スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blue Hearts 「青空」

20年も前の曲にも関わらず、
未だにCMなどで流され恐らく殆どの人がこの曲を知っていると思う。
マーシーの批判精神が昇華された名曲である。

生まれた所や皮膚や目の色で
いったいこの僕の何がわかるというのだろう

ブルーハーツは普通の人が口には出せないことを平気で歌詞にしてしまう。
言葉に出来ない、でも感じていること、
それを音楽と言う形で代弁してしまい、しかも格好良くしてしまう所が彼らの凄いところである。
僕も含め若い人間に共感が広がっていったのは必然的であったと思う。

20年の時を経て尚、ブルーハーツが書いた曲は僕の胸を撃つし、
且つメッセージが普遍的だからこそ、今でも曲が使われるんだろう。

メロディーも素晴らしく、ヒロトとマーシーのハモリは鳥肌モノの格好良さである。
この曲アコギでコピーした人はかなりいるのではないか。
少なくとも僕の大学時代、周りで歌っている人間は少なくとも10人以上いた。

ブルーハーツの素晴らしさは、音楽的には単純でシンプルでありながら、
彼らにしか出せない唯一の音を出していることにもある。

北海道の平和で静かな牧草地帯で青空を見上げたとき、こんなことを考えていた。
こんなに綺麗な青空だけど、
遠く離れた空の下では、空爆が行われ、地上では兵士たちの殺戮が行われている。
本当にこの空は世界と繋がっているのか。

こんなはずじゃなかっただろ?
歴史が僕を問いつめる
まぶしいほど青い空の真下で

ヒロトの歌声が頭の中を巡っていた。


B00005EYGKTrain-Train
THE BLUE HEARTS
トライエム 1988-11-23

by G-Tools


The Blue Hearts 「青空」


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。