スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Entombed 「Wolverine Blues」

最近のお気に入りのアルバムの一つがEntombedの『Wolverine Blues』。

エントゥームドと言えばデスメタルのパイオニア的な存在。
デビュー作『Left Hand Path』にて、デスメタルのメッカであるフロリダと共振するかのように
いきなりスウェーデンにおいてデスメタルシーンを打ち立ててしまったバンド。

デスメタルって創世期はアメリカと、何故か北欧のスウェーデンが、
互いに影響を与え合いながら発展してきた音楽っていうのが面白い。
当時の音楽シーンに共通項なんて何もなかったように思えるのに。

北欧にはブラックメタルやらメロディックデスメタルやら、
エクストリームで且つオリジナリティある音楽を創出する土壌があるんだろうと思う。
メランコリックで陰鬱な雰囲気は、やっぱり気候的なものが多いんだろうな。
でもABBAみたいなグループもいるし。北欧、懐が深い。

ちょっと話外れたけど、そんな北欧のデスメタルバンドだったEntombedだけど、
3作目にして、いきなりデスメタルのパイオニアという看板を外すという、
これまた大胆な決断を示すことになる。それが『Wolverine Blues』というアルバム。
1993年のこと。随分昔の出来事。

このアルバムのリリース当初は非難の嵐だったらしい。
それも頷ける変わりっぷり。

デスメタルの名残は当然ながら随所に見られるんだけど、
もはやデスメタルとは言いがたい音楽性に変化している。
地位も名声も得た当時に、こんな実験的なアルバム作ったことは、本当に賞賛されるべきだと思う。

ちなみに、このアルバムの音楽性を評して「Death 'n' roll」と形容されることがある。
言葉の通り、デスメタルをロックンロールさせましたーってことなんだけど、
凄くこの言葉、かっこ良くて好きだ。言葉の響きの無理やり感が好き。

とはいえ、このアルバム、そこまでロケンロールしている訳ではなく、
どちらかというとこのアルバムはミドルテンポでスイングする重い曲が多い。
グルーヴィーなリフで構成される楽曲に対して、やっぱり連想するのがBlack Sabbath。

折りしも当時のアメリカではグランジの嵐が吹き荒れている時期で、
サバス再評価の時期とリンクしているように感じられるのが面白い。
ここでも遠くアメリカとスウェーデンがリンクしてるのかも、なんて。

また、Earacheのレーベルメイト、Cathedralの影響は少なからずあったのかなと想像する。
彼らが提示したドゥームメタルって、やっぱりエクストリームな音楽やってる人達にとっては、
凄く新鮮で衝撃的なものだったと思うし。

このアルバム、ギターの音作りの生生しさは
この当時としては特筆すべきレベルだったんじゃないかと思う。
今聴いてもこの音の厚みと重さは素晴らしい。

ねちっこく弦の奥底から音が鳴っているのが感じられる。
単にディストーションでごまかしただけの重さじゃない。

スネアが強調されたドラムの音もかなりかっこいい。
ライドを初めとしたシンバル類の鳴りに関しても文句なしだし、
このアルバムの録音とミックスは本当に素晴らしいと言うよりない。

元々Entombedは楽曲の素晴らしさもさることながら、音作りで賞賛されていたバンド。
こういった音楽性の変化に対応した新しい音作りってのも、
彼らの技量をもってすれば、簡単なことだったんだろうなと思う。

当時のドラマーは、あの爆走ロック野郎、ニッケ・アンダーソン。
このアルバムを経て、1994年に彼自身がギターボーカルを取るHellacoptersを結成。
結局彼はヘラコプターズに専念するようになって、エントゥームドを脱退という流れになっていく。

ヘラコプターズの音を聴いた耳からすると、『Wolverine Blues』って
ニッケの趣味全開で作ったアルバムなんじゃないかって思えてしまうんだけど、
曲のクレジット見ると、他のメンバーも半分くらい曲書いてるし、
きっとバンド総意としての音楽性の変化だったんだろうなと思う。

ちなみにこのアルバム、Carcassの『Swansong』に多大な影響を与えたことは間違いない。
このアルバムも『Heartwork』続編を期待していた方々からは大不評だったみたいだけど、
自分はとても好き。あのままカーカスが続いていたら、
きっと重要な意味を持つアルバムになってたんじゃないかって思える内容だったと思う。

Entombedが提示した「Death 'n' roll」は、
結果として大きなシーンの流れを作るまでには至らなかった訳だけど、
彼らが提示した音はきっと、Carcassを初めとして様々なバンドに影響を与えていたことは間違いない。

意外なところではConvergeなんてところも。
彼らは「Wolverine Blues」をカバーしていて、
何と2009年の日本公演ではこの曲をラストに披露するなんてことやってたらしい。
確かにウィキペディア見ると、影響与えたバンドにEntombedが入ってる。

メタルよりもハードコア界隈の方々に与えた影響の方が大きいバンドなのかも。

以上、Entombedの『Wolverine Blues』はおすすめなのであります。


B0000259M5Wolverine Blues
Entombed
Earache 2008-01-13

by G-Tools



Entombed 「Wolverine Blues」



Converge 「Wolverine Blues」
こちらはConvergeによるカバー。原曲に忠実な感じ。
ジェイコブ・バノンのボーカルが、かなりかっこいい。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Terrorizer 「Fear Of Napalm」

