スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Bloody Valentine 「Sometimes」

俗ではあるけど、今年に入って点数の付く試験を受けることにしたから、
その勉強時間確保を優先して、ブログの更新が滞っています。
来月の終わり頃には、少なくとも昔のペースで更新したいなーと思っております。

最近はあらゆる面で不調もいいところ。
表面上は取り繕ってはいるけど、上司との関係は悪化する一方で、面倒臭い。
会社内の雰囲気も業績の絡みで凄く良くない。

自分自身の体調も今年の冬は、良くなったかと思えばまた悪化の繰り返し。
精神的にもキツい部分があるので、酒飲んでヤケになって悪酔い、そして体調悪化の繰り返し。

ちなみに最近、自分のスマホがコネクタ不良起こして、電池の充電が満足に出来なくなっていた。
だましだまし使っていた訳だけど、最終的に昨日、彼は全てのエネルギーを使い果たし、
全ての充電行為に対する返事も無く、息を引き取った。

自分の今の状況を凄く暗示していて、上手いこと起こるもんだと感心した。

あらゆることに手応えがない。
あれだけ自分の中に宿っていた様々な熱量が薄れていくのを感じる今日この頃。

まー、別に深刻に考えてはいなくて、暖かくなって、また4月から新しい何かが始まれば、
自然に上手くやっていけるようにはなると思うんだけど。
そのためには3月の試験は頑張ろうって訳です。


随分と前のことのように思えるけど、今月、My Bloody Valentineのライブに行ってきた。

決して自分はマイブラの熱烈なファンではない。
彼らがリアルタイムで活躍していたのは90年代前後であって、自分のリアルタイムからは外れている。
Stone Rosesは90年代中盤にも活動していたから、その流れで今まで聴いてきたけど、
マイブラの場合はそこで断絶しちゃってるから、少なくとも90年代に僕は彼らの音楽を聴くことはなかった。

社会人になって、これもきっかけは覚えていないけど、Rideを聴くようになって、
その流れでMy Bloody Valentineも聴くようになった。勿論名盤と誉れ高い『Loveless』を。

確かにそこで鳴らされているギターの音はとても美しく、かっこいいと思った。
リアルタイムで聴いていたら相当インパクトあったんだろうし、
歴史的名盤と形容されるのも、何となく分かった。

単純にかっこいいし、面白いアルバムだったので何回も繰り返し聴いて、
『Isn't Anything』も聴くようになって、それなりにマイブラの良さを堪能できるようになっていった。

ただ、そこには決して熱烈に彼らを渇望する、という感情は生まれなかった。
自分がリアルタイムで聴いていたStone Rosesに対するような感情は、決してそこには生まれなかった。
音楽の善し悪しではなくて、思い入れの深さと時間の問題。

2008年フジロックに彼らが出演することは当時大事件として報じられていたけど、
当然ながら自分は彼らのライブを凄く観たいとは思ったけど、
所謂本物のファンの方々ほどの渇望感は決してなくて、
自分にとってはあのバンドがどんなライブをやるんだろうという興味の方が大きかった。

ただ、あのときのライブはとんでもなかった。


トリ前に出演したKasabianのときからすっげーうるせーと思っていたけど、それ以上の大轟音。
レッドマーキーでFeederのライブを観てからグリーンステージに移った自分の感想は、まずそれだった。
そして思ったのが面白いくらいに、突っ立っている観客が多い。呆然としているというか。

でも自分もそんな観客の一人になった。
とにかく轟音を身体全体で受け止めながら、ただステージ上で繰り広げられる光景を、
呆然と突っ立って見つめる人間の一人となった。

実は新木場のライブもそうなんだけど、彼らのライブのことを、
少なくとも自分の能力では、言葉で決して伝えることが出来ない。

決してノレない、のではなくて、身体が動かない。
そんなイメージ。

ただ、ドラムとベースのリズム隊はCDより全然躍動していて、かなりかっこいいと思った。
明らかにライブの方がマイブラはノレる。ダンスっぽい16のビートの曲もある訳だし。
たぶん素直に没頭すれば、きっと身体を動かしながら聴くっていう楽しみ方も出来るんだろう。

そしてやっぱり凄いなーと思ったのが、ケヴィンとビリンダのギター。
アームをギュインギュインいわせながらのカッティング。
彼らの奏法については少しは知っていたけど、やっぱり本家本元のオーラを感じた。
そして歪みの音も自分が普段聴くようなものとは大きく異なる質感だと思った。

