スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉少女帯 「日本印度化計画」

今回のフジロックでかなり楽しみにしていたのが筋少だった。
再結成してからライブ行きたいなーって思ってたけど、
行きたいときに行けなかったり、チケット高くて足踏みしたり。

それがまさかフジロックで観れるとは、である。
何でこんなブッキングしたのか、謎。日高さん、ナイス。
オーケンがMCでしきりに「俺達はアウェーだ」って言ってたけど、
あの面子の中じゃ、さすがに浮いていた。

にも関わらず、ライブは大盛り上がり。完全にホームだった。
オーケンのMCはさすがの面白さだし、演奏も抜群に上手い。
長年続けているバンドマンの底力を見た気がした。

小学生のときにテレビで見た「高木ブー伝説」の衝撃から約20年。
ブラウン管の中の遠い人達が、すぐ近くのステージの上に立っていた。


筋少にはかつて天才的なミュージシャンが在籍していた。
キーボードの三柴江戸蔵(エディ)とギターの橘高文彦。
二人は活動期が重なってないんだけど、
再結成のおかげでこの二人を一緒に観れることにも感激だった。

エディはくるりのサポートメンバーとして、
「さよならリグレット」のキーボードを弾いていたりする。
僕は最初聞いたとき筋少のエディがくるり?って感じだったけど、
くるりファンの人から見れば、あの人こんな変なバンドやってたんだって感じだろうな。

ボーカリストとしての技量で見れば、レベルが高いとは言えないオーケンの下に、
彼らのような天才的なミュージシャンが集まった事実。
大槻ケンヂって人には、不思議と人を惹きつける力があるらしい。

パフォーマーとして、そしてソングライターとして、超一流である。彼。
ステージを観ていれば、分かる。ギターソロの後ろでヌンチャクを振り回すオーケン、かっこいい。


MCで「苗場をインドにしてやろうじゃないか」との声で始まった「日本印度化計画」。
この曲、大学時代の先輩がコピーしていた曲で、思い出の曲。
「にほんをいんどに?」「しってしまえ!」ってやれて嬉しかった。

周りの人達、ライブ中はずっと笑顔だった気がする。
お決まりのコール入れたり、飛んだり、MCに手叩いて笑ったり。
音楽は切実な自己表現の手段足りえる一方で、人を幸せな気分にさせることも出来る。
彼らのライブを観ていて、素直に、あー楽しいなって思った。

オーケンがラストの方のMCで、俺達はアウェーの地でライブをやり切った。
だから次は君達にとってのアウェー、筋少のライブに来てみないかー、なんて言っていた。

かっこえー。
こんなライブやり続ける限り、筋少はどんどん新しいファンを掴んでいくことだろう。
バンドブーム期の数少ない生き残り。彼らのキャリアは伊達ではなかった。


ちなみに筋少の後にライブをやったのが、メルヴィンズ。
筋少とは全く正反対の、激烈にストイックなステージで、このコントラストがまた良かった。

右利きのドラマーと左利きのドラマーが鏡写しのように同じフレーズを
ツインドラムで叩いてるだもんな…。
しかも変拍子いっぱい交えて。ギターのリフも重くて鋭くて、何か凄いもん見たって感じだった。

こちらは世界的に影響を与えた人達だもんな…。あのカート・コバーンにも…。
ほんとキャリアの重みっていうものを実感しました、この日は。


B002EBDNNO猫のテブクロ
筋肉少女帯
トイズファクトリー 2009-08-19

by G-Tools



筋肉少女帯 「日本印度化計画」 再結成武道館LIVE。
この曲の橘高のギターソロがたまらなく好きです。エディのキーボードアレンジもいいです。
観客も大盛り上がりで、とても楽しそうです。



筋肉少女帯 「日本印度化計画」 PV?
かなり昔の映像です。くだらない、だが、いいです。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。