ここ最近、デスメタルをよく聴いていたこともあって、
そのルーツはやっぱりグラインドコアだということで、
ここら辺の音楽を再チャレンジしてみようということで、色々と聴き漁っている。

学生の頃、過激な音楽を追求していった訳だけど、グラインドコアの良さは当時はよく分からなかった。
どれも同じような曲に聴こえるってのがその理由で、ただうるさいだけの音楽に思えた。

デスメタルも似たようなもんだけど、作り込まれた故の整合感は感じられたし、
やっぱりギターソロが入っているってのも大きかった。ギターソロがメロディの欠如を補完するというか。
ギターソロの挿入ってのは様式美ではあるんだけど、アクセントになっているのは間違いないし。

ただ、こんな記事を偶然読んだこともあって、
Cannibal Corpse、Exhumedのライブでブラストビートの洪水を浴びたこともあり、
また興味が沸いてきて、グラインドコアに挑戦してみようと思った。

http://www.extremethedojo.com/feature/index.cgi?no=6
http://www.extremethedojo.com/feature/index.cgi?no=7


グラインドコアといえばNapalm Deathなんだけど、
彼らに影響を与えたのが日本のS.O.Bだってことも面白い。
80年代の日本のハードコアって、海外でも評価されていたみたいだけど、
実際にシーンに影響を及ぼしているんだから凄い。

とはいえ、改めて聴いてみてもNapalm Deathはやっぱりそこまで好きにはなれなくて、
でも、名盤と誉れ高いTerrorizerの『World Downfall』は気に入った。
あのMorbid Angelのデヴィッド・ヴィンセント、ピート・サンドヴァルが組んでいたバンド。

その後Napalm Deathに加入することになるジェシー・ピンタードも在籍していた
振り返ってみれば「伝説の」バンドと呼べるバンド。

『World Downfall』は最近まで聴いていなかったのが本当に勿体無いと思える内容で、
確かに名盤と呼ばれるのも納得の素晴らしいアルバムだった。
メタル好きよりも、ひょっとしたらハードコアパンク聴く人の方がハマる音かもしれない。
自分もハードコアパンク聴くようになったから、グラインドコア聴けるようになったのかもしれないし。

『World Downfall』にはギターソロは一切入っていないし、
メタル特有の開放ミュートを使ったリフは殆ど使われておらず、
ひたすらパワーコードのバッキングでギターは押しまくる感じ。
彼らのルーツはメタルではなく、ハードコアパンクにあるのを如実に感じる。

ボーカルはちょっとデス入ったガナリ声。
グラインドコアのボーカルスタイルのルーツがどこにあるのか分からないけど、
このアルバムのボーカルはデスメタルって言ってもいいような気がする。

Napalm DeathもS.O.Bもグラインドコアからデスメタルに音楽性を傾倒させていった訳だけど、
この二つのジャンルって、やっぱり表裏一体なんだろうな。

当然ながら普通に聴いていても『World Downfall』はとてもかっこいいんだけど、
でもやっぱりこのアルバムの聴き所はピート・サンドヴァルのドラム。

ちなみに、BURRNでのインタビューで彼はこんなことを語っていたらしい。

Terrorizerのアルバム(World Downfall)を作った時はまだ貧乏で、
ツーバスを買えなかったからあのアルバムはワンバス・ワンキックで録ったんだ。
Morbid Angelに入ってから初めてツーバスに触ったんだけど、最初は慣れなくて大変だったよ。

えっ、このアルバム、シングルペダルで録音したの…!?

是非ドラム経験ある人にこのアルバムはじっくりと聴いてもらいたいんだけど、
これがシングルペダルで生み出されるビートなのか…と、あっけに取られること間違いなしです。
1989年という時代にこんな変態的なことやっていたのが凄い。

確かにMorbid Angelで聴けるドラミングよりも荒々しさは数倍って感じで、かなりかっこいい。
整合感よりも勢いで突っ走る感じ。唐突に挿入されるバスドラの三連打や、
ツーバス並みの高速連打を耳にすると、悶絶すること間違いなしです。

メロコアなんかでもツインペダル使わないで
シングルペダルで叩ききった方が疾走感出るとよく言われるし、実際そう思うんだけど、
このアルバムで聴ける効果ってのは、全く同じもの。

とにかくこのアルバムでは足技に驚きまくりなんだけど、
更にこれでもかと炸裂する高速フィルインの嵐。
手数という部分でも化け物ドラマーっぷりを遺憾なく発揮しております。

このアルバム好きなドラマーさんと語り合いたい。そう思えるようなアルバム。

勿論ドラマーじゃなくてもかっこいいリフが目白押しで、グラインドコアはちょっと…っていう
メタル好きやハードコアパンク好きの方々にも聴いてもらいたいアルバム。
90年代前後のエクストリームミュージックってやっぱり面白いなー。


B00002474HWorld Downfall
Terrorizer
Earache 2008-01-13

by G-Tools



Terrorizer 「Fear Of Napalm」
アルバムで一番好きな曲。イントロのベースとギターリフがめちゃめちゃかっこいい。
そしてワンバスとはとても思えないドラミング…。よくあんなバスドラ入れられるもんだ。
Morbid Angelでは聴けない荒々しいドラムがたまらなくかっこいい。



Terrorizer 「Strategic Warheads」
0:50からのバスドラ連打フレーズなんて、シングルで叩いているとは思えない…。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。