何より夜中の苗場というシチュエーションはマイブラのライブにあまりにもハマり過ぎていて、
美しい轟音が深遠な山々に吸い込まれていくというか、凄く神秘的なライブだった。

あのライブを観た人ならきっと誰もが語るであろう
「You Made Me Realize」でのノイズ洪水は本当に凄かった。ただ黙って突っ立っているしかない。
鼓膜を破壊しにきているんじゃないかと思うくらい、攻めの轟音だった。

あの音に何の意味があったのか、当時はよく分からなかったし、今でもよく分からない。
ただ、マイブラが残したインパクトは自分の中ではかなり大きく、
大きく胸の中に傷跡を残すことになった。

フジロックでのライブは「伝説」と形容されることも多いけど、確かに伝説だったんだろうなと思う。
とにかくインパクトは絶大だった。凄いライブだったと思った。


そんな体験があったから、今年のライブもまた観てみたいと思った。
広大な野外ステージではなく、小さなライブハウスだとどんな印象を受けるんだろうかと、楽しみにしていた。

結果としては、フジロックでの体験を追体験することが出来た。
ただ、それ以上でもそれ以下でもなかった。
実際ライブのセットリストはフジロックのときと殆ど同じだった訳だし。

でも、ライブハウスでの彼らのライブを観て、決してマイブラのライブの神秘性は、
フジロックというシチュエーションに依存していた訳ではなく、正にバンドが奏でる音と、
バンドそのものにより生まれていたものだということが、改めて証明されたように思えた。

さっきも書いたけど、マイブラのライブのことを言葉に現すのは難しい。
もう少し深く彼らの音楽を聴いていれば全然違うんだろうけど。

少なくとも、でもまた彼らのライブを観れて良かった。
そしてまた5月にTokyo Rocksで来日する彼らのライブを、また観たいと思っている自分がいる…。

いつかライブでやってくれなかった「Sometimes」を聴きたい。てかこの曲が一番好き。
ムシャクシャした気持ちになったとき、この曲聴くと、落ち着く。
美しいとしか言いようがない訳であります。


(セットリスト)2013/02/10 新木場Studio Coast
I Only Said
When You Sleep
New You
You Never should
Honey Power
Cigarette In You Bed
Come In Alone
Only Shallow
Thorn
Nothing Much To Lose
To Here Knows When
Slow
Soon
Feed Me With Your Kiss
You Made Me Realize


B000002LRJLoveless
My Bloody Valentine
Sire / London/Rhino 1991-11-05

by G-Tools



My Bloody Valentine 「Sometimes」
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Cyndi Lauper 「Girls Just Want To Have Fun」

久しぶりの更新。
リハビリがてらの変な記事、いつもながら勘弁して下さい。


今年のサマソニ、個人的にかなりいい感じ。
メタリカ、ミューズにストーンローゼス。そしてシンディローパー。
自分を含め、上の年代の方々にはたまらないメンツが今のところ発表されているように思う。
これはソニマニ含めて全日行かないとって感じになるかもしれない。
http://www.summersonic.com/2013/

シンディローパーって、自分にとってはWe Are The World歌っている人って印象が強かった。
小学校の頃になぜかこの曲をクラスで歌うことになって、
そんでそん時のドキュメンタリービデオを何回も見たんだけど、この人のインパクトは強かった。
鳥みたいな髪の毛に甲高い声。

マイケルジャクソンは別格として、あの当時全く海外のミュージシャンって知らなかったけど。
シンディローパーとブルーススプリングスティーンは凄く印象的だったのを覚えている。
学校帰りにみんなで物真似しながら帰ったこともあったような。

とはいえ、自分の興味は段々とロックの方にシフトしていったから、
当然ながらシンディローパーのアルバムを買ったり、借りたりして聴くようなことはなかった。

そんな日々が続いて、時は流れて18の夏。

自分は大学に入って寮生活をしていたこともあり、日々誰かに囲まれて生活していた。
あの当時、そんな生活がたまらなく楽しくて、ある意味狂乱の生活を送っていた。
あの頃は一人でいたことの記憶がないくらい、誰かと常に一緒にいた気がする。

そんなあるとき、いつものように僕は先輩方とすすきのの街に出かけて、みんなで飲んでいた。
どんなメンツで飲みに行ったのかも、どんな店に行って、どんな話をしていたのかなんて全く覚えてないけど、
でもとにかく酒を飲んでいた。

いつの間にかメンバーは散り散りになり、各々が好きな組み合わせでまた街に消えていった。
自分も自然とある先輩に誘われ、サシで飲むことになった。恐らく2時とか3時くらい。

