スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon Ash feat. Rappagariya 「Deep Impact」

今週、なんとか終わった。体調不良。
水曜の飲みのダメージがきつかった。

水曜日、終電で帰れず、翌日、漫画喫茶から出勤した。
昔はよくやってたんだけど、この歳になるとしんどい。
昨日今日とごまかしながら乗り切った。
手動かす仕事が多かったら良かったけど、デスクワーク多かったら、多分、仕事中寝てた。

まあ、でもこんなことがないと面白くないからいいんだけど。


水曜日は気心の知れた人間達と飲んで、カラオケに行っていた。
カラオケって、その場の空気次第では、きつい。
というのも、僕は最近流行りの曲を、全く知らないからである。

何歌っていいか分からず、何も歌わないで帰ることもあったりする。

でも気心の知れた友人同士だと、僕がどんな音楽好きなのか知ってるし、
共通で好きな曲は合いの手入れてくれたりして、楽しい。
くるりやらオアシスやらクロマニヨンズやらホルモンやらケムリやら相対性理論やら、歌った。
気持ちよかった。喉枯れた。


そんな僕でも、わりかしどんなシチュエーションでも使える曲ということで
よく歌っている曲があって、それが「Deep Impact」である。

この曲、よく売れたし、僕の世代は勿論のこと、下の世代も結構知っている。
知っている人間とはパート分け出来るし、合いの手入れたり、複数で楽しめる。

知らない人相手でも、勢いで何とかなる。
変な動きしながら自分がラッパーになったかのように振舞うことで、
冷めた空気には、今までなったことがないような気がする。
初見の人には、変な人だと思われてるだろうけど。

この曲歌って派手にハズした記憶はない。すごく感謝している曲。大好き。


「Deep Impact」って、その名前の通り、日本の音楽業界的にもインパクトのあった曲だと思う。
先駆けて「Grateful Days」があって、日本のヒップホップがメジャーな音楽として認知され、
続いて放たれた、「Deep Impact」が決定打になったと思う。

個人的な見解だけど、この頃から、日本後ラップのバブルが始まったと思う。
キングギドラやライムスターが、アンダーグラウンドで種を蒔いて育ててきた日本のヒップホップが、
Dragon Ashを契機として、一気に爆発した。
少なくともリアルタイムで見た一個人としては、そういう印象を持った。

僕が中高生の頃、失礼な言い方だけど、こんな曲がオリコンのシングルで10位以内に入って、
お茶の間でも流れるようになるなんて、夢にも思っていなかった。
しかも、これまた失礼な言い方だけど、ラッパ我リヤの山田マンとQという、
どう見てもカタギには見えない風貌の二人をひっさげてである。

明らかに、日本の音楽シーンが変わっていると実感した。
歌謡曲とは一線を画した音楽が受け入れられる時代の到来を感じた。
結構、この出来事は他のジャンルの音楽にも影響を与えていると思う。

今までお茶の間で受け入れられなかったであろうジャンルの音楽が、どんどんメジャーに出てきた。
一方で、どの世代でも共通に歌えるような歌謡ヒット曲が、圧倒的に減った。

あの時代の日本の音楽の変遷、何だったんだろう。社会学的に考察してみたら面白そう。


そんな日本のヒップホップだけど、ジブラさんによるディスをきっかけに、
Dragon Ashはヒップホップの色を消すようになり、
メジャーに出てきたラッパーも、また元のサヤに戻った。

日本語ラップのバブルが終わり、ヒップホップのシーンは正常な状態に戻ったように思えた。
過剰なコマーシャリズムは否定され、
アンダーグラウンドで、ヒップホップは音楽的探求を続けるようになった。

これで良かったんだと、思う。あの頃が異常だったんだし。
あの頃がきっかけで、僕みたいにヒップホップに興味を持つ人間も増えたわけだし。


そんなこんな「Deep Impact」は衝撃だった訳です。
とにかく僕は山田マンのラップが衝撃だった。
あんなスタイルのラップなんて聴いたことなかった。

俺のやってるのはラップ画数は七画 和訳する必要は無く はまる

冗談で生きてる訳じゃねえから 秀でる才能と
マイコーフォン武器に会場の
最後方まで乗らす 網膜じゃなく鼓膜に訴えかける音楽を創作

1日を余力残す事無く 乗り切り
たとえ死んでも墓石 破壊し蘇り進む我が道

ここらへんの言葉の綴り方なんて天才的だと思う。
この曲から『ラッパ我リヤ伝説』に進んで、ハマったんだよなー。

思い出深い曲。今でも愛着持って歌える曲。


そういやサマソニのとき、メッセ内でマリンの映像観ていたら、
Dragon Ashのライブ中にラッパ我リヤが飛び入りして、「Deep Impact」演ってるのを見た。
あの場に居たかったな。心からそう思いながら、画面に釘付けになっていたのを思い出す。


B00005HUK4Lily of da valley
Dragon Ash
ビクターエンタテインメント 2001-03-14

by G-Tools



Dragon Ash feat. Rappagariya 「Deep Impact」



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。