スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blue Hearts 「僕の右手」

僕のギターを知りませんか
行方不明になりました


この前の土曜日は友人の結婚式だった。
結婚式の二次会でいつものように芸をすることになって、
色々と前フリをした後に、大学時代の同士とブルーハーツの「人にやさしく」を歌った。
僕はアコギでギターを弾いていた。

自分で言うのもなんだけど、かなりウケは良く、
新郎も喜んでくれて、大成功と言って良い出来だった。

そんなこんなですっかり安心した僕は友人達と本腰を入れて飲み始め、
三次会、四次会と進むにつれて、記憶がなくなる。

気付けば僕は後輩に肩を抱えられ、駅方面に歩いていた。
空はうっすらと明け始めていた。
後輩にお礼を言って、一人で歩く。

気持ち悪くて路上で吐いた後に、電車に乗り込む。
電車に乗った後に気付く。

俺のギターが、無い…。

そのときはでもあまりにも気持ち悪いのと眠いのとで、家に帰ることしか頭に無かった。
なんとか家に辿り着き、寝る。

目が覚めると、時計は12時を回っていた。
やっぱり気持ち悪いことに変わりは無い。
ペットボトルのお茶を飲みまくって、パソコン立ち上げてぼーっとネット漁っているうちに、
また眠くなって、布団に入る。

布団に入りながら、またギターのことが頭に浮かぶ。

あのギター、どうせ中古で1万5千円のギターだし、もうネック反りまくってるし、
ペグも錆びかけてるし、もうなくなってもいいかな…、と思って、また眠りにつく。

再び目が覚めると、最早太陽は沈んでいて、外は闇に包まれ始めていた。
とはいえ、毎年のことだけど、M-1は絶対に観なくてはいけないと、再度布団から抜け出す。

僕の家にはテレビがないので、M-1を観るには外に出なくてはいけない。
友人の家で毎年観てたけど、気持ち悪くてかったるかったので、漫画喫茶で観ることにした。
色々と賛否はあったかもしれないけど、やっぱりM-1は面白くて、
なんだかんだで大団円で終わって、あー今年も終わりだなーって、実感する。

そしてまた電車に乗り、帰る。
そのとき、またギターのことが頭に浮かんだ。
しかもなぜか分からないけど、鮮烈な昔の出来事と共に、ギターのことが頭に浮かんだ。

僕は高校時代にエレキギターは持っていたけど、初めてアコギを手にしたのは大学のときだった。
やっぱりギター一本で弾き語るスタイルに憧れて、バイトで稼いだ金で、
中古楽器屋に行って、ギターを買った。

寮に住んでいた頃、アホみたいにギターをかき鳴らして、友人達と歌っていた。
あのときやっぱり一番歌っていたのはブルーハーツだった。

大学院生の頃、好きだった女の子に振られた日、僕は無性にギター弾いて歌いたくなって、
すすきのの街まで出て、恥も何にも知らずに、歌った。

更に寂しい話だけど、クリスマスイブのときにも、外で歌っていた。
外は氷点下で、指がちぎれるんじゃないかと思うくらいに寒かったけど、
弦で指を切りながらも、ギター弾いて、歌った。当時はそんな心境だった。

社会人になって、うまく会社生活に適合しながらも、
自分は本当にこれでいいのかという自問自答が続いて、
そんな葛藤を歌詞書いて、曲作って、自分でギター弾いて歌ってみたりもした。

友人達はどんどん先に結婚していくけど、
一緒にバンドやっていた人間の結婚式のときには、ギター弾いて、やっぱり歌っていた。
地元の友人の結婚式のときにも、歌った。


なんか恋人じゃないけど、急に僕のギターがいなくなったことが、
自分の人生が失われていくような感覚になった。
最近は弾いていなかったけど、僕にとって、あのギターの存在って大きかったんだなって思った。

飲み歩いていた店に電話していたら、居酒屋でギターを預かってくれていたことが分かった。
僕は心からお礼を言った。

昨日は課の忘年会だったけど、今日は絶対ギター取り戻すんだって気持ちで、
往復一時間半かけて、お店まで行った。

ちなみに今日は会社の最終日なので、会社の会議室で大人数で飲んだ後。
なんだかんだで、今年お世話になった人達とこうして笑いながら飲めて、
僕は幸せな気持ちになっていた。

