スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Andrew W.K. 「Party Till You Puke」

僕は日本人のアーティストを含めて、
同じアーティストのライブを短期間で2回以上見た経験があまりない。
前の来日のときのGreen Dayと今年のArch Enemyくらい。

でもどちらのライブのときもセットリストがきっと変わって、
前の日に聴けなかった曲も聴けるだろうからって理由が大きかった。
もちろん好きだから2回観に行ってるんだけど。

だけどアンドリューのライブの場合は、なんか違う感じだった。
セットリストはきっと変わらないだろうけど、でもとにかく楽しかったから、
もう一回ライブを観たいと思った。当日券買って、ライブに行った。

という訳で恵比寿リキッドルーム、横浜ベイホール。
アンドリュー兄貴のライブ、2回も行って参りました。

ライブレポートはロキノンの方が書いた内容の通りです。
さすがにプロの人が書いただけあって、あの空間で繰り広げられたショーの内容を
臨場感を損なわずに書ききっていると思います。
http://ro69.jp/live/detail/68222

ぶっちゃけ自分が書けることなんて、とにかく楽しかった、というだけである。


『I Get Wet』が出たのが10年前だとしたら、そのとき自分は22歳。
このアルバムはメタル雑誌「BURRN」にも取り上げられていたし、
CD屋行ったらおすすめコーナーに並んでいたし、自分が手に取るまで時間はかからなかった。

一曲目の「It's Time To Party」そして「Party Hard」で一気に心は掴まれ、
あっという間にこのアルバムを聴き終えたのを思い出す。
とにかく勢い重視の正にパーティーロックなんだけど、必要以上に隙間の無く音が詰め込まれた、
音の上に音が重ねられた分厚いサウンドが、すごく個性的だと思った。

メロディアスだけどハードな音楽って、なんだかんだ当時もあったと思うけど、
ここまで作り込まれたアルバムって、聴いたことがなかった。
デヴィン・タウンゼントに近いかなーって思ったことはあったけど。

当時札幌に住んでいた自分は、東京に来日していた彼らのライブを見に行ける訳でもなく、
羨ましい思いでライブリポートを読んでいた気がする。

でも前に書いた通り、セカンドが出た後になんと来札が実現!
このライブがまたとんでもない内容で、とにかく衝撃だった。
僕はアンドリュー兄貴についていこうと思った。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-143.html

だけれどもサード以降の彼の活動に段々と興味が持てなくなってきて、
いつかのサマソニで見たライブも期待外れだったこともあって、
いつしか僕はアンドリューの音楽を聴く機会が圧倒的に減っていった。
もっと聴きたい音楽、聴かなくてはいけない音楽が、自分の目の前に溢れていた訳だし。

でも自分にとっての原点回帰じゃないけど、アンドリューの日本語カバーがきっかけで、
また彼の音楽に対する自分の想いが蘇った気がした…。
なんでこのカバーを知ったんだろうか、今でも覚えていないけど、でも重要なきっかけだった。
http://hogeisendan.blog63.fc2.com/blog-entry-287.html

2011年。本当はアンドリューはパンクスプリングで来日するはずだった。
デッドケネディーズ、ニューヨークドールズ、ペニーワイズも出る。
初めてのパンクスプリングに行く準備は出来ていた。

そんな中で、あの出来事が起き、パンクスプリングは中止になった。

でも、自分にとってのアンドリューのライブは中止ではなかった。延期だった。
次に来日したときは絶対行く。僕は心に決めていた。

アンドリューは約束通り、一年後に日本に戻ってきてくれた。
なんと約5年半ぶりの単独公演とのこと。雑誌に連載持つくらいの親日家なのに、かなり意外だった。
しかも衝撃のファースト『I Get Wet』完全再現を引っ提げての来日。
自分にとって抜群のタイミングだった。こんなに運命を感じるアーティストはいなかったかもしれない。

チケットを発売日当日に買ったけど、何と50番代。
売り切れを心配していた自分の読みが全く外れ、客が入らないことを心配した日々が続いた。
実際にチケットは全然売れていなかったみたいだけど。世間的にはやっぱり一発屋なのかな。

でも、恵比寿の会場には、熱いファンの方々が集っていた。
とにかくアンドリューを待ってたんだなーって感じる熱気。
サウンドチェックのときから、もう会場の空気は出来上がっていた。

