スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZAZEN BOYS 「Honnoji」

日本人にしか出来ない音楽がある。

幻想かもしれないけど僕はそう思っているし、実際そういった音を出していると思うバンドが、
日本にはたくさんいると思っている。

その一つがZAZEN BOYS。
僕が最もライブに行っているバンドの一つ。


初期からして色んなことやってるんだけど、
ダンサブルなビートにお経系ラップを乗せたようなスタイルの曲が僕は当初好きだった。
しかし、このスタイルは時を経て封印されるようになる。

メンバーの入れ替りを伴いながら音楽性は急速に変化していき、
変拍子をかなりの割合で取り入れるようになり、
ギターロックではなくキーボード主体のメロウなファンク調の曲が増えた。

そんな音楽的変化を遂げる過程の中で、
『ZAZEN BOYS?』をはじめて聴いたとき、これはもう俺の好みじゃねーなって、最初は思った。

ナンバーガールから入った人間は、「向井=ギターロック」の幻想を捨てきれない。
テレキャスをかき鳴らして、叫んでこそ向井だと。

しかしながら何回か聴いていくうちに、彼らの音楽の奥深さに戦慄を感じていったのを覚えている。
不思議と。耳に馴染んで、中毒状態。
何ていうかハマると骨の髄までどっぷりハマる、本当に変なバンドなのだ。
他に形容すべきバンドは無いし、世界的に見ても唯一無二の存在であると思う。

『ZAZEN BOYS?』の一部の曲で実験的に進められた方向性は、
『ZAZEN BOYS4』にて更に推し進められている。
カシオのギターパートすら無い曲もあり。もはや何でもありの様相。

一方でリズム隊の存在感は増した。とにかく色々なことをやっている。
日向の派手なベースも良かったけど、一郎の堅実に跳ねるベースのノリもまた良い。
松下敦に関してはもう脱帽。この人のドラムはおかしい。すごすぎる。

ただ、音楽面では急激な変化を伴っているんだけど、
向井が曲に描き出す世界観に限っては大きく変化していない気がする。
「繰り返される諸行は無常」だ。人間世界は儚い。
この人の狂っているような歌詞世界は本当に癖になる。頭の良い人だ、ほんとに。


と、まあ淡々と言葉を連ねてる訳だけど、
とにかくこのバンドは凄いということを、表現しようとしたらこうなってしまった。

座禅はちょっと前に海外でライブやってきたみたいだけど、
海外でもインパクトのあるバンドとして通用すると思う。
もっと海外に出て活動する姿を見てみたい、なんて勝手に思ったり。

そして俺は本能寺で待ってる。

何でこんな曲作れるんだろう…。
まさに変態による変態のための音楽だな。


B001E1TLZEZAZEN BOYS4
ZAZEN BOYS
インディーズ・メーカー 2008-09-17

by G-Tools



ZAZEN BOYS 「Honnoji」 LIVE



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もそう思います、やっぱり日本人にしか演れない音楽って、きっとあると思います。
逆もまた然りだと。何がそうさせるのか分かりませんが、これが民族性ってやつなのでしょうか。
音楽に限らずなのですが、○○にしか!っていうのは、何かありますよね。
不思議です。

Honnouji>
画質と相まって、変態度が半端ないです……

Re: No title

○○にしか!っていうのは、音楽に限らず何でも確かにあるんじゃないかなーって思います。

土着的な風土なり、無意識の観念なりが、育ちの中で染みこんでいって、
結果的に表現されるものが、その影響を受けた形で出てくる。
どれだけ抵抗しようとしても、決してそこから逃れることは出来ない気がします。

例えば記事で書いたZAZEN BOYSなんかは、その点を確信犯的に自覚して、
日本的な旋律や、祭囃子のリズムを取り入れた曲を作っています。
ベースにあるのはあくまで海外で生まれ育ってきた
ツェッペリン的なロックであったり、ファンクであったりするんですけど。

日本の音楽って浪曲とか民謡を除けば、基本的に全てミクスチャーなんだと思います。
だからこそ、ロックやブルースの本場であるアメリカやイギリスのバンドには作れない音楽を、
日本人は作りえるんだろうなって、僕は勝手に理解しています。

無理に残す必要はないけど、世界中に存在する民族性って凄く貴重な存在なんだと思います。


座禅はほんと変態なんでハマるとほんとにハマりますよ。
おすすめです。
蛇足ですが、「I Don't Wanna Be With You」という曲のPV貼ってみます。

このPVも変態的でいいんですよねー。
2:30~2:50のあたりの向井氏の表情がたまりません。

http://www.youtube.com/watch?v=aP1-i6CObeo

No title

はじめまして、結構色んなジャンルの曲を聴いていらっしゃいますね。私の好きなバンドもいくつかあったのでコメントさせて頂きました。

私も、音楽が好きで色んなジャンルに触れますが、やはりいろいろ影響は受けますね。気分によって聴きたい曲も違うし。

また、遊びに来ます。私のブログで自作の曲もアップしてますのでよろしければ聴いてやってください。

Re: No title

こちらこそはじめましてー。コメントありがとうございます。
kaBOTSさんの曲聴かせて頂きました。

特にベース音の隙間が無い曲が好きだったりします。5曲目の曲です。
スネア音入れるタイミングもいいですねー。
これからも訪問させて頂きます。

実は私、SONYの「ACID」というソフト使ってループ組んで、
そこに歪みギター乗せて作曲やってた時代があったんです。
私のものより完成度高いです。

めっきり作曲はご無沙汰になってしまったんですが、
いつか時間を作ってまた曲作りしてみたいなーって思いました。
ありがとうございます。

勝手ながらリンク貼らせて頂きますね。
これからもよろしくお願いします。

No title

お褒めの言葉ありがとうございます。
私もリンク貼らせて頂きました。ACIDで作っていたんですね。名前は聞いたことがありますよ。
また、曲作ったら聴いてください。

Re: No title

これからもサイト訪問させてもらいますねー。
今後の曲作り楽しみにしています。

No title

こんにちは。
遅れましたが、NANO一日目行ってきました。
本当に楽しくていい雰囲気のフェスで、
来年も行きたくなりました。

ZAZENは日本の宝ですよね。
あっぱれ変態ですw

Re: No title

ライブリポ読ませてもらいましたよ。
読んでいてすごくいいフェスだったんだなーって伝わってきました。

個人的にそこまで知らないんですけど、アジカンの方々ってすごくいい人っていうか、
音楽が好きで来てくれる方々を大事にしているというか、そんな印象を受けました。
今でも純粋に音楽ファンなんでしょうね。マニックスの件にまつわる払い戻しの件とか。

ファン目線じゃないと、出来ないことだと思います。
なんかちょっと感銘を受けました。
お金と相談ですが、面子次第では来年僕も行ってみたいです。


ZAZENいいですよね。
彼らいわく、日本人の80%以上が変態とのことです。
プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。