スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

65daysofstatic 「Radio Protector」

水曜日、65daysofstaticのライブに行ってきた。

恵比寿も久しぶりならリキッドルームも久しぶり。
たぶん、Back HornとGo Go 7188の対バン以来だった気がする。
恵比寿もリキッドルームも個人的にはかなり雰囲気が好きだったりする。
やっぱりその印象は今でも変わっていなくて、もっとここまで足を運ぼうと思った。

前座のKong、なかなか良かった。
変なメイクをしたメンバー。ベースは弛んだ腹を見せ付けるように、ボクサーパンツ一丁。
MCはモゴモゴしゃべっていて何言ってるかよくわかんないし、とにかく変なバンドだった。

変拍子使いまくりでノリずらい轟音ハードコアをひたすらに畳み掛けていく。
ただ、やっぱり65dosの客層とは噛み合わないところがあったみたいで、
「Be loud!」って煽ってもシーンとなってたし、客をステージに上げようとしても、
なかなか上がってくる客がいなかったりと、申し訳ないけど温度差にちょっと笑ってしまった。

でもなんだかんだでラストは客が数人ステージに上がってくれて、いい盛り上がりの中にライブは終了。
しかし、ステージに上がったお客さんたち、ノリずらそうだったなー。
あんな変則的な曲で狂えって、無茶でしょ。面白かった。


そんで65dosのライブ。

僕は最新アルバムを実は持っていないし、聴いていなかったので、知らなかった曲が多かった。
でもはっきり言って、曲なんか知らなくても、このバンドのライブは絶対楽しめる。
今回のライブを観て、僕はその思いを強くした。

なんか大分縦ノリでグイグイと客を煽って引っ張っていくような曲調の曲が増えたなーって思った。
客にオイ、オイって煽ってたし、このバンド、こういう直接的に客を盛り上がらせるような
ダンスチューンみたいのも好きなんだなーってちょっと意外だった。
勝手に僕はこのバンド、文学青年みたいな印象を持っていたので。

とはいえ、序盤で連打された「Await Rescue」「Retreat! Retreat!」は、さすがの素晴らしさ。
今のモードの彼らの曲も素晴らしいけど、僕はやっぱりこういう昔の雰囲気の方が好きみたいです。

静と動のコントラストを巧みにコントロールして、
静かに熱く感情が爆発していくこれらの曲は正に彼らの真骨頂ともいえるところで、
ギター、ベース、ドラム、そして電子音が渾然一体となって、クライマックスに達していく様は、
本当に興奮だった。一つ一つの音が本当に美しい。

音作りの面で、ギターの音が特に小さくて、全体的にも音が小さいという不満はあったけど、
逆に一つ一つの音の細かいニュアンスが丁寧に感じられるといういい面もあった。
もっと気持ちよく飛ばしてくれるなら、もっと轟音の方が良かったんだけど、
今回のライブは、一つ一つの音に耳に傾けさせるような、そんな側面があった。

前観たときもそうだったけど、このバンド、特にドラムが素晴らしい。
リズムの正確さもさることながら、フレーズ作りのセンス、
そしてなにより一つ一つのショットに対するメリハリが素晴らしい。

ドラムと言う楽器をメロディアスに聴かせるドラマーって、なかなかいない。
無機質なはずのブレイクビーツに命を吹き込むと、あんな強靭なグルーブが生まれるんだーって、
ドラマーの端くれとしてはすごく憧れの感を抱いた。

あっという間に本編が終わって、ちょっとはえーよって思ってたら、
アンコールで彼らが登場してからが凄かった。ガッツリと演奏しまくってくれた。

「Radio Protector」はやっぱり素晴らしかった。イントロのピアノのフレーズで大歓声。
あのフレーズにギターとベースが重なって、ドラムが重なって、
一気に沸点に達していくこの曲は、正にライブのクライマックスと呼ぶにふさわしい演奏だった。

