スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radiohead 「Karma Police」

見出しを見て、久しぶりに週間ダイヤモンドを買った。
買って良かった。面白かった。
http://dw.diamond.ne.jp/contents/2012/0609/index.html


>サムスンが日本のエンジニアの引き抜き攻勢を本格化させたのは1997年のこと。
>李健煕会長が掲げた「ジャパン・プロジェクト」により、
>日本の設計思想や技術をキャッチアップし、開発スピードを上げてきた。

韓国メーカーが日本人技術者を引き抜いているのは有名な話だけど、
技術者に対して、年俸手取りで3500万円なんて提示があるとは知らなかった。
自分の周りにも韓国系メーカー行った人いるけど、責められんわ。
日本の企業で頑張っても、大した対価もらえる訳じゃないし、やりたいことも出来ないしね。

>「三洋電機出身者からすれば、買収されたら奴隷のように扱われるという恐怖すらあったようだ」と
>ハイアールの関係者は振り返る。
>「ジリ貧だった開発費も豊富になり、新しいチャレンジができる」というムードになっているという。

中国という国は信用出来ないけど、企業経営という面では文化の尊重に気を使ってるみたい。
日本だと業績悪くなると、すぐ開発費削られるから、
技術者としてやりがいを失うケースが多々あるんですよね。
例え中国企業傘下にあっても、技術者としてはやりやすそうだし、楽しそう。

(ハイアール社副総裁コメント)
>日本の家電メーカーの消費者に対する理念は素晴らしい。
>その理念がすべての社員に徹底しており、技術力も一流だ。
>これは日本の企業が誇る大きな財産だ。

「すべての社員」「技術力も一流」という言葉に引っかかりはあるけど、
このコメントは日本の強みを評する上で、正しいと納得する。

(ハイアール社副総裁コメント)
>一方で、経営はどうかというと、チャレンジ精神をあまり感じない。
>これは一流とはいえない。二流だ。
>さらに組織運営や管理となると三流だ。

なんで外の方にこんなに見抜かれるんでしょうね。
全くその通りだと思います。激しく同意します。
結局、経営はリスクを背負えないから、決断できない。対応が後手に回る。
リスクを伴うチャレンジを追求する風土が、失われていく。

(ハイセンス社総経理コメント)
>戦後日本の成長を引っ張った、がむしゃらに働く人たちは、いなくなってしまったようだ。

いや、いるんですよ。それが実を結んでいないだけで。
固定費削減の旗印の下に、特定部署の人員削減は進み、労働時間が異常な部署が増えている。
一方でがむしゃらに仕事をしたくても、経費削減の名の下にやりたいことも出来ない人がいる。
色んな矛盾を抱えているのが、今の日本の技術者の労働環境だと思う。

>今春、(家電)3社はいずれもトップ交代に踏み切った。
>しかし、前任者の責任は明確にされず、数々の"失敗"は総括もされていない。
>それどころか、ソニーの○○前会長は取締役会議長、パナソニックの○○社長は会長、
>シャープの○○前社長も会長として残った。

自分を社長にしてくれた人間を前にして、前任者の経営を正面から否定できるのだろうか。
潔く自ら一線を退くという美学が、日本にはあまりないみたい。
東電の件もそうだけど、よくも表世界に顔を残せるもんだよ。経営の「責任」って何なんでしょうね。
一度の失敗が許される一般社員じゃないはずなのに。社員にはその失敗を責め立てるくせに。

>2000年以降の家電3社の「失敗の本質」は、あえて一つに絞るならその"近視眼"に尽きる。
>足元の利益に安住し、経営リスクを取った"遠距離"の戦略に踏み出さなかったことで、
>後追いをしてきた韓国勢のさらに後追いをするという失敗が繰り返されている。

自分のような一般社員も含めて、日本企業の凋落は全ての人間に責任がある。
それでも明らかに、経営の責任によるところが大きい。自分はそう思う。

>「本当はソニーがiTunesとiPodを出すべきだったと言われるのが、一番腹が立つ」
>アイデアや技術があっても部門対立ゆえに実現しないソニーの現状に、社員はそう憤る。

組織間の縄張り意識が全体としてのシナジー効果の発揮を阻害する。
日本の色んな組織に対して当てはまること。お山の大将が多すぎるんですよね。

>「日本勢で固まって、本当に世界で勝てるのか」。ジャパンディスプレイへの参画を決める際、
>日立製作所の首脳陣の間では、そのような議論があったという。
>それもそのはず、歴史を紐解くと電機業界の国内再編は連戦連敗。