そして、僕の手元にギターが戻ってきた。
彼は普段と何にも変わらない表情で、そこに存在していた。
軽く弦を鳴らしてみたけど、いつもと変わらずに、彼は音を奏でていた。


何か今年も色々あったけど、ギターに限らず、自分のことを支えてくれて、
後ろから見守ってくれる人がいるから、今自分は生きていられるんだって、再確認した。

いい年だったと思う。ほんとに。今年は特に楽しかった。

まー酔っ払ってるからこんな恥ずかしい文章かけるんだけど、
でもこうして更新頻度は減ってしまったけど、一年間ブログを続けられて、良かった。
こんなブログでも読んでくれる人達がいることが分かって、嬉しかった。

ほんとは明日、今年の総括でもしようかと思っていたけど、
今日の文章で締めるのもいいかなと思って、今年は最後の更新。
来年頭は、今年の総括から開始しようと思う。

誰に向けてって訳ではないけど、やっぱり言いたい。

皆様、今年もお世話になりました。
来年もまたよろしくお願い致します。


人間はみんな弱いけど 夢は必ずかなうんだ
瞳の奥に眠りかけた くじけない心
いまにも目からこぼれそうな 涙の理由が言えません
今日も明日もあさっても 何かを捜すでしょう

見た事もないような マイクロフォンの握り方で
聞いた事もないような歌い方するよ だから

僕の右手を知りませんか?


B00005EYGKTrain-Train
THE BLUE HEARTS
トライエム 1988-11-23

by G-Tools



The Blue Hearts 「僕の右手」 LIVE
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Blind Guardian 「Mirror Mirror」

今日は友人の結婚式の二次会で芸をすることになった。
直前で依頼されたので時間も無くバタバタしていたけど、なんとか形になる案を作って、
あとは会場のノリ次第かな。

こういうのって準備大変だけど、こうやって何かやってって言われるのは、嫌いじゃない。
期待されるとちゃんとやってあげたくなる。
結婚式絡みで芸やったり二次会で司会やったり、そんな役回り多いです。

すごく嬉しいこと。がんばろ。
今年ももう終わりなんだなー。色んなことあったなー。


全然話は変わって、先週くらいまではキングクリムゾンなどプログレにハマってたんだけど、
会社で昔のメタルの話題が出て、なんか無性にメタルがまた聴きたくなった。
メタルはメタルでも、ジャーマンメタルです。高校の時以来、全然聴いていないジャンル。

Amazonで中古CDを物色し、100円以内でいわゆる名盤と呼ばれているアルバムを大量購入。
やっぱりアルバム一枚通して聴くのは辛いけど、一曲一曲バラで聴いていくとテンション上がります。

めっちゃ久しぶりに聴いたのが、Blind Guardian。
改めてちゃんと聴くと、この人達の音楽って、超個性的だなぁーと。素晴らしい。

とにかく勇ましいメロディとボーカルに、疾走するリズム。
およそ世間的な「かっこいい」という価値観には全く目もくれず、
ひたすら己の価値観を追求し、独自の音楽を作り上げた人達だと思います。

結成してもう20年以上経つけど、
こうして今でも一線級のバンドとして君臨し続けているのは凄いことだと思う。

「Mirror Mirror」はそんな彼らの代表曲。
イントロから彼らの世界観が炸裂しまくり。ギターのフレーズから合唱に突入。
コーラスというより、合唱です。
Queenを髣髴とさせるけど、あんな洗練されたコーラスじゃなくて、ひたすら男臭い、合唱。

しかしこの曲、ギター弾きまくり。
あんなスケール使って弾きまくるギターって、ひょっとしたら彼らが初めてなんじゃないのかな。
少なくともあーいうツーバス前提の疾走リズムに、あーいうギター載せるのは、
Helloweenの影響だと思うけど、それを更に突き詰めていった感じ。

曲展開とかアレンジとか、ほんと細かいところまで突き詰めてるし、
この人達、ほんと職人って感じがします。改めて聴くと、その完成度に惚れ惚れします。
人を選ぶ音楽だと思うけど、こういうのもたまにはいいと思います。