そして「It's Time To Party」コールから始まった、熱狂と狂乱のパーティーの夜。
そこからはあのライブレポの通り。

懐かしくて泣くことなんて、一切無かった。
とにかくただ叫んで、歌って、騒いでいただけだった。
頭振って、拳上げて、隣の人とぶつかって、はしゃいでいただけだった。

体力は落ちているんだろうけど、昔と変わらない自分がいた。
激しく興奮できる音楽を求めていた、昔と変わらない自分がいた。

一夜だけでは足りないと思った。だから自分はもう一夜を求めた。
でもまだ足りない。何回でも行っていい。またすぐ来日しても絶対に見に行こうと思った。

10年前を回顧するべき『I Get Wet』完全再現ライブだったけど、
自分の中では完全に現在進行形の音楽だった。
年を取っても、自分の中に宿っている何かは、今でも死なずに残っている。
そんなことを認識させてくれたライブだった。

何回も言ってるけど、本当に楽しかった。めちゃめちゃ楽しかった。
色んな人達に感謝した二夜だった。


(セットリスト) 2012.05.23 恵比寿リキッドルーム

It's Time to Party
Party Hard
Girls Own Love
Ready to Die
Take It Off
I Love NYC
She Is Beautiful
Party til You Puke
Fun Night
Got to Do It
I Get Wet
Don't Stop Living in the Red

Victory Strikes Again
Long Live the Party
Never Let Down
Totally Stupid
You Will Remember Tonight
Head Bang
We Want Fun


B00005RY7XI Get Wet
Andrew W.K.
Island 2000-01-01

by G-Tools



Andrew W.K. 「Party Till You Puke」
あの伝説の車椅子ライブの動画見つけました!笑ってしまった。怪我してるときの方が激しい。
こんなライブ目撃したら、絶対についていこうって思うよ。ほんとに。
マジで吐くまでパーティーしてる。さすが兄貴だ。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Tha Blue Herb 「Still Raining, Still Winning/ Heads Up」

Tha Blue Herbのニューアルバム『Total』を聴く。

歌詞カードを読みながら聴いてあっという間の70分。
自分は長いアルバムが苦手で、アルバムを最後まで聴けなくなってしまうこともあるんだけど、
このアルバムに関しては、その世界観に引き込まれて、あっという間に聴き終えてしまった。

このアルバム、傑作だと思う。自分の胸に響くものがあった。
ヒップホップという音楽の力を、僕は感じることが出来た。

ブルーハーブのニューアルバムに賭けた想い、製作過程に関しては、
割と多くのインタビューがネットに上がっているので、
アルバム一通り聴いた後に彼らのインタビューを読んでからまたアルバムを聴くと、
違った発見があると思う。少なくとも自分にはあった。

http://con-trast.jp/dialogue/47
http://www.hmv.co.jp/news/article/1204250060/

僕にとってヒップホップという音楽、好きなアーティストは好きだし、いいものがあれば聴く。
ただ、やっぱり心からヒップホップが好きな人と比べれば、浅いとしか言いようがない。
でも自分にとってブルーハーブというアーティストは特別な存在であって、
ジャンルの壁を越えて、今でも自分の胸にすーっと言葉を届けてくれる特別な存在である。


『Life Story』というアルバムで、彼らは変化したと思う。
彼らの魅力であった「尖り」が丸くなり、外に向いていた意識が内に向かい、
優しさ、温かさを感じさせる作風は、従来のファンの間で大いなる賛否両論を呼んだ気がする。

僕がヒップホップを主食とするファンだったら、
ひょっとしたら「否」の側に回ったかもしれないと思う。
トラックもリリックも、刺激という面では『Life Story』以前の方が多いと思うし。

でも僕は『Life Story』というアルバムで、ブルーハーブをより好きになった。
更に言えばライブを見て、更にブルーハーブを好きになった。

『Life Story』以降の彼らのメッセージを極端まで煮詰めると、
はっきり言って一言にまとめられる気がする。「お前ら、頑張れ。行動を起こせ」と。

彼らは卓越したミュージシャンだから、様々な技巧を活用して、
かっこよく音楽を聴かせてくれる訳だけど、
ブルーハーブから感じるメッセージの極論って、自分はどうしてもそこに行き着いてしまう。

その傾向は『Life Story』にて明らかに露わになった。
悪く言えばクドくなった。元々アクの強いミュージシャンだったけど、更に純化されたような感じ。
嫌いな人はきっと受け入れられない。更に聴き手を選ぶ音楽になったと思う。

でも僕はそんな変化をすんなりと受け入れることが出来た。
ブルーハーブの人間臭さが、特にBossという人間の人間臭さが、凄く好きだった。
彼らのライブを観たことある人間なら分かると思うけど、本当に人間臭いライブをやる。