ラストの「AOD」は、そんなライブの沸点を静かに身体の奥に再びしまい込んでいく様な、
荘厳な雰囲気の演奏だった。音の隙間に感じられる静寂がたまらなく心地よかった。
観客も彼らの一音一音に集中し、彼らが描く世界を壊さないように、彼らの音に耳を傾けていた。
ギターの残響が響く中、客席はほんとにシーンとしてたもん。凄かった。


彼らの音楽ってインストってこともあって、相当に文章力ある人じゃないと、
正確に彼らのライブの凄さを伝えることってムリじゃないかと思う。
とりあえず指の動くがままに、よく分からない文章を感想として綴ってきたけど、
それが彼らのライブを観た僕の感想です。

文章や他の手段では表現できないものがきっとある。
音楽でしか表現できないものがきっとある。

そんなことを考えたライブだった。


(セットリスト)2011/1/26 恵比寿リキッドルーム
Go Complex
Piano Fights
Await Rescue
Retreat! Retreat!
Crash Tactics
Dance Dance Dance
Weak 4
Japan
Pacify
PX3
Mountainhead
This Cat Is A Landmine
Tiger Girl

Debutante
Radio Protector
AOD

B000EUMQOYOne Time For All Time
65デイズオブスタティック
Thomason Sounds 2006-03-19

by G-Tools



65daysofstatic 「Radio Protector」
何の予備知識もなく観た2009年のサマソニのライブ。
彼らのライブに衝撃を受け、以後彼らの音楽に触れるようになりました。
インタビュー聞いていても、すごく人柄的にも好感が持てます。
代々木公園をあそこまで褒める人は初めてですね。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

New York Dolls 「Personality Crisis」

Punkspringの追加で、New York DollsとDead Kennedysって…。観たい。
また悩ましい発表です。

Andrew W.K.、Pennywise、Suicidal Tendencies、これにNew York DollsとDead Kennedys、
そんで、何だかんだでBrahmanとHoobastank観れて8400円ならかなりお得な気がする。

今年初めてPunkspringに行ってみようか…、なんて考えているんだけど、
なんかまだ自分の腰が重かったりする。
てゆーか歳取れば取るほど、考え方が保守的になるっての分かる気がする。なんかやだ。

まずPunkspringは一緒に行く人がいない。

ここら辺のバンド好きな人、周りにいない。地元だったりすればいるんだけど。
それにパンク聴いてた友人達もそれぞれ家族持つようになって、なかなか出てこれなくなってるし。

そんでパンク系のイベントって、殆ど行ったことがないので、雰囲気が慣れない。
小さなライブハウスで友達のバンド観に行くなら全然いいんだけど、
でかいハコでのイベントになると、なんか空気が合わない。

単に慣れとイメージの問題だと思う。
Loud Parkみたいなメタル系のイベントだと全然平気なんだけど。
やっぱり自分が経験してきた環境ってのが、自分にとって楽なんだと思う。

なんとなくメタルとパンクのモッシュって違う気がするし。
基本、パンクバンドのライブ観るときはモッシュに入らないようにしている。
どうしてもノリの違いに違和感を覚えることがあるので。

でも、そんな保守化する自分に刺激を与えるにはいい経験になるのかも。
一緒に行ってくれそうな人が見つかれば行こうと思っている。
普通のライブだったら全然一人でもいいんだけど、Punkspringは何となく寂しくなりそうだもんな…。


ちなみに、New York Dolls目当てでライブに来る方々っているのかなー。

2008年に来日しているみたいだし、今更観なくてもいいって人が殆どのような気もするし。
ジョニー・サンダースを初めとして亡くなっているメンバーもいるし、
もうメンバーは還暦近いし、激しいライブは期待できないし、
失礼ながら、ドールズ目当ての人間って、あんまりいないのかもと思ったりもする。

でも、デイヴィッド・ヨハンセンが健在なら、僕はあのボーカルを生で聴いてみたいと思う。
あのしゃがれた声、正にパンクって感じがする。
彼のボーカルスタイルが、後のパンクと呼ばれるバンド達の雛形になっているような。