そういや来年Helloween来ます。行こうかなー。
平日じゃなければ、余裕で行くんだけどなー。


B000006ED1ナイトフォール・イン・ミドル・アース
ブラインド・ガーディアン
ビクターエンタテインメント 1998-05-13

by G-Tools



Blind Guardian 「Mirror Mirror」 LIVE
客の盛り上がりと合唱が半端ないです。演奏も安定してるし、大御所のライブって感じですね。
いつかのLoud Park出てたけど、当時は興味なくて、ちゃんと観ていなかったのが悔やまれる…。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Pink Floyd 「Time」

今年は職場が変わったこともあって、色んな人たちと出会った。

ある部材メーカーの営業の方とこの前打合せをしたんだけど、
うちのスタンスが明確になったと、迷いが吹っ切れた清々しい表情でやってきた。

部材業界はコストダウンの波が激しくて、うちも海外メーカーの採用を検討している中、
「うちはこういう方向性でやらせて頂きます」と言い切ってくれた。
社内で激論を交わして、技術の人はずっと工場に付きっ切りで課題に取り組んでいるらしい。

ビジネスの付き合いって凄く残酷であるけど、こちらも協力できるところは協力して、
出来るだけこの会社の部材を使っていきたいって思った。
うちの会社のために社内を動かしてくれているのは、素直に嬉しかった。

営業さんにはこの他にも色んな人たちと出会ったし、
装置メーカーの方々には試作でお世話になりっぱなしだったし、
社内でも工場の方々、生産技術の方々と、とにかく色んな人との出会いがあった。


今年ほど、真剣に人と接するということを意識した年はなかったかもしれない。

色々と大変なことがあって、壁なんていくつもあったけど、
怒られながらも何とかここまで進んでこられたのは、周りの方々の助けが大きい。
人に助けを請うには、自身の真剣さが絶対に必要であると思う。
多少なりともそういったところだけは認めてもらえたんじゃないかな…、と思う。


僕は一時期、Pink Floydの「Time」を聴きながら、憂鬱になっていた時期があった。
この曲の歌詞で歌われているように、自分もこのまま何も為し得ずに時が過ぎ去り、
気付いたらもう人生終わってるんじゃないかって。

でも、まあ今は結果としてそうなってもいいやって気持ちでいる。
少なくとも今過ぎている時間は、自分にとってムダではないって思えるので。

Pink Floydの『The Dark Side of the Moon』は背筋が凍るほど完成され尽くした名作で、
いつかこのアルバムのことをどっぷりと書きたいんだけど、それはいつか書くということで…。
歌詞も例え稚拙であっても、自分の言葉で訳したいと思う。

イントロの時計の音を聴くと、いつも個人的には戦慄が走る。
自分の生き方に対して、警鐘を鳴らすかのように、僕にはいつも聴こえる。


Ticking away the moments that make up a dull day
Fritter and waste the hours in an offhand way
Kicking around on a piece of ground in your home town
Waiting for someone or something to show you the way

Tired of lying in the sunshine staying home to watch the rain
And you are young and life is long and there is time to kill today
And then one day you find ten years have got behind you
No one told you when to run, you missed the starting gun

And you run and you run to catch up with the sun, but it's sinking
Racing around to come up behind you again
The sun is the same in a relative way, but you're older
Shorter of breath and one day closer to death

Every year is getting shorter, never seem to find the time
Plans that either come to naught or half a page of scribbled lines
Hanging on quiet desperation is the English way
The time is gone, the song is over, thought I'd something more to say

※歌詞を翻訳されているサイトがあるので、勝手にリンクさせて頂きます。
http://www.geocities.jp/lay_down_with_number15/Lyrics.html


B000002U82Dark Side of the Moon
Pink Floyd
Capitol 1991-07-20

by G-Tools


Pink Floyd 「Time」
ライブであの世界観を再現してしまっています…。
やっぱり昔のミュージシャンって、ほんと只者じゃないと思います。
ただ、この曲はやっぱり『The Dark Side of the Moon』を構成する一作品に過ぎないので、
アルバムの流れで聴く「Time」が、やっぱり最高だと思います。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Bon Jovi 「Raise your Hands」

先週から体調悪くなって、金土と激しい飲み会が続いたせいで、更に体調は悪くなっている。
身体が丈夫なのが売りだったのに、壊してしまうなんて歳を感じます。
明日は朝5時に家を出て、出張です。

