スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PUFFY 「赤いブランコ」

前々からやってみたかった、車に布団を積んでの一人旅をしてきた。
泊まる所の心配しなくても良いので、行き先決めずにその場その場でいきあたりばったりに、
地図を眺めて面白そうなところに行っていた。

夜中に家を出発して静岡方面に向かい、日本平で朝日を見て、焼津に行って海鮮丼と鉄火丼を食べる。
めちゃめちゃ旨かった。そして寸又峡に行って壮大な山々の中を歩く。
途中にあった両国の吊り橋の上から眺める大井川と景色はとても美しかった。

浜松まで出て海を眺めてから、浜名湖に沿って北上。
茶臼山高原ではスキー場の斜面を歩いて上って、南アルプスの山々を眺める。
まだ雪が残っている山々の稜線は、とても美しかった。

更に北に向かう。途中で木曽川の河原に降りて、一定のリズムで流れる川の音を聞く。
下呂温泉に行ったけど、あまりの人の多さにちょっとうんざりして、温泉に入らず、郡上八幡に向かう。

郡上八幡は何回も行っているので今回は訪れるつもりはなかったんだけど、
やっぱり立ち寄ってみたくなったので、行ってみた。

郡上八幡には小学校の卒業までに、
新橋という橋から吉田川に飛び込みをしなければならないという風習がある。
その風習を知っていた先輩達が昔僕にも声をかけてくれて、僕も川に飛び込んだことがある。

この橋、12メートル近くあるらしく、めちゃめちゃ怖いです。
改めて橋の上からから水面を覗いてみたけど、よくこんなん飛んだなーって思った。
地元の子供達は昔は足からではなくて、頭から飛んでたらしいです。信じられない。

川沿いまで降りて橋を見上げてみて、昔の自分が橋から飛んでいる姿を空想した。
あの頃の自分、すっごい毎日を楽しんでいたよなーって思った。
今は今で色々な経験をして、昔よりは世の中をより深く、そして多面的に見れるようにはなってるんだろうけど、
何にも知らずに見るもの全てが新鮮だった、あのときの感性は、もう取り戻せないんだと思った。

とにかく郡上八幡は行って良かった。自分の原点に触れた気がした。
また訪れたい。もう飛ばんけど。

こんな感じです。痛そう…。
http://www.youtube.com/watch?v=JwK8_sBQBJM

郡上からは高山に向かう。高山の町並みは昔の名残を留めているようで、とても趣があったんだけど、
いかんせんここも人が多くて、ちょっと回っただけで退散。
どうも年を経るごとに人がいっぱいの観光地って苦手になってしまっているようです。

海、山、川、全てを堪能して、たくさん温泉にも入って、旨いものも食べてきたので、
日本海の方に出ることも考えたけど、当初の予定より早く帰ることにした。
疲れたし、人が多い場所行くの嫌だし、GWの終盤に渋滞巻き込まれるのも嫌だし。

高山からは南アルプス迂回して、ひたすら東南に向かって、東京に到着。
下道のみの1100km。強行日程の濃い旅が出来た。満足。
色々と日本のたくさんの風景に触れて、色々と感じるところがあった。
ここら辺はおいおいと書いていきたい。


車の中では、家で聴くような濃いロックやメタルは全く聴く気が起きなくて、
昼間は邦楽を中心に爽やかなギターロックを、
夜はエレクトロニカ(マッシブやビョークなど)と呼ばれるジャンルのものをよく聴いていた。
その時その時のシチュエーションと心境で、いくらでも求める音楽って変わるものです。

久しぶりに聴いてめちゃめちゃ良かったのが、PUFFYの『NICE』だった。
帰ってきてからも聴いている。
大学院生の頃、このアルバムが大好きだった。研究室でもよくかけてた。

アンディー・スターマーが作曲とプロデュースを手がけたアルバムで、
二人の歌うメロディとアレンジがとにかくポップで、素晴らしい。
PUFFYは初期の曲が有名で、実際その時の曲も好きなんだけど、僕はこのアルバムの曲が一番好きです。

後から知ったんだけど、アンディってJellyfishの人だったんですね。
彼のポップセンスはPUFFYの資質とめちゃめちゃ相性がいいようです。

二人が歌う歌は、単に同じメロディをなぞるんじゃなくて、
二つのメロディが絡み合って一つの歌が成り立っているようで、計算された美しさがある。

彼女達って別に歌上手い訳じゃないんだけど、
聴いていてとても引き込まれる魅力的な声の持ち主だと思います。
アレンジも素晴らしいけど、とにかく歌が素晴らしい、このアルバム。

「赤いブランコ」「東京ナイツ」「invisible tomorrow」「Your love is a drug」が特に好き。
PUFFYといえば初期しか聴いていない人が多いかもしれないけど、
『NICE』はもっと多くの人たちに聴かれるべきだと思う名盤。めちゃめちゃいいです。


B00007DXRMNICE.
PUFFY
エピックレコードジャパン 2003-01-22

by G-Tools



PUFFY 「赤いブランコ」 PV
ギターがとにかくかっこいい曲。二人の歌も最高。この曲聴いて衝撃を受けて、僕は『NICE』を聴きました。



PUFFY 「Your love is a drug」 音のみ
この曲は妙な音色のキーボードがすごく気持ちいいです。歌メロのコーラスワークも最高。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

電車が発達してるのって都心だけなんだって、旅に出たとき実感します。

運転できるとどこでもフラッと行けていいですよね。

ドライブしながら聴く音楽も、イイですね。

Re: No title

学生の頃、青春18きっぷで旅していたときがあって、
僕も電車が発達してるのって都心だけなんだって実感しました。
1時間に1本あるかないかの路線なんて、いっぱいありますもんね。
でもそれはそれですごくいい経験だったなーって思います。

だから今、そんなに車乗らないけど、車持ち続けてます。
電車で行けない、もしくは行きづらいところにも行けるので。

家の中で大音量で聴く音楽もいいですけど、
車の中で開放的に聴く音楽も、やっぱりいいです。
自分はやっぱり音楽好きなんだなーって実感します。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。