ヒップホップという音楽やってるけど、なんか演歌聴いているような感じ。
ポジティブなメッセージを、彼らからいつももらっている気がする。

いつかのMCでこんなこと言っていたような。
「人間いつ死ぬか分からない。今死んであなた達に後悔はないだろうか。」

自分は時折この(ニュアンスの)言葉を思い返すことが多々ある。
確かにさ、計画なんてしてても人間死ぬときは死ぬのであって、
そのこと思えば、一時でもやっぱりムダには出来ないんだよなーって。


前置きが長くなったけど、前作『Life Story』が好きだった人間にとっては、
『Total』はすんなりと受け入れられる作品になっていると思う。
リリックで直接的に取り扱っている内容に変化はあれど、
根本を貫いている内容については変化はないと思う。

トラックも少しばかり『Sell Our Soul』以前を感じさせるところもあるし、
ひょっとしたら『Life Story』苦手だった人も聴けるのかもしれない。

本人達もインタビューで語っているけど、
やはり本作は震災という出来事がなければ違うものになっていたと思う。
彼らが感じたことが素直に綴られていて、それらの言葉一つ一つが心を打つ。

「Brighter」「Right On」に貫かれたポジティブなメッセージは、
普通に言葉にするとベタで照れ臭い内容になってしまうと思うんだけど、
ヒップホップという音楽の中に昇華させて、すんなりと聴かせてしまうところは素晴らしい。

覆い隠されたままの日本の傷を 曝け出してやるのがHIP HOPの義務と

「Right On」でのこのリリックなんて最高だと思った。今の日本を彼らの目で描写したヒップホップ。
地に足をつけて活動してきた彼らだからこそ到達したであろう到達点。
トラックとリリックが本当に渾然一体となって融合した最高のヒップホップ。

ここまで力のある「言葉」に触れたのは、いつ以来だろうか。
今でも僕が現在進行形で聴いているミュージシャンの中でも、
「言葉」という面で僕の胸を打つというという点では、ブルーハーブは最高レベルである。

第4章の幕開けを高らかと宣言する、とにかくかっこいい「We Can…」、
各地の地名が登場し、長いツアーを経た後に得た彼らの心境が伺える「My Love Towns」、
震災後の日本の政治を直接的に批判するが、ポップなトラックとの対比が面白い「Get Ready」。

とにかく聴き所満載の曲が目白押し。捨て曲なしのアルバム。
初回限定で「Nuclear, Damn」という曲がついてくるけど、これも面白い。
この曲はこの曲で一つの記事が書けてしまうくらい。

Tha Blue Herbの『Total』。おすすめのアルバムです。傑作。
初回限定の曲も聴いた方が良いので、早めの購入がおすすめですね。


まだ終わりじゃない 暮らし彩る笑いと涙
せっかくだから生かさなくちゃもったいない
お互い様 ここまで繋いできた命じゃないか


B007N8OPQWTOTAL
THA BLUE HERB
THA BLUE HERB RECORDINGS 2012-05-09

by G-Tools



Tha Blue Herb 「Still Raining, Still Winning/ Heads Up」
先行シングル。といってもアルバムには未収録。全然アルバムの雰囲気とは違う感じ。
まだネット上にアルバム音源は上がってないので、是非CD購入してみて頂きたいです。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Arch Enemy 「Fields Of Desolation」

今日からまた日常がやってきた。
そんなときこそ、先月のArch Enemyのライブのことを思い出す。

原宿アストロホールでのライブのこと、今でも鮮明に思い出せる。
本当に楽しかった。心から楽しかった。自分のツイッター見ればその興奮が思い出せる。
自分が今まで見てきたライブの中でもベスト3には確実に入るライブだったと思う。
初めて見たSlayerのライブに匹敵するくらいのインパクトだったかもしれない。

原宿でのライブが実現した経緯は、伊藤政則様のラジオ音源聞けば分かります。
http://www.youtube.com/watch?v=0xeJEE56nwk

まとめると下記の通り。

4/15(日) 韓国で出演予定だったフェスが急遽キャンセル決定
4/16(月) クリマンとバンドとでミーティング、原宿アストロホールでのライブを決定
       セットリストは「Arch Enemyに演奏してほしい曲ベスト10をカウントダウン形式」に決定
       アンジェラが当日夜中にTシャツデザイン、発注
       ライブでやったことのない「In This Shallow Grave」「Fields Of Desolation」を     
       各自がこの日より練習を開始
4/17(火) 追加公演を発表
4/19(木) 原宿アストロホール 一日目
4/20(金) 原宿アストロホール 二日目