どうとでもなれって感じ。
年末の休みまでは、ほんと気持ち入れていこうと意気込む今日この頃。


実は先週の水曜にBon Joviのライブに行ってきた。東京ドーム。
何年ぶりだろ。レッチリ以来かなー。
当日券で入ったので席はスタンド後方だったんだけど、真正面の位置だったので、満足。
スクリーンと観客の状態がよく見えた。

「Blood on Blood」でライブはスタート。いきなりテンション上がる。
単純にBon Joviがこの空間で演奏して歌っているということが嬉しかった。
序盤の「You Give Love a Bad Name」「Born to Be My Baby」の流れは超鉄板だった。
スタンドの周りの方々も大盛り上がり。やっぱりいい曲はいい。

僕は最近の曲は知らなかったので、へー最近はこんな感じなんだーって聴いてたけど、
なんてゆーか、全然昔と曲の作り方変わってないと思った。
みんなで合いの手入れられるパート作って、ギターソロで盛り上げて一気にラストのサビにつないだりとか、
金太郎飴みたい。ジョンが歌いやすそうなピッチでボーカルラインは作られていたけど。

ただ中盤は、最近の曲が多かったせいで、やっぱり会場全体的に、まったりしたムードが漂っていた。
札幌では散々盛り上がった「It's My Life」も、対した盛り上がり無く、淡々と終わった気がした。

中盤にアコースティックセットがあったんだけど、そこで何と「Someday I'll Be Saturday Night」が!
この曲自分物凄く好きなのでテンション上がったんだけど、ジョンのボーカルが…。
サビのフレーズ、あの名曲のオクターブ下を歌っています。これには参った。
でも最後はキーを戻して歌ってくれたから良かったけど、こんなんなら聴かなくても良かったかな…。

と、そんなんだったけど「Runaway」「Raise Your Hands」の二曲は、
個人的な沈滞ムードを一気に払拭させてくれた。あの「Runaway」のイントロはやっぱりいいです。
会場も一気にスイッチ入って、再沸騰といった感じだった。

この日の僕のハイライトは「Raise Your Hands」だった。
他の曲はどうも演奏がもっさりしていて、いかにも年寄りのライブ…、って感じの演奏だったけど、
この曲の演奏はすごく良かった。やれば出来るじゃねーかって思った。

特にリッチーのギターが良かった。
この曲はピッキングハーモニクス使いまくりの、かなり派手にギターが立ち回る曲なんだけど、
音のメリハリも完璧だった。すごく気持ちの良いギターを弾いてくれて、アガった。
この曲のギターソロは最高です。80年代テイストが詰まった素晴らしいギターソロだと思います。

この曲の後「Keep the Faith」、
アンコールとして「Wanted Dead or Alive」「Livin' on a Prayer」でライブは終わった。
当然ながら「Livin' on a Prayer」は大盛り上がりで、僕も歌いまくり。
やっぱり名曲を持っているバンドのライブって、いいなーと思ったところでライブは終わった。


正直演奏もボーカルも全然期待していなかったし、実際あんまりいいライブとは言えなかったんだけど、
でも、僕はそれで全然良かった。昔好きだった曲たちを、あの場で演奏してくれれば、それで良かった。
ジョンは昔のように高い声は出ていなかったけど、でも僕はそれで良かった。

やっぱり昔聴いていたバンドは、今でも好きなことには変わりないようです。
次来日するときも、なんか酷いライブな気がするけど、でも行きたくなるんだろうなー。


(セットリスト)2010/12/1 東京ドーム
Blood on Blood Play Video
We Weren't Born to Follow
You Give Love a Bad Name
Born to Be My Baby
Lost Highway
Whole Lot Of Leavin'
When We Were Beautiful
It's My Life
I'll Sleep When I'm Dead
We Got It Goin' On
Bad Medicine
Lay Your Hands on Me
What Do You Got?
(You Want To) Make A Memory
I'll Be There For You
Someday I'll Be Saturday Night
Work for the Working Man
Runaway
Raise Your Hands
Who Says You Can't Go Home
Keep the Faith

Wanted Dead or Alive
Livin' on a Prayer


B000006ZFZワイルド・イン・ザ・ストリーツ
ボン・ジョヴィ
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1995-02-25

by G-Tools



Bon Jovi 「Raise your Hands」
この曲、そこまで代表曲ってイメージはないんですけど、ライブではかなり盛り上がってました。
リッチーのギターが最高です。サビをみんなで歌って楽しかったなー。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。