スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE HIGH-LOWS 「ロッキンチェアー」

久しぶりに聴いたハイロウズ。

大学時代に色々とつるんでいた方々と遊びに行く。
某県の山中へ。そして当然の如く、昼から飲む。
あの面子が集まって面白くないわけがない。一日中笑い続けてたのは久しぶりかも。

飲んでる途中に先輩がおもむろにBGMとして色んな曲をかけていた。
その中にハイロウズ。懐かしいー、と。

調べてみると、「ロッキンチェアー」が出たのは1996年らしい。もう13年前だ。
時間の流れって恐ろしすぎる。

しばらく聴いていない曲を聴くと、その曲を聴いていた当時のことを思い出す。
基本的に写真がずっと好きじゃなくて、過去の写真を殆ど取っておかなかった僕にとっては、
音楽が写真でいう「アルバム」の代わりであったりするのだ。


初期ハイロウズの曲って、出た当初は複雑な気持ちだった。
意味が分からない歌詞、メッセージ性の無い歌詞。
でも曲と演奏は明らかに最高。

こんな曲たちを前にして、少年時代の僕はどういう立場を取っていいのか分からなかった。
単純な二分論に傾倒しがちな少年は、
ブルーハーツは好き、でもハイロウズはメッセージ性がないから好きじゃない。
そんなスタンスをとってみようと気取ったのであった。

でもそれは間違いだった。
好きなものは好きなんだ。その感情はそのままにしておいていいものなのだ。
大学時代のあるとき、そんな結論に至ったのである。

時間だけは湯水のようにあった時代に。


B00005FDP2Tigermobile
THE HIGH-LOWS 甲本ヒロト 真島昌利
キティ 1996-12-06

by G-Tools



THE HIGH-LOWS 「ロッキンチェアー」
どっかの番組の収録ライブのようです。かっこよすぎ。
ブルーハーツでは出来ないギターリフ主導のロックンロール。
鉄壁なリズム隊の上で、マーシーのギターと白井さんのキーボードが踊ります。




THE HIGH-LOWS 「ロッキンチェアー」
Mステ動画のようです。
TV収録は「カラ演奏」であることを逆手にとった素晴らしいパフォーマンスです。
パンク精神を感じます。




ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。