これ、どう考えても凄いでしょ。他のバンドだとちょっと考えられない。
普通のバンドなら、いつも通りのセットリストで追加公演もこなしそうだけど、
今までやったことのない曲の演奏というリスクを背負ってまで、
スペシャルなセットリストを組もうとした意気込みに関して、僕は凄く感銘を受けている。

シャーリーもクリスも当日は飲まずにホテル帰って練習してたってエピソードなんて
凄くファン想いのバンドっぽいエピソードで凄くいい感じだ。
アンジェラが会場限定のTシャツデザインして、しっかり当日までに仕入れ切るところも凄い。

そして宣伝実質2日という短期間であったにも関わらず、4/20(金)はソールドアウト。
キャパ400のハコとはいえ、これはかなり凄いことだと思う。
政則も言ってたけど、ツイッターなどのツールの力がきっと大きかったんだろうな。

企画といいチケット販売戦略といい、
今回の追加公演を実現させたバンドとスタッフの力は素晴らしいと思う。
予期せぬ事態に対する負の状況を一気に正の状況に好転させた彼らの行動に対し、
リーマンである自分にとっても大きく学ぶことがあった気がする。

迅速な行動とリスクを恐れない決断力。
僕も含めて多くの人間に欠けているところではないかな。

実際このライブは本当に良かった。
何といっても小さいハコであることにより得られる一体感。
まるで自分の地元で自分の知り合いのバンドが演奏しているような、
それくらいの錯覚を覚えるくらいの距離でバンドが演奏している。

こんな環境に興奮しない訳がない。
誰かがアットホームな空間と形容していたけど、でも当日は本当にそんな感じがした。

会場の雰囲気はこんな感じです。メンバーと観客、明らかに近いよね。
リードギターに合わせた観客のコーラス、ほんといいです…。音作りも良かった。


素晴らしい環境の中でアチエネのメンバーも素晴らしい演奏を見せてくれた。
懸念だった「In This Shallow Grave」だけど、昔から演奏していたような出来栄えだったと思う。
リードギターのフレーズではこの曲でも大合唱。これ、今後もセットリストの定番にしてほしいよ。
絶対盛り上がるって。

そしてライブではアウトロとして一部しか演奏されない「Fields Of Desolation」が、
完全バージョンで演奏された!僕が原宿のライブに行った目的はこれだった。
イントロからもう感激してしまって、とても言葉では表現出来ないような興奮状態に陥っていた。

ヨハン時代の曲だけど、完全にアンジェラはこの曲をものにしていた気がした。
この曲でのアンジェラのパフォーマンス、めちゃめちゃかっこ良かった。

自分がArch Enemyを聴くきっかけになった曲。
自分がArch Enemyのファンになるきっかけになった曲。

今まで聴きたくても聴くことが出来なかった曲が、僕の目の前で演奏されている。

今まで数多くのライブに行ってきたけど、こんな感激は味わったことがなかった。
このバンドを今でも聴き続けてきて良かった。心からそう思った。

「The Immortal」「Bridge Of Destiny」の初期曲連打にも感激。
「Blood On Your Hands」での「りっ、めん、ばー!」大合唱にも感激。
本編締めの「Silverwing」にも感激。

ファンが選んだセットリストだけあって、本当に非の打ち所が無い贅沢なセットリストだった。
正にスペシャルな夜、そんな表現がぴったりな夜だった。

ライブの後にはサイン会&握手会なんてイベントが。
今までバンドのメンバーと話したことなんて、一度もないかもしれない。
正直サイン会は行かなくてもいいかなーって思ってたけど、あのライブ見てしまったら、
やっぱりバンドのメンバーと顔合わせたくなって、思わず参加してしまった。

このときの興奮っぷりもツイッターに残っている。
ドラムセットにしてもらったメンバーのサインは、今でも僕の部屋に飾ってある。


今回のArch Enemyの追加公演に行った人間は、きっと解散するまでバンドを応援するような気がする。
ここまでやってくれたバンドに対して、僕は不義理は出来ない。
アルバムはずっと買い続けるし、ライブはずっと行き続ける。

今自分にとってNo.1のメタルバンドはArch Enemyである。
MetallicaでもMegadethでもSlayerでもなくて、Arch Enemyなのである。


(セットリスト) 2012.04.19 原宿アストロホール

Enemy Within
In This Shallow Grave
Fields Of Desolation
Nemesis
Bury Me An Angel
Dead Eyes See No Future
The Immortal
Bridge Of Destiny
Blood On Your Hands
Silverwing

Revolution Begins
We Will Rise


B00003Q4AIブラック・アース
アーク・エネミー
トイズファクトリー 1996-10-02

by G-Tools



Arch Enemy 「Fields Of Desolation」

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。