DollsがいなければRamonesもなかったし、Sex Pistolsもなかったし、
きっと音楽の歴史は変わっていたと思う、なんてことに最近ようやく気付いた。

今聴くと、普通にガサツなロックンロールなだけなんだけど、
その奥に込められた情念がムクムクと湧き上がるような感じ。
なんかドールズを聴いていると、自分の胸の奥底にあるものも、
沸々と湧き上がってくるような感覚になったりもする。

しかし、こんなバンド、リアルタイムで出会ってたら相当な衝撃だったんだろうな。
デヴィッド・ボウイもそうだったと思うけど、
次から次へと音楽的にもヴィジュアル的にも様々なところで相互作用を続けながら、
新しい音楽が次々と生まれていった70年代って、やっぱり凄い時代だったんだな、と思う。

年配の方々が70年代をロックの黄金世代というのも、やっぱり分かる。
僕のリアルタイムである90年代の音楽も面白かったけど、
でもやっぱり70年代の方がまだジャンルが細分化されていない分、
スケールが大きいバンドが多いなーと感じる。

あの時代に生まれて、あの頃の音楽に携わった人たちを、僕は羨ましく思います。


B001PBQKTIニューヨーク・ドールズ
ニューヨーク・ドールズ
USMジャパン 2009-03-04

by G-Tools


New York Dolls 「Personality Crisis」 1973年のライブ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Queensryche 「I Don't Believe In Love」

僕はたぶんコンセプトアルバムが好きなんだと思います。

Green Dayの『American Idiot』『21st Century Breakdown』は当然として、
最近のアルバムだとMy Chemical Romance『The Black Parade』。

昔の名盤だとPink Floyd『The Dark Side of the Moon』、
David Bowieの『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』、
そしてThe Beatlesの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』。

どれも超有名どころだけど、多くの方々が賞賛するコンセプトアルバムってのは、
やっぱり僕が聴いても、とても面白いし、感銘を受ける。

曲単体で聴けば、うーん大したことないなーって思う曲も、
コンセプトアルバムの流れの中で聴いていると、非常に重要な役割を持って聴こえてくるから不思議。

個々の楽曲が良いことは当然必要ではあるんだけど、
どちらかというと一枚のアルバムの中に、どのようにストーリーを展開させて、
その構成要素となる数々の曲を配置していくか、
というセンスが問われるのがコンセプトアルバムだと思います。

そして最近僕の中でまた熱が上がってきたのがこのアルバム。
Queensrÿcheの『Operation: Mindcrime』。


たぶん雑誌やネットなんかで調べてみても、
このアルバムをメタル史上におけるコンセプトアルバムの最高傑作に挙げる人が多いと思う。
僕もそんなにメタルのコンセプトアルバムって聴いている訳ではないけど、
でもそういう評価が得られるのも納得の出来だと思う。

先日会社の40近くのお姉さまに、何かシブいCD貸して下さいってお願いしたら、
Emerson, Lake & PalmerやらBlind Faithやらを貸してくれたんだけど、
何故かこのアルバムも入っていた。どうもかなり裾野は広いようです。このアルバム。

メタルのコンセプトアルバムっていうと、
1987年にHelloweenの『Keeper Of The Seven Keys PART 1』があって、
1988年発表の『Operation: Mindcrime』が必ずしもパイオニア的な作品って訳ではないけど、
やっぱりこのアルバムの魅力は、当時の社会情勢への批判を込めた作品であるということだと思う。

1988年のアメリカはレーガン大統領の時代で、
市場原理主義に基づく経済政策を推し進めて、国民間の所得格差が広がり、
エリート層から弾かれた人間にとっては閉塞感を感じるような時代だったようです。

レーガン時代を、今に繋がるアメリカの社会問題の源流として捉える人も多いようです。
僕も「貧困大国アメリカ」読みました。
http://blog.goo.ne.jp/hardsix/e/9318f98a06fa53e297b0aa42abab479f

