スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dizzy Mizz Lizzy 「Glory」

Dizzy Mizz Lizzy、まさかの再結成。しかも来年の春に来日決定…。
伊藤正則のラジオで発表されていたとのこと。

これは絶対に行かねばならんな…。来年で一番楽しみなライブになりそうだ。


Dizzy Mizz Lizzyは、高校の頃、ハマっていたバンド。
メタル系の媒体を初めとして、それ以外の音楽雑誌でも多少なりとも話題になっていたような。

ファースト『Dizzy Mizz Lizzy』は1994年、セカンド『Rotator』は1996年。
この時代って、特にアメリカではダークなバンドが多かった。グランジの影響。
ハードロックやメタルのバンドも、無理してダークな雰囲気のアルバム作ったりして大コケしていた時代。

日本にいては実感できなかったことだけど、
あの時代、シリアスでダークでなければロックにあらず、といった雰囲気があったのは確か。

そんな時代、思いもよらないところから、グランジブームに風穴を開けるような才能が現れた。

デンマーク。
今でこそMEWみたいなバンドがいるけど、
世界的に影響を与えるようなミュージシャンは、少なくとも当時はいなかったと思う。

そんな国から突然変異的に彼らは登場した。
歪んだギターとリズムに、ポップなメロディとひねくれたコード展開。
変幻自在に繰り出される変拍子や転調。

こんな音楽は聴いたことがなかった。
当時、グランジとビートルズを掛け合わせた次世代バンドみたいな紹介されてたような。
確かにビートルズが引き合いに出されるくらい、アレンジセンスには天性のものがあったと思う。

ロックの衝動を失わずに、ここまで作りこんでアレンジしてしまうのは素晴らしい。
ファースト発売時、若干20歳。恐ろしい。


物凄く期待されていたバンドなんだけど、わずか2作アルバムを作っただけで、惜しまれつつ解散。
この人達ずっとバンド続けてれば、世界的なバンドになれたんじゃないかなって思う。

グランジの先を示したロック。立ち位置としては、このバンド、MUSEと被る。
音楽性やキャラは全然違うにせよ、グランジの影響を昇華しながら、
新たなロックを追求する姿勢は大いに共通項がある。

彼らに関しては登場が早すぎたって言われてるけど、同感。惜しい。ほんと勿体ないバンドだったな…。


Dizzy Mizz Lizzyの代表曲といえば、やっぱり「Glory」。
一度聴いたら忘れられないイントロのギターのメロディ。
簡単なコード分解フレーズなんだけど、なんであんなに物憂げに響くんだろう…。美しい。

この曲のアレンジ、冴え渡ってると思う。よくもここまで出来るなあと。
個人的にはラストの転調がたまらない。ものすごくメランコリックで、胸が熱くなる。
ベースのフレーズもメロディアスでかっこいいし、硬質なドラムもかっこいい。

あー、ライブ観たい。観たいー。

B0000087GUディジー・ミズ・リジー
ディジー・ミズ・リジー
EMIミュージック・ジャパン 1998-03-28

by G-Tools



Dizzy Mizz Lizzy 「Glory」 音のみ



Dizzy Mizz Lizzy 「Glory」
ライブは正直、そこまで凄いって印象は動画を見る限りはありません。
でも、あのギター弾きながら歌うのは、めっちゃ難しいと思います。
まだ若かったし、色々とムラのあるバンドだったんじゃないかと、想像。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Glory、私も大好きです。
なんか切なくなるんですよね。
バイトの先輩がくれた沢山のCDの中に、Dizzy Mizz Lizzyの1stがありました。
何度も聴いたなー……先輩元気かなぁ……

再結成するということで、これは楽しみ!
どんなサウンドを聴かせてくれるのはワクワクしますね。
来日もするのかー。うーん、凄いや。

Re: No title

DMLを聴いていたとは…、さすがです。
そして先輩の年令と人となりが気になるところです。

再結成ですが、ツアーやったらまたバラバラになるみたいです。
いわゆる集金ツアーっぽい感じです。

でもいいのです。
とてもとても思い入れのある人達のライブが観れれば、それでいいのです。
本音いえば新曲書いて、アルバム作って欲しいんですけど。

ライブで盛り上げて、その気にさせるしかないですね。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。