スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Travis 「Turn」

最近、Travisの『The Man Who』にハマっている。
今まであんまりちゃんと聴いていなかったのに、不思議だ。
そのときそのときに好きになる音楽ってあるんだろうな。

そしてとにかく最近リピートしまくってるのが、「Turn」。
この曲、めっちゃいいです。聴きまくってます。

If we turn, turn, turn, turn, turn
Then we might learn

繰り返されるTurn。
とにかく回りまわって生きていくうちに、分かってくるんだろう、と彼らは歌う。

まさに人生ですね。素朴なメッセージが染みます。
回りまわる道に、意味の無い道などないのであります。


この曲のPV、最近初めて見たんだけど、面白い。
朝から晩まで腕立て伏せを繰り返す男、フラン。
何のためにやってるのかはわからないけど、賭けだ、と彼は言う。

彼のことを心配し、声をかけ、そして飲み物をくれる女の子。
このシーン、何かいい。

そして夜になり、賭け事をしていたと思われる取り巻きもいなくなった。
そのとき、友人と思われる男が複数の人間に襲われる。
フランは必死に立ち上がり、友人を助けようとする。

しかし、腕立ての疲労は色濃く、彼は立ち上がることすら出来ない…。
すっごい間抜けなPVです。何やってんだよ、お前って、感じです。

でも、よくよく考えてみると、
多くの人間は、映画みたいに格好良く、愛する人間を助けたいと思っているはずである。
じゃあ、実際、自分が立ち上がることが出来ないくらいに疲弊し、ボロボロになったとき、
自分は愛する人を助けることが出来るのだろうか。

たぶん、したくても、出来ない。
このPVってひょっとしたらそんな人間の悲哀を表現したのかも…。
わからん。


シンプルに聴こえるけど、何本も重ねられたギター。
コードのカッティングも繊細で、とても美しく響く。

「Turn」含めて『The Man Who』は、
個人的に『OK Computer』以降のブリットポップなんて思っていたりする。
なんかUK臭さがある。それがまた良し。

何といってもフランのボーカルとメロディ。この曲はやっぱりサビがいいなあ。

スケールの大きな名曲。
最近また疲れてきて、こういう曲が染みます。


B00000JOITThe Man Who
Travis
Independiente 1999-06-02

by G-Tools



Travis 「Turn」 PV。初めてみたとき、全然意味分かりませんでした。



Travis 「Turn」 グラストンベリーの映像。2000年。
これがまた素晴らしいライブです…。サビなんて、もう大合唱ですね。ほんと名曲。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
お久しぶりです。

このPV面白くて深いですね。とても滑稽で、しかし哀しい。
女の子にジュースを買わせるシーンは思わず笑いました。

彼は他人を巻き込んで賭けに打ち込みましたが、
結局失敗して大切な人を救えなかった。

もしかしたらきっと彼と同じように
無駄なことに労力を使いすぎて、肝心なときに大切な人を救えない人は
PVで見たり笑ったりしている中にもたくさんいるのかもしれません。
僕はきっと彼を笑えません。気をつけなければ・・・。

Re: No title

あのPV、全く意味ない気もするし、ものすごく深い気もするし、いいです。
この人達って異彩だと思います。曲はオーソドックスなのに。

>もしかしたらきっと彼と同じように
>無駄なことに労力を使いすぎて、肝心なときに大切な人を救えない人は
>PVで見たり笑ったりしている中にもたくさんいるのかもしれません。

なんか耳が痛いですねー。無駄な労力は僕も多いかもです。
もっとスマートに生きたいものです。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。