『Operation: Mindcrime』の主人公ニッキーは、そんな現実に絶望する若者。
政治、メディア、宗教…、あらゆる権力が弱者から更に金を巻き上げて富んでいく現実。
ニッキーは怒りに溢れながらも、どうすることの出来ない現実に絶望し、
クスリに溺れていく中で、扇動者Dr.Xに出会い、彼の術中の中、悲劇の物語を紡いでいく…。

身体を売って日々を繋いでいた過去を持つシスター・メアリー、
彼女を路上から連れてきたウィリアム神父。
これらの登場人物の人間関係が絡み合い、物語は進んでいく。


改めて聴いてみて思った。
このアルバムのコンセプトって『American Idiot』と一緒じゃん、って。

ビリー・ジョーはたぶんこのアルバムのことを口にしたことはないと思うけど、
アメリカを巣食う病理に対する批判をコンセプトとして、
主人公、ヒロインとの出会いと別れを描ききったアルバムであること。

そして何といっても、当時IQの低い音楽として見られていたであろうメタルという音楽も、
知的な社会批判のツールとして昇華させうるということを示したこと。

共通点は多いと思う。

こうやって『Operation: Mindcrime』『American Idiot』を眺めてみると、
現代の問題っていうものは、時を経ても全く解決されてはいなくて、
何にも変わってはいないんだなーってことに気付く。

そんな背景を抜きにしても『Operation: Mindcrime』はストーリーが小説みたいに面白いし、
それぞれの物語を構成する各曲も名曲揃いで、
メタルというジャンルを超えても名盤と呼んで良いアルバムだと思います。

音作りは80年代メタルの作りでボーカルもハイトーンで歌い上げるスタイルだから、
最初は拒否反応示す人がいるかもしれないけど、
そういう表面的なところで素通りしてしまうのは勿体無いアルバムだと思う、ほんとに。


この方のサイトを参照しながらこのアルバムを聴くと、
よりストーリーが理解できるのでおすすめです。勝手ながらリンク。
http://tyranny670.livedoor.biz/archives/51144904.html
途中からはこちらのリンクから飛んで下さい。
http://tyranny670.livedoor.biz/archives/51174317.html


B0000931QAOperation: Mindcrime
Queensryche
Capitol 2003-05-06

by G-Tools


Queensryche 「I Don't Believe In Love」
ニッキーの悲痛な叫びを代弁するかのようなジェフ・テイトの歌が素晴らしい、
物語を終結にいざなう名曲です。
「I Don't Believe In Love」ってすごくストレートな表現だけど、
アルバムを通して聴くと、ニッキーの心境を想像して、感慨深いものがあります。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Morbid Angel 「Maze Of Torment」

公式発表はまだだけど、SMASH主催の「KABUTO METAL」に、
何とMorbid Angelの出演が決まったそうです。

きたー!

伊藤政則が言ってたらしいので、間違いないでしょう。
たぶんBeast Feast2001以来だから、10年ぶりの来日。
しかもあのEmperorのイーサーンも来るってんだから、これは楽しみ過ぎです。

自分でドラムやるようになって、ピート・サンドヴァルのドラムやっぱり半端じゃねーなー、
またライブで観てーなーって思ってた丁度そんなときなので、本当に楽しみ。


Morbid Angelは高校の頃に伊藤政則の番組で初めて聴いて、
そのときはなんかとにかくすげーなーって思ったけど、
あまりにも訳が分からなすぎて、アルバム買って聴くってまではいかなかった。

でも、Beast Feastで観たライブのインパクトがとんでもなくて、
それ以来僕は彼らのアルバムを買って、聴くようになった。

彼らのライブのとき、ステージ前方にはまだ余裕があったので、
僕は彼らの曲を知らなかったけど、モッシュピットの真ん中で、彼らのライブを観ることにした。
ライブ始まる前って、観客は興奮してるから叫び声上げてるライブってのは多いけど、
彼らの出番前は、なぜかデス声での歓声が上がってた。ちょっと笑った。