その時に自分はとある小さなバーに連れて行ってもらった。
そしてその時に先輩が言った一言が今でも印象に残っている。
「みんなと一緒にいるのは楽しいけど、男はあえて一人になる時も必要だ」

あの時のことを文章に書き起こすのは非常に難しくて、
自分以外の人に理解されることはないと思うけど、でもこの時の言葉は自分の人生を変えた。

文面に起こすとキザなこと言ってるように思うけど、
その人はあまり人に対して自身の深い淵の部分を見せるような人ではなかったから、
こういう発言があったのが意外だった。
少なくとも僕にとってその人はそういうタイプの人には見えなかった。

その先輩はすすきので一人で飲むときには、その小さなバーに行っていると言っていた。
自分が考え事をしなくてはいけないとき、何かを決意しなくてはいけないとき、
折に触れてそのバーに行って、思索にふけって、そしてきっかけを掴んで、帰ってくるんだと言っていた。

そして寮の人間を連れてくるのは恐らく初めてかも言っていた。
今思えば疑わしい点もあるけど、そんなことはでもどうでも良くて、
僕はそこに先輩からのメッセージを感じて、ふとハッとなったのを覚えている。

あまりにも自分は流され過ぎていた。
濁流の流れの中に乗ることも必要な能力であるが、その中で強い自分を確立していくということも必要。
自分はあまりにも自分の頭で、自分のことを振り返るための時間が無かったことに気付いた。

その時のバーには、シンディローパーの「Girls Just Want To Have Fun」が流れていた。
その時に先輩は言っていたけど、この店にはCDが少ないから、いつもこの曲がかかるんだと笑っていた。

改めて自分って分かりやすいなーって思うけど、そのことをきっかけとして、
一人で酒を飲みに行くことが増えた。大体大音量でロックをかけている店だった。
そういうところで知り合った人もいたし、ひたすらに飲みまくって一人で潰れることもあった。

強い自分に辿り着けたかは別として、でも自分のことについて考えるようになった。
一人で酒を飲みに行くと、否が応にも自分との会話を迫られる。
将来何やるんだってことまで全く結論は出なかったけど、でも自分が目指したい姿、あるべき姿といった、
そんな行動指針のようなものは今でも変わってない部分もあるから、それなりに有効だったんだと思う。

その先輩が卒業していなくなって、改めてそのバーに行ってみたけど、
やっぱりそのバーでは「Girls Just Want To Have Fun」がかかっていた。
その頃には僕は、シンディローパーの代表曲なら殆ど口ずさめるようになっていた。

当時、バリバリのメタラーだったはずなのに。


更に時が流れて2007年のサマーソニック。
この年のサマソニも面白かったんだけど、
マニックス、モーターヘッド、シンディローパーが被るという超絶的な状況に。
http://www.summersonic.com/07/lineup/timetable_12tokyo.html

結局自分は昔の思い出があったシンディローパーのライブを選んだ。
フェスって機会じゃないと、もうライブ観ることないかもしれないしって。

その時のライブはとにかく素晴らしかったという印象しかない。
だいぶシンディはオバちゃんになっていたけど、やっぱりボーカリストとしての能力、
そしてパフォーマーとしての能力は別格だった。

あのポップス全盛期の80年代に時代を作ったミュージシャンは凄い。
改めて古のミュージシャンの底力を見た。
彼女に思い入れなくライブを観た友人も、しきりにすげーすげーって言ってたし。

「True Colors」「Time After Time」のバラード二曲に感動したんだけど、
ラストにはやっぱり「Girls Just Want To Have Fun」が。

勿論ライブ自体素晴らしかったんだけど、この曲を聴きながら、
自分の昔の思い出が蘇ってきて、涙が出そうになった。あんなに楽しい曲なのに。

音楽には昔の記憶を蘇らせる効能がある。改めてそう思った。昔の思い出の写真のように。


今年もしシンディローパーを観たとしたら、自分はどんな想いを抱くんだろう。
あれから時が経ち、自分はもう33歳。よくもここまで生きてこれたもんだ。

ちなみにメタリカやミューズとシンディを被せるのだけはやめて下さいね。クリマンさん。


B000025RYDTwelve Deadly Cyns... and Then Some
Cyndi Lauper
Sony 2010-08-31

by G-Tools



Cyndi Lauper 「Girls Just Want To Have Fun」
80年代センス爆発って感じ。やっぱりいい曲だと思います。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。