スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arch Enemy 「Bury Me An Angel」

Arch Enemyの再録アルバム『The Root Of All Evil』を聴く。

昔さんざん聴いた曲ばっかりだから、ボーカルが変わっても、アレンジが多少変わっても、
あーやっぱりいい曲だなー、それ以上の感想は出てこなかった。
当時初めてオリジナル音源を聴いたときの衝撃って、二度と味わえないもんだなと、再確認。

これ、でも駄作かというと決してそうではなくて、
今のArch Enemyの音で録ってるから、音質がとてもクリアになって、
楽器のアレンジの細かいニュアンスまで感じることが出来るようになった。
聴き所は満載。

昔のアルバムってチューニングもかなり低いし、
音の輪郭がはっきりしないほど歪んだドンシャリサウンドだったからなあー。
あれはあれでB級臭さがあって好きだったんだけど。

特に、ダニエルのドラムとシャーリーのベース。
やっぱり上手いし、表現力もあるなー。


そして今回のアルバムの聴き所は何といっても、アンジェラのボーカル。
ヨハン時代の曲をアンジェラがどう歌いこなすかってのが、今作のテーマだったと思うんだけど、
かなり、いい仕事していると思う。

「The Immortal」あたりは、正直ヨハンの方が合ってるなーなんて思ったけど、
殆どの曲、自分のスタイルで、自分の歌のように歌いこなしている。
ここにきて、大分歌唱の幅が広くなったように思える。

重低音の王道的なデス声から、Carcassのジェフばりの下水道系ボイス、
そして女声交じりの絶叫スクリーム。時にメロディをなじるようにシャウトしたり。
すっごく表現力が増した。ここにきてまだ進化するなんて、すごいっすね。姐さん。

「Diva Stanica」なんて、アンジェラの歌声が入ってきた瞬間、ゾクっときた。


僕にとってのArch Enemyの魅力って、獰猛な演奏と美しいギターメロディのコントラストなんだけど、
クリアになった「Bury Me An Angel」の再録を聴いて、その想いを強くした。

高速のツーバスに乗せて刻まれる高速のギターリフ。物凄くアグレッシブ。
そんな中で唐突に挿入されるツインリードのフレーズ。完全に力業なんだけど、たまらない。
吐き捨て系のボーカルもかっこいい。

そしてこれまた唐突に導入されるスローテンポのパート。
どっしりしたリズムと、これまたどっしりしたギターリフ、
そして2本のギターで奏でる低音のメロディが、またたまらない。

そして紡がれるマイケルのギターソロ。ビブラートがすごく良い。
誰しもが認めるであろう、泣きのギター。

曲の間中ずっと、頭を振りたくなってしまう名曲。


Arch Enemyの全ての歴史はこの曲から始まった。
オリジネイターとしての地位を確立した彼らだけど、更にどんな進化を遂げていくのか。
本当に今後が楽しみなバンド。

Loud Parkではヨハン時代の曲、いっぱいやってくれることを願います。


B002H16WDEThe Root Of All Evil
アーク・エネミー
アール・アンド・シー 2009-09-30

by G-Tools



Arch Enemy 「Bury Me An Angel」 LIVE
ライブだと、この曲、めっちゃ高速です。ダニエルのドラム、すごい。てゆーか、みんな、すごい。
かっこいいライブ動画です。



Arch Enemy 「Bury Me An Angel」 ヨハン時代のPVです。ヨハンの声も好きでした。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに、凄いテクです。このぐらいの次元に行くとみんな凄すぎて参ってしまいますね。いろんなドラマーがいるけどもうこのぐらいのスピードが限界ですよね。人間には・・・。

Re: No title

ダニエルうまいですよね。特に足技。正確で高速なツーバスです。

でもスピードでいったら、もっと速いドラマーいるかもです。
Morbid Angelのピート・サンドヴァルや、Emperorのタリムあたりはもっと高速リズム刻んでたような…。
デス系、ブラック系のバンドって化け物ドラマー多いんですよね。
僕が知らないドラマーでも、すごいのいっぱいいると思います。

陸上の100mで世界レコードが日々更新されるように、
ドラムのスピードも日々更新されているような…、気がします。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。