しかし、彼らのライブはヤバかった。演奏力が尋常じゃない。
ピートのドラムの手数の多さと正確さに唖然。トレイ・アザトースのギターもかっこよすぎ。
タッピング駆使しまくって、怪しげな旋律を奏でまくっていた。

エリック・ルータンは髪を扇風機のように振り回して正確なリフを刻んでいたし、
当時のフロントマン、ジャレッド・アンダーソンも超高速のランニングフレーズを弾きながら、
地を這うような強烈なデスヴォイスをかましていた。

彼らの曲ってリズムチェンジが多くて、曲分からないとどうノッていいのか戸惑うときもあったけど、
それ以上に、とにかく演奏が強烈過ぎて圧倒されて、
訳もわからずに興奮して周りの観客とモッシュピットで騒いでいた。

あんときの観客の盛り上がりは凄かった。客の盛り上がりも強烈なインパクトだった。
ほんと野郎だらけだったもんなー。

今までさんざん色んなライブを観てきたけど、
演奏力って観点でみれば、たぶん彼らのライブが一番だったと思う。上手すぎ。

彼らは1996年に「Entangled in Chaos」というライブ盤をリリースしているけど、
これ聴けば、分かる。これ、予備知識なくて聴いて、ライブ盤だって分かる人いるのかな…。
色々とライブ盤を聴いてきたけど、ここまで凄いライブ盤は聴いたことがない。

まーデスメタルだから限りなく人を選ぶ音楽だと思うんだけど、
人間の演奏力に限界は無いってことを感じるのに、このライブ盤はおすすめです。


「Entangled in Chaos」から15年。彼らはそこから更に進化しているのか。
それとも人間らしく年齢を重ねることで演奏力に陰りが生じているのか。

噂に聞く、デヴィッド・ヴィンセントの存在感とは如何なるものか。
ドラムの叩き過ぎで椎間板を壊してしまったピートは、昔のドラミングを取り戻せるのか。
そして何よりも、ニューアルバムはちゃんと出るのか。

不安要素はたくさんあるけど、でもきっとMorbid Angelのライブは、
そんな心配が杞憂に終わること間違いないんだろうなーって思う。
あそこまでストイックに自らを追い詰めるバンドって、他に聞いたことないし。

という訳で、早くも5月が待ち遠しい今日この頃。


B000005855Entangled in Chaos: Live
Morbid Angel
Earache 2008-01-13

by G-Tools



Morbid Angel 「Maze Of Torment」
2006年ヴァッケンでのライブ。デヴィッドが復帰してまもなくの頃のような。
しっかし、上手いなぁ…。かっこいい。



「Maze Of Torment」でのピートのドラミングです。
機械のように正確で、圧巻です。彼のブラストビート好きだわー。化け物ですね。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

The Music 「The Truth Is No Words」

なんかThe Musicが解散しているなんていう噂が…。
公式発表は未だにないけど、謎のタイミングでのベスト盤リリースもあることだし、
多分事実なんだろうな…。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Music

In January 2010, the band began demoing material for their fourth studio album.
The album was due for release sometime 2011.
However, according to the release notes for The Music - Singles And EPs 2001-2005
the band split up in September 2010.

と、あります…。


The Musicは僕の大学時代にデビューしたバンドで、
北海道の洋楽番組でもよくかかっていたような気がする。多分。
そうじゃないと、僕、彼らの音楽耳にする機会なかったと思うので。

高校時代はUKロックを追いかけていたにも関わらず、
大学入ってからはUKものを聴く機会が全くなくなっていた僕だったけど、
彼らの音楽を初めて聴いて、単純にかっこいいって思った。

僕の好きだったバンド、Led Zeppelin、Stone Rosesの流れを汲む、新しいロックだと思った。

どちらのバンドもギターリフを中心にして曲が展開し、
リズムとギターとが渾然一体となってウネリを生むのが特徴のバンドで、
フォーマットとしては王道のロックではあったんだけど、従来のロックの枠を飛び越え、
他ジャンルのビートを貪欲に取り入れて、新しいロックを発明したバンドだったと思う。