これも結局、異なる会社同士のシナジー効果が得られなかった結果によるものなんですかね…。

>幸いにして、日本企業は現場が強い。実務に近い人たちが本気を出せばやれることはある。
>往々にして、それを邪魔しているのは本社だ。会社の規模を小さくし、
>上にお伺いを立てずにやれるようになったら、必死になってパラダイム転換に挑戦する人は
>必ず出てくるはずである。

会社の規模が大きくても、海外のメーカーでやれているところはやれているはず。
日本だと何かを始めるのに、稟議やら決裁やらと、フットワークが重過ぎる。
提案しても、現場を分からない人が理屈をこねくり回して、決断もしないんだから、どうしようもない。


って、こんなことブログに書いていても仕方ないんですよね。
自分の思うところを、行動に移していかなければならない。背負うものがないうちに…。

でも、自分も背負うものが出来てきたら、
自分が非難する人達と同じように行動するようになってしまうのかな。
きっと日本の経営者の方々も、純粋な情熱を持って、
日本のために働いてきてこられた方々が殆どのはず。

それが人間ってものなのだろうか。

今の日本って、連続性の中では、きっともう変われないんじゃないかと思う。
阿鼻叫喚が訪れ、歴史の断絶が起こるとき、初めて日本はきっと変わる。
いつか血を流す覚悟が必要なのかもしれない。武器を手に取る覚悟が必要なのかもしれない。

連続性の中で日本を変えていける方法を研究されている方っていないのかな。
まだ僕達に抗える余地はあるのだろうか。知りたいことがまだ自分には多すぎる。


これからこの曲聴きながらちょっと散歩してこようと思います。

Phew for a minute there,
I lost myself.. I lost myself


B000002UJQOk Computer
Radiohead
Capitol 2000-01-01

by G-Tools



Radiohead 「Karma Police」
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Andrew W.K. 「Victory Strikes Again」

※今日はいつも以上に独りよがりな内容の記事になります。
 自分にとっての「記録」という意味合いが強いです。


四月から自分の仕事の環境が大きく変わった。

まず、全然知識も技能もない分野の仕事をすることになった。
これまでは、ある電子デバイスの開発をしてたんだけど、全くとは言わないにせよ、
かなり毛色の違う分野の開発に携わることになった。

メンバーから話を聞いていて表面的には理解した気になるんだけど、
ちょっと突っ込んだ話になると全然理解出来ない。
社会人2年目の人間と話をしても、自分の方が圧倒的に知識がない。
冷や汗を何回もかいた。先輩の威厳なんて何もなし。

続いて、あまり好きな言い方ではないけど、立場上「部下」がついた。
これまでは、工場を初めとして色んな部署の方々と連携して仕事をしてきたんだけど、
設計・技術担当としては、初めは一人の先輩と、その後はずっと一人で仕事をしてきた。
今まで後輩に色々と指示を出しながら仕事を一緒にやってきたという経験がない。

なので、いきなり部下が5人いるって言われても、
何の仕事をどうやって振ればいいのか全然分からない。
しかもその分野のことは全然素人なんで、具体的な指示なんて出せない。

自分は3月末まで、目一杯前の職場で仕事をしていたので、
次の職場に移ってからの行動について、全く準備も何もしていなかった。
少しは考えたい気持ちはあったけど、怒涛の日々の中で、
目先のことですら、考える余裕がなかった。


新しい職場に移って初日、実感したこと。
俺、何をすればいいんだろう…。

とにかく毎日色んなことが起こっていた前の職場では、新しい案件が次から次へとやってくる。
優先順位をつけて、ヤバそうな案件から手をつけていく仕事のやり方は、完全に身についていた。

でも、新しい職場では、自分の仕事がない。仕事が降ってこない。
いきなり自分の存在意義について考えさせられた。
自分で行動を起こさないと、ただの置き物になってしまう…、と。

自分は何だかんだで舐められることが嫌いである。
考え方が間違っていて怒られることは全然苦痛じゃないんだけど、
能力とか、取り組みの姿勢とか、そういった要因で、
こいつはショボい人間だというレッテルを貼られたくない。

使えない人間にはなりたくなかった。


昼休みに色々と考えて、まずは職場の現状を知ろうと思った。
メンバー一人一人と話して、これまでやってきたことの経緯を聞いた。
今期の開発テーマは既に決まっていたので、まずはまっさらな状態で、
各人がどのようにテーマに取り組もうと思っているのかを聞いた。

メンバー一人一人、自分の意見を持っていた。
そして現状何について困っているか、まずは聞くことが出来た。

実は新しい職場に行った初日に僕はDescendentsのライブに行った。
自分が部下の立場だったら、
いきなり初日から自分達より早く帰る上司ってどうなの?って思っただろうって思う。

