番いいけど、定期的にスタジオ入って演奏できればそれでいい。

とりあえず、今日スタジオに入った方々に感謝です。


バンドでコピーやっていていいことは、実際に楽器に触れて演奏してみることによって、
ミュージシャンが作り出した楽曲を、より深く理解できるようになることです。
あーでもないこーでもないと耳コピしながら、ここでこんな音入れるんだーと、
普段聞き流しているときには気付かない音楽の仕掛けに驚きを感じることが多々あります。

今回コピーしたFoo Fightersは比較的派手な仕掛けが多くて、
一聴しても凄いことやってるのは分かるんだけど、
実際ドラムをコピーしてみると、想像以上に変則的なリズムと手数の多いフィルにビビります。
それでいてあんなにポップな感じに仕上げているんだもんな…。センスですよね、ほんとに。

デイヴ・グロール、テイラー・ホーキンスという
個性ある素晴らしいドラマー二人を擁するからこそ作れる楽曲ばかりだと思います。

まー二人とも、一番凄いのは技術云々じゃなくて、言葉にならない「ノリ」なんだけど。

叩き方もめちゃめちゃかっこいいし。
あんな感じに身体いっぱい使ってビシバシ叩くのって、実はかなり難しいのです。
パワフルだけど、無駄な力は抜けている。しなやかなドラミング。あんなドラムに憧れます。


さっきまでフーファイの動画観てたんだけど、とんでもないライブ動画見つけました。
「Everlong」はCDだとデイヴが叩いてるんだけど、このライブ動画ではテイラーが叩いています。

これがまた、恐ろしいノリ…。バンドのマジックというものを感じます。
PCの画面越しではあるけれど、このライブ動画観ていて、自然に身体が動いてしまった。
これ、あの場にいたら絶対ヤバい…。客もめちゃめちゃ盛り上がっています。

プロの演奏かくあるべし。ミュージシャンとしての底力を感じます。


とはいえ、僕みたいな素人があんな演奏できるわけないし、する必要もない。
だけどバンドのメンバーと音で会話しながら、渾然一体の「ノリ」を作り、感じることは出来る。
そんな瞬間を感じられるから、バンドは楽しい。

音楽が人に自らの思いであったり、メッセージであったりを表現するために存在する一方で、
自分の奥底にある熱いものを呼び起こすために存在するのも、また音楽なんだって気がします。

そんな楽しみ方をしてもいいじゃないか。そう思っています。


B000002UKSThe Colour and the Shape
Foo Fighters
Sony Music Distribution 1997-05-12

by G-Tools



Foo Fighters 「Everlong」
2002年のライブ。とにかく凄い…。
この曲、練習すればするほど好きになっていきます。自分にとって一生聴き続ける曲になりそうです。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めましてです。いつも読ませてもらっています。
Foo FightersのEverlong カッコイイですね!

ぼくはずっとギターとベースをやっていて、最近ドラムもやり始めてみましたが、全然です。。。
こんな難しい曲叩けるなんてすごいですね!

Re: No title

こちらこそはじめましてー。
コメントありがとうございます。そしていつも読んで頂いてありがとうございます。

Foo FightersのEverlong、めちゃめちゃかっこいいですよね。
今かなり好きです。ブログに貼り付けたライブバージョンなんて特に最高です。

ドラムですけど、全然曲の通りに叩けてないですよー。
Aメロだとハイハット16で刻んでるんですけど、
それだとどうしてもリズムキープできなくて、今は8で刻んでいます。
勿論原曲通りに叩けるように悪戦苦闘してますけど。

この曲のドラムは是非とも完コピしたいくらいのかっこ良さです。


ドラムって始めた当初って手と足が全然思い通りに動かないですよねー。
今すra難しいリズムだと、全然思ったとおりに動いてくれなくてイライラの連続です。

誰しも言うことかもしれないですけど、メトロノーム使った練習、おすすめですよ。
ゆっくりしたテンポでしっかり叩く練習をして、それから徐々に速いテンポにしていくと。

色々と派手なフィルの練習したくなると思うけど、まずはじっと我慢して
基本の8ビートをリズムキープできるようにすることから始めるといいと思います。
僕はそうしてました。

そっからミドルテンポの曲に合わせて叩く練習をしてました。
僕の場合、くるりの「ばらの花」がちょうどいいテンポで、繰り返し練習してました。
自分で叩きたい曲見つけてコピーに入ると、モチベーションも上がりますしね。

お互いドラム練習がんばりましょうねー。これからもよろしくです。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。