スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Meters 「Cissy Strut」

フジロックで観た凄いオヤジたち。

ジェフ・ラング。
人間業とは思えないギターソロ。雨空に突き刺さるような音だった。
彼の手元に、ずっと魅入ってしまった。美しい。

ポール・ウェラー。
その日弱まっていた雨が再び猛烈な勢いで降ってきた中のステージ。
ギターを弾きながら歌うポールさん。めちゃめちゃかっこいい。正に熱唱。
ステージでタバコを吸ってステージに捨てていた。悪いオヤジだ、なんて思ったり。
ギャラガー兄弟も心酔するUKの重鎮。伊達ではなかった。

高橋幸宏。
日本が誇るべきミュージシャン。この人も本当に凄かった。
音楽の美しさを抽出するかのようなステージ。

日が暮れていく苗場の空に響くバンドの演奏は、本当に気持ちよくて、
段々と暗くなっていく空を見上げながら、
あーもうフジロック終わりなんだなってノスタルジックになったり。
小山田圭吾もギター弾いていた。幸宏さんって同業ミュージシャンに愛されているんだろうな。


そして、ファンキー・ミーターズ。
この人達の演奏には、シビれた。耳じゃなくて身体の奥底に響いてくるようなグルーブ。
めちゃめちゃ疲れていて最初座って観ていたんだけど、
たまらずに立ち上がってしまって、音に身体をずっーと委ねていた。無心で。

この日、実はパブリック・エネミーを見ようと思っていたんだけど、
時計の人(フレイヴァー)が来ないなんて、ふざけたこと発表しやがるもんだから、
彼らを観たんだけど、大正解だった。

オリジナルメンバーのアート・ネヴィル、キーボード、71歳。
ジョージ・ポーターJr.、ベース、61歳。

何なんだろうこの人達。同じ人間とは思えない。
こんなオヤジを超えた人達が叩き出すグルーブが、若造の心を揺さぶるなんて、凄すぎる。


帰ってきて、ミーターズのデビューアルバム『The Meters』を買った。
これがまたいいアルバムで、かなりの頻度で聴いている。
いままで疎遠だったファンクという音楽にハマりそうである。

彼らって楽器としては最低限の構成で、隙間が多い。
そしてギター、ベース、キーボードのユニゾンフレーズが多いところが特徴的だと思った。
ここら辺が多分にロックに通じるところがあるから、すんなり入れたのかも。

ねちっこい。ぐるぐると体中をかき回されるような感覚に陥る。彼らの音楽を聴いていると。
凄く中毒性がある。いい。


フジロックってこういうミュージシャンを呼んでくれるところが、好き。
自分の知らない音楽に接触して、陶酔させてくれる経験は、他ではなかなか得られない。

音楽に限った話じゃないけど、自分の知らない世界に足を踏み入れることによって、
自分が今立っている場所を真に理解することが出来るっていうけど、これって本当のことだ。
まだまだ自分は色々な世界を知らねばならんのだ。

そんな扉を開いてくれたオヤジたちに感謝したい。


サマソニのオヤジだと、スペシャルズが楽しみだなー。


B00005KB3WThe Meters
The Meters
Warner/Rhino 2001-07-16

by G-Tools



The Meters 「Cissy Strut」 1993年のライブのようです。凄い演奏ですね…、ため息が出ます。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。