スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eastern youth 「一切合切太陽みたいに輝く」

eastern youthの吉野が入院してしまったとのこと。
心筋梗塞ということでかなり危なかったと思うんだけど、命に別状は無いということで、安心。
今日、会社の人に聞いてびっくりした。
http://hadashino-ongakusha.jp/

そんでツアーは2週間分はキャンセルになってるんだけど、その後のライブはやる予定という。
なんか無理して欲しくないけど、それでもやるって吉野が言ってるんだろうな。
命を張って音楽やってる人だ。

本音ではツアーは全部キャンセルして欲しいけど、やるなら行こうと決めた。


ちょっと前に見つけた吉野のインタビュー記事。この人の言葉と考え方、やっぱり面白い。
この人の言うことはずっと昔から変わっていない。芯がある。かっこいい。
http://port.rittor-music.co.jp/guitar/interview/post-196.php

このインタビュー、相対性理論やチャットモンチーについて語っているのが面白い。
昔、吉野はサケロックが良かったって言ってたけど、
この人、印象とかなり違って、意外にも音楽の間口広いのである。

そうではあるけど、自身が作る音楽には、一切のブレがない。
一定のペースでアルバムを作り続けているけど、どのアルバムも魂を感じる。
どこをどうとってもイースタン。彼らの音楽って、比較する対象がいない、独自の存在。


8月にリリースされたニューアルバム『歩幅と太陽』も、
そんなイースタンらしさに溢れたアルバムだった。

昔みたいに、やけくそに疾走する曲は無いし、合唱できるようなキャッチーさは無い。
ミドルテンポの曲が殆どで、じっくりと聴かせるアルバム。だけど吉野はいつも通りに叫んでる。
聴けば聴くほどハマる。そんなアルバム。

初めてイースタン聴く人にこのアルバムは薦めないと思うけど、
イースタン好きな人には絶対おすすめできるアルバム。

この人たちの演奏とアレンジ、そして歌詞世界は、相変わらず素晴らしいし。


アルバムの1曲目、「一切合切太陽みたいに輝く」では、
インタビューでも述べられているように、「暗の部分」にスポットが当てられている。

流行らないメシ屋が太陽みたいに輝く
潰れたスナックが太陽みたいに輝く
ダサイTシャツが太陽みたいに輝く
手書きの看板が太陽みたいに輝く

様々な、決してかっこいいとは言えないものたちが、太陽みたいに輝くと歌われる。
どんなくだらないものでも、人間でも、冴えない生活でも、全ての存在を肯定するかのように。
そして吉野は続けて歌う。

何処に立ったって一緒さ 俺たちは
力一杯、泣いて笑って
それが全てさ それが全てさ

項垂れた背中が太陽みたいに輝く
くだらない日々が太陽みたいに輝く
一切合切この世の全てが
一切合切太陽みたいに輝く

本人は強硬に否定するだろうけど、イースタンの歌って応援歌である。
駄目な人間に対する応援歌。暗部に生きる人間に対する応援歌。
彼らの曲を聴いていると、何とかせねば、という気になる。魂を揺すられる。

この曲、アレンジも素晴らしい。ここまで間と静と動を使い分けられるバンドって他にいるんだろうか。
楽器一つ一つから、感情が滲み出てくるような感覚を覚える。
吉野のギターってほんとに、好き。クリーンとディストーションの音色の使い分けが素晴らしい。


吉野氏にはもっと素晴らしい曲を作って、素晴らしいライブをやってもらわなければ、困る。
早く良くなってほしい。


B002AYP0A4歩幅と太陽
eastern youth
バップ 2009-08-12

by G-Tools



eastern youth 「一切合切太陽みたいに輝く」 音のみ



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして★
毎回楽しみに拝見させていただいてます!
音楽についていろいろ勉強になります★

Re: No title

こちらこそはじめましてー。

勉強だなんて…、恐縮です。
本当はもっと深く突っ込んで記事書けるといいんですけどね。
これからも気軽に覗いてもらえると嬉しいです。

NAO-TさんのURL踏んでみたんですけど、停止中になってしまってますね。
観れるようになったら訪問させていただきます。

No title

こんばんは★
入金できてなかったみたいで・・・
もう大丈夫です☆
お暇なときにでも遊びにきてください~

No title

こんにちは。

吉野氏のインタビュー読ませていただきました。
結構意外でした。捕鯨さん同様、チャットにはびっくりしました。

こんな若造が言うのもなんですが、
吉野氏って結構固そうなイメージがあったんですよ。楽曲から。
でもインタビューを読んでみて、
すごく柔軟な考え方を持ってる人だなーと思いました。
いろんな視点を持っていて。
『逆サイド』の吉野氏の意見に僕は共感します
(本当にその意見に賛成するのならば、
それも本当は良くないのかも知れませんが)。

新譜まだ聴いてません。いずれ聴きます。
早く良くなって欲しいですね・・・・

Re: No title

>NAO-Tさん
ブログ訪問させていただきました。
子供さんかわいいですねー。ほのぼのしてしまいました。
これからも覗かせていただきますね。


>Speed-Skさん
実際、吉野さんって何だかんだ固い人だと思うんですよ。
自分が嫌いなものはとことん攻撃しますしね。あんまり好き嫌いが、ぶれない人だと思います。

でも、色んな視点で物事を見ているという点は同感です。
そして、すごく冷静な目線で物事を見ていますよね。

己と社会を見つめる冷静な視点の一方で、叫ばざるをえないほどの感情の高ぶり。
イースタンの魅力って、その二面性にあるのかなと思います。

新譜いいですよ。「脱走兵の歌」なんて最高です。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。