スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battles 「Atlas」

初めてエレグラに行くも、残念ながらあんまり楽しめなかった。

とにかく人が多かった。それはいいことなんだけど、あまりにも多くて色んなところで行列。
飯もドリンクも15分近く並んで、ようやく辿り着ける感じ。
フロアも人気アクトはとにかく人が多くて、自由に動けるスペースが全然ない。

そしてトイレの行列は洒落になってなかった。男便であそこまで並んだのって初めてだった。
女性用は言わずもがな…。もう並ぶのも嫌だったし、最初のビール一杯で、もう飲むのやめた。
酒飲まないクラブイベントって、なんだかな…って感じだった。

信じられないことに、フロアにうんこがあったなんて話も…。すげーイベントだ。

別に過保護にする必要はないけど、
今回のイベントは運営側が色々と読み違えてたと思う。残念。

あと何より残念だったのは、バンドアクトの音。!!!はまだ許せるレベルだったけど、バトルスは最悪。
音の分離が悪くて、何の音が鳴ってるか全然わからない。
低音はブーストしまくってるし、シンセだけやたら強調されてるし。
メッセは元々音悪いで有名な会場だけど、今回はPAの腕の問題だったと思う。

と、文句ばかりなんだけど、色々と面白いものは観れた。
ハドソン・モホークは、80年代風の映像とシンクロさせた変な展開が妙に良かったし、
!!!は堅実な演奏で、ボーカルは志村けんみたいな動きで頑張って盛り上げてたし、
LFOはさすが重鎮って感じで、奇をてらわない硬派な音を出していた。かっこよかった。

あと、一番インパクトあったのが、クリス・カニンガム。
この人、頭おかしい。全裸の男と女が、音とシンクロしながら殴り合ってた。
スターウォーズのシーンやヒトラーの映像が盛り込まれたり。

グロい映像とノイジーなビートは、エイフェックスと被る。
クリスのライブでもエイフェックスのPVが挿入されてた。
人間ってアートを突き詰めると、グロに走るもんなんだろうか。天才達は理解できん。


んで、目当てだったバトルスだけど、音の悪さもあって全然楽しめなかった。
やっぱりフジロックのライブと比較してしまうからだと思う。
あのライブ、バンドの熱量と観客の熱量が奇跡的に融合したライブだったもんな…。

あのとき体力的にきつくなっちゃって、途中で避難して、音だけ聴いてたのを今でも後悔してる。
その後悔を取り戻しに行ったんだけど、取り戻せなかった。

でもジョン・ステニアーのドラムは相変わらずのヤバさだった。
細かいシンバルフレーズの繊細さと、とにかく振りかぶってぶっ叩く豪快さ。
すっごい個性的なドラマー。途中からバンドサウンドは置いといて、ずっとドラム聴いてた。
上手かった。

クラッシュシンバルが有り得ない位置にあるのは変わってない。
しかもハイハットもめちゃめちゃ高い位置にセッティングしてるのも確認。

あれ、何のためなんだろう。
細かいフレーズやりやすいのか、スネアにパワーヒッティングできるのだろうか。
試してみよう。

他のメンバーに関しても、相変わらずギターとキーボードとの同時弾きという大道芸人的な奏法や、
その場で音をサンプリングしてシーケンスさせるなんて大技も見れたのは良かったけどなぁ…。


バトルスは早くアルバム作って日本に来て欲しい。次はライブハウスで。
今回の彼らは、彼らの実力を十分に伝えられたとは言えなかったと思う。
家で聴くよりもライブの方が圧倒的にいいバンド。それがライブダメだとね…。


B000OLHGBQMirrored
Battles
Warp 2007-05-22

by G-Tools



Battles 「Atlas」 Fuji Rock Festival '07
動画だと伝わりにくいんですけど、この時の会場には、
観客の間に「俺達すげーもん観てる」って一体感というか、そんな感情が渦巻いてたんですよね。
多くの人がこの年のベストに挙げていたライブ。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。