ツェッペリンは黒人的なファンクビートやレゲエのリズムを取り入れて自らの血肉としていったし、
ローゼスは更にダンスビートを融合させたロックを作り上げていった。
ローゼスのセカンドは、僕にとってはツェッペリンの音楽が90年代のフィルターを通して、
蘇ったアルバムのように僕には聴こえた。

そしてThe Musicは更に90年代のブレイクビーツを通過して、個性的なロックを創造した。
ローゼスよりも更に肉感的な、踊れるロック。
そしてハイトーンのボーカルが、またいい意味での古臭さを漂わせていた。
僕はすっかり彼らのロックに魅了された。

当時僕は北海道に住んでいたけど、フジロックのことはずっと気になっていて、
雑誌なんかで、ミュージックは凄かったなんて記事を読んでいると、
いやが上にも、彼らのライブをフジロックで見てみたいって気持ちが湧き上がっていた。

そんなこんなで僕は大学院を卒業して関東の方に就職した。
念願のフジロックにも行けるようになったけど、
The Musicは『Welcome to the North』のセールスが思った以上に振るわなかったこともあってか、
沈黙をずっと守っていて、フジロックに出るような気配は無かった。

そんな僕の念願は、唐突に実現することになった。


2008年、彼らは『Strength in Numbers』をリリースして、完全復活を遂げた。
このアルバムはファーストに感じられたツェッペリンっぽさは払拭されて、
電子音が前面に出て、整合感すら感じられる仕上がりになっていた。
正に新たなThe Musicの幕開けを告げるアルバムに仕上がっていた。

発売当時、僕はこのアルバムがたまらなく気に入って、
何度も繰り返しリピートして聴きまくっていた覚えがある。
リズム隊も上手くなっているし、曲もよく練られているし、素晴らしいアルバムだと思った。

そして2008年のフジロック、いよいよ彼らがやってきた。
正に凱旋といった感じで最終日のホワイトステージは人で溢れかえっていた。
後で聴いたら入場規制とのこと。ライブ前から期待と熱気に溢れかえっていたのを思い出す。

そんときのセットリスト。

Take The Long Road And Walk It
The Spike
Freedom Fighters
Fire
Jag Tune
Drugs
Human
Strength In Numbers
The Truth Is No Words
Welcome To The North
Get Through It
Idle
The People
No Weapon Sharper Than Will
Getaway
Bleed From Within

頭の「Take The Long Road And Walk It」から盛り上がりまくり。
そこから繋いだ「The Spike」も熱かった。ニューアルバムの曲だけど、観客大歓声。
あの復活アルバムを、本当にファンは待望していたんだなーって再認識した。

「Strength In Numbers」「Welcome To The North」「The People」といった
各アルバムのキラーチューンは、客席を狂騒の渦に巻き込んでいた。
僕もこのライブ前方で観てたんだけど、本当に凄い盛り上がりだった。

そして「The Truth Is No Words」。
僕はこの曲が一番好きなので、もうこの曲のときは狂喜乱舞だった。最高だった。

冷静に振り返れば、特にリズム隊の演奏力にまだまだ難があるなーってのは感じたし、
ロブも高音出てなかったし、100%満足なライブだったかって言われるとそうは思わなかったけど、
でもあのフジロックのホワイトステージ、しかも最終日のトリという舞台を締めくくる、
最高のライブを見せてくれたことは間違いない。

決してあのときに完璧なバンドである必要は無かった。
またツアーやってライブしまくってアルバム作ってと、彼らの第二章が始まって、
数年後には、きっと素晴らしいライブバンドになっているだろうって、僕は思っていた。


こんな僕の思いは、もう二度と叶うことはないのだろうか…。
きっと僕以上にThe Musicを昔から追いかけていた方々は、この現状を悲しく思っているだろうな。
何とかならんもんか、ほんとに。

公式発表がまだ出ていないのは救いだけど…。


B00008A7PWMusic
Music.
Capitol 2003-02-25

by G-Tools



The Music 「The Truth Is No Words」
活動休止前のライブ。かっこいい…

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。