スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eastern youth 「夜明けの歌」

新宿や渋谷で夜通し飲み続けるか漫画喫茶で寝て、朝電車で帰るとき
晴れの日には多摩川の上に朝日を見ることができる。

普段生活していて朝日が昇る時間に起きることはない。
だから多摩川の朝日を見ることは、ご褒美のように感じられる。
電車だから一瞬しか除くことはできないけど、その瞬間は胸が熱くなる。
とても綺麗で美しい。

そんな多摩川の朝日とリンクするのがイースタンユースの「夜明けの歌」である。

夜が明ける
見えるだろ?
東の空 白むのが

何といってもギターの弦一本一本から鳴らされるカッティングが素晴らしい。
静と動を使い分けて感情豊かに弦を揺らすことに関しては吉野の右に出るものはいない。
スリーピースでこのスケール感、凄いなあ…。

僕の人生で一番ライブを観ているのが彼らなんだけど、
何回観ても彼らのライブに飽きることは無いし、常に新たな感銘が得られている。
吉野の言葉は行動が伴っているから言葉にも説得力があり深い。

逃げても逃げても逃げても
朝が来る
涙よ止まれよ今直ぐ
もう朝だから

彼らは否定するかもしれないが、
この曲はあらゆる人間に対する応援歌である。
逃げても朝は来るのだから、逃げるな、と。


B00005LCRM感受性応答セヨ
eastern youth 吉野寿
トイズファクトリー 2001-08-08

by G-Tools


eastern youth 「夜明けの歌」


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。