スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blue Hearts 「パンクロック」

月末はいつものことだけど、残業調整の名の下、早く帰宅し、家で仕事する。
アホらしい。こんなんで会社のために働けってのが無理な話だ。
会社のためじゃなくて、自分のために仕事をする。

昨日は関東を去る大学時代の先輩の送別会だった。
いつものように大学時代のメンバーが集い、飲む。

当初予定にはなかったけど、これまた大学時代の後輩が店長やってる、某居酒屋チェーン店に行く。
久しぶりに会う彼は、笑顔が様になっていた。店長ってガラじゃないタイプじゃなかったのにな。
仕事中忙しいと思えど、ちょっと話し込む。嬉しかった。頑張ってるなーって。また行こう。

僕は大学時代、学生寮に住んでいた。
ここで一緒に時間を過ごした人間とは、長い時を経ても、昔と同じように、飲んで笑い合える。
卒業してもう7、8年くらい経つのに、今でも会って飲もうってなるのは、結構すごいことだと思う。

これまた予定にはなかったけど、流れでカラオケに行く。
色んな曲を各々が適当に歌うんだけど、やっぱりブルーハーツが盛り上がる。
体制に抵抗しつつも、単純なる反発ではないブルーハーツの曲は、
学生時代の僕達に、しっくりしすぎるほど、しっくりきていたのであった。

今でもあのときの気持ちは変わっていない気がした。

あっという間に時間は過ぎて、終電近くなり、帰る。
駅ごとに人が一人ずつ居なくなり、最終的に乗り換えた電車の中、一人になる。

無性にブルーハーツのファーストが聴きたくなって、iPodで聴く。
歌詞を全て覚えてしまうくらいに、聴きまくったアルバム。熱い気持ちが蘇ってきた。
何百回と聴いてきたけど、相変わらず素晴らしいアルバムだった。


最寄り駅に着くと、学生が騒いでいた。
不謹慎ながら、もっと騒げよって思った。社会に出る前に、エネルギー蓄積しろよって。
そして怒られたら、ちゃんと謝れよって。

帰り道を歩きながら、ちょっと前にちらっとネットで見たニュースを思い出した。
某有名大学の学生が駅で全裸になって騒いで、警察に捕まったというニュース。

犯罪なんだし、捕まるのはしゃーない。
でも僕は、このニュース見て、面白いって思った。
間違った方向であっても、こんなエネルギー持った人間がいるんだって、
適切な表現じゃないかもしれないけど嬉しく思った。

非常識っていうけど、常識って何なんだろう。

某芸能人の薬物事件然り、全裸事件然り。
最近の報道ってアホだと思う。よくもまあ、あんな感じでチクチクやれるもんですね。
いいじゃんもう。うざい。

人を傷つけることは絶対に良くないし、人に許容しきれない迷惑をかけることも良くない。
でも「常識」って言葉に縛られてたんじゃ、つまらん。時に、皆はみ出してしまえばいいんだ。

なんてことを、酔っ払った頭で考えた。


吐き気がするだろ みんな嫌いだろ
まじめに考えた まじめに考えた

僕 パンクロックが好きだ
中途半端な気持ちじゃなくて
本当に心から好きなんだ
僕 パンクロックが好きだ

多数の人々が無条件に眉をひそめるような意見であっても、
自分の頭で何が正しいのかを判断した上で、自分が正しいと思うことを主張する。
昔の自分と、今の自分が目指すべき姿について、この曲はさらりと歌っている。

「パンクロックが好きだ」。なんて美しいフレーズなんだろう。


B00005EYG7THE BLUE HEARTS
THE BLUE HEARTS
トライエム 1987-05-21

by G-Tools



The Blue Hearts 「パンクロック」 LIVE



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。