まだ自分の仕事ってのがなかったし、自分の存在意義がそこにない居心地の悪さがあって、
早く立ち去りたい気持ちがあった。
Descendents観たかったってのが当然一番だったんだけど、
彼らのライブに行こうという後押しは、そんな背景があったのも事実だった。

実際に彼らのライブは本当に素晴らしく、自分が抱えていたモヤモヤも、
ライブ後に酒飲んで色々と考えていくうちに、晴れていくのを感じた。

当たり前のことだけど、自分の行動指針について、改めて捉え返した。

分からないことを、分かったふりをして語るのをやめよう。
分からないことは、どうすれば分かるようになるのかを考えよう。
人の力は素直に頭を下げてでも借りよう。

自分は「部下」に当たる方々の力を借りて仕事をしようと思った。
でも、チームとしての考えを決めて、上の人達にぶつけるのは自分の仕事だ。
それだけは逃げずに、やろう。そう思った。

開発の現場を見ていくうちに、特に若い連中が優秀であることが分かってきた。
たぶん放っておいても、きっと良い技術者になるんだろうって感じ。
でもその優秀な一人一人の仕事が、本当に成果として会社を通して世の中に出ていくものなのか。
その点に疑問を持つようになった。

どうも周囲のお膳立てが不足している気がした。
本人達も開発課題は明確に語れても、その開発が具体的にどのようなプロセスを経て、
世の中に出ようとしているものなのか、歯切れ良く語ることが出来なかった。

今のままでは多分、
へー凄いことやってるね、でもそれって本当にうちの会社で事業化に繋がるものなの?
どうやって世の中に出していくつもりなの?
こう言われると思った。

そのことに気付いてから、お客さんのところへ行ったり、仕入先の方々と話をしたり、
関係部署の人と話をしたりして、社外、社内からとにかく生の情報を集めた。

開発のストーリーを立て直そう。

自分が見つけた仕事はそれだった。
マーケティングとかコンサルティングの方々がするような仕事を、自分はするようになった。

お客さんのところに繰り返し訪問して、新しいお客さんのところに行くようにもなって、
段々とやらなくてはいけないことが増えた。当然ながら自分だけでは処理できないから、
「部下」の力を頼りにして、仕事を振ることになった。

プレーヤーとして、自分の強みが発揮できそうな案件は、自分で取り組むことにした。
図面を書いたり、構造設計したり、装置の構想考えたり、量産性を考慮した工程の開発であったり。
畑違いの分野でも、今までの自分の経験が活用できるところが見つかった。

とりあえず開発のストーリーの立て直しは、
まだ役員への報告が残っているけど、一区切りはついた。
そんなに甘くはないとは思うけど、これまでの感触からして、多分受け入れてもらえると思っている。


そんなこんなで二ヶ月が経った。はっきり言って、凄く長かった。
月日が流れるのは早いとずっと感じていたけど、
こんなに長く感じた二ヶ月は、ここ数年なかったと思う。
初めて経験する環境に対して、少なからずプレッシャーがあったのかなと思う。

ようやく今の職場で自分の立ち位置が出来てきたと思うので、
こっからは流れる時間が速く感じられるように、
色々と進めていければいいのかなーと思う。

とはいえ、自分はやっぱり生産に近い部署の方が向いているのかなーと感じたり。
日々ものを作って売りを立てるのがメーカーの仕事。

開発の上流で新しい製品、技術の方向付けをする今の仕事も面白いっちゃー面白いけど、
毎日生産現場やお客さんから要望が入ってくる前の職場での仕事の方が、
自分にとって向いているのかもなーって、今は思っていたりする。

ま、今は上司にも部下にも恵まれているし、今の立場で経験を積んでいくのは悪くない。
なんか恵まれてるってのが、逆に不自然なんだよなー。
新人の頃の最悪な経験が、屈折した会社観を自分に備え付けたのかも。

そんな感じの日々であります。

でも転職のことは常に考えてますけどね。

この文章を数ヵ月後の自分が読んで、どう思うのかが今から楽しみだ。


B0000AFOGN一匹狼(初回)(DVD付)
アンドリューW.K.
ユニバーサル インターナショナル 2003-08-27

by G-Tools



Andrew W.K. 「Victory Strikes Again」
いかにも幕開け!って感じの素晴らしいオープニングチューンだと思います。
前回ライブでは『I Get Wet』完全再現が終わってからの一発目の曲が、これでした。



Andrew W.K. 「Long Live The Party」
「Victory Strikes Again」に続くのはやっぱりこの曲ですね。セカンドやっぱり好きだ。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。