スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bon Jovi 「These Days」

僕らの世代で中学、高校と洋楽を聴き始めた人間にとって、
ボンジョヴィは誰しもが通る道ではないのかなと思う。
高校時代に『These Days』が出たときに、周りでこのアルバムを買っている人間は多かった。

と言ってもボンジョヴィのアンセムはやはり、
「You Give Love A Bad Name」「ivin' On A Prayer」である訳で、
『These Days』は地味な曲だらけで通して聴くには少し辛いアルバムだった。

実際今でもこのアルバムを通して聴くことは無い。
決して悪くはないのだけど後半の地味な曲調は辛い。
しかしタイトルトラック「These Days」だけは、折に触れて良く聴いている。

These days - the stars seem out of reach
These days - there aint a ladder on these streets
These days - are fast, love dont last in this graceless age
There aint nobody left but us these days

デヴィッドによるピアノの美しい旋律で幕を開けるこの曲は、切ない。
ジョンのボーカルは、とにかく切ない。
充分過ぎるほど成功を収めた人間が、
何故このようなネガティブな曲が書けたのか不思議である。

過ぎ行く時は早く、愛なんて長くは続かない。
結局頼れるのは自分でしか無いのだ。

この曲には最後まで救いはないんだけど、
ここまで言い切ることが救いなのだろう。
格好いい。

あのような能天気に見えるバンドの側面が凝縮された名曲。


B00005FGKIジーズ・デイズ
ジョン・ボン・ジョヴィ
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1995-06-12

by G-Tools


Bon Jovi 「These Days」PV
http://www.youtube.com/watch?v=1Ur4gUnbyoQ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。