スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the pillows 「Swanky Street」

帰りの電車の中で久々にピロウズを聴いてみたら、なんか今の心境に凄くハマった。

新しいバンドが続々とデビューして、かっこいい音楽をやるバンドもいっぱい出てきて、
自分より年下の若いバンドの音楽を聴く機会が増えてはいるけど、
やっぱり自分が高校くらいに聴いていたバンドが一番好きなのは、今でも変わっていない。

それってきっとどんな人でもそうなんじゃないかと思う。
自分の青春時代と同期する時代を駆け抜けてきた人達の音楽って、やっぱり特別だと思う。


「Swanky Street」は1996年の曲だから、約15年前の曲。
でも音楽的にも、歌詞も、全然古臭さを感じない。普遍的な何かが、きっとこの曲には宿ってる。

久々にこの曲聴いてみて、歌い出しの歌詞から、ハッとする自分がいた。

誰の記憶にも残らない程
鮮やかに消えてしまうのも悪くない
孤独を理解し始めてる
僕らにふさわしい道を選びたい

明らかにこの曲は「孤独」と「闘い」をテーマにしているんだけど、
この歌い出しのフレーズは、そんな心境をたったこれだけの言葉で語り尽くしている気がする。

「誰の記憶にも残らない程 鮮やかに消えてしまう」なんて実際にはありえないことなんだけど、
自分の人生は自分で選択する、周りの人間なんて気にはしないんだという決意を込めたフレーズに聴こえる。
例え無視されたっていい、顧みられなくたっていい、自分でふさわしい道を選べればそれでいいんだと。

何となく、セールス的には振るわなかった当時のバンドの状態を語っている言葉のような気がする。
このテーマは「ストレンジ カメレオン」にも繋がっている。
寧ろこっちから「Swanky Street」に繋がっているって言ったほうが正しいのかもしれないけど。

しかしながら、彼らは「僕ら」にふさわしい道を選びたい、と歌っている。
孤独ではあるけれど「僕」は決して一人ではない。一緒に進んでいく仲間がいるということ。
正にバンドのメンバー同士に向けたメッセージだと思う。

世間の中で上手くやれずに、もがき苦しんでいる人々にとって、
この四行の歌詞って、凄く心に触れるフレーズなんじゃないかって思う。
孤独ではあるけど決して自分は一人ではない。
こんな心境を自分の姿と重ね合わせることの出来る人って、決して少なくはないと思う。


この後にも、心に触れるフレーズが次から次へと溢れていくのがこの曲。

水溜まりに映る夕日は
オレンジで悲し気で少し暖かい
僕ら何も言わないけれど
同じ事を感じてるって知ってる

このフレーズも凄くいい。「悲し気で少し暖かい」は「僕ら」の心境とリンクしている。
「何も言わないけれど 同じ事を感じてる」なんて、凄くクサいフレーズなんだけど、
なんかここまでストレートに言われると、胸にじーんと湧いてくるものがある。


僕らは間違いながら 何度も傷ついたけど
信号が何色でも ブレーキなんて踏まない
壊れてもいいんだ

実際こんなに無鉄砲じゃいけないんだけど、こんなことを言わせるくらい、
当時の彼らって、音楽にきっと賭けるものがあったんだと思う。

「ブレーキなんて踏まない」
ここぞと決めたら、怖くても前に進まなくてはいけない。

自分も頑張らんといかん。ほんと全ての歌詞が共感出来る名曲だな…。


B00005F7NPPlease Mr.Lostman
山中さわお the pillows
キングレコード 1997-01-22

by G-Tools



the pillows 「Swanky Street」  
2009年の武道館ライブ。盛り上がりが凄い…。勿論演奏も熱い。ギターソロなんて最高です。
ピロウズって本当にCDもライブも素晴らしい、日本が誇るロックバンドだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Them Crooked Vultures 「Elephants」

いよいよフジロックまで1週間を切った。
今年の場合は日々を待ち遠しく過ごすというより、いつの間にかこの日来てしまった感じ。
俺のテント、生きてるのかな…。確認してないけど、かなり不安…。

仕事の状況的に日曜のフジロックが終わったらそのまま車で帰って、
朝方に家着いて、ちょっと寝て出社って感じになりそう。

怒涛。これまで鍛えてきた身体の集大成がここに試される感じ。
あれだけ楽しみにしていたAtari Teenage Riotの単独公演も、
仕事の最終日ということもあり、行けるか分からないのでチケット取れずにいる。
半分以上、単独は諦めて、サマソニ行こうかなんて気持ちでいる。

とはいえ、だからこそ、フジロックは完全に燃焼し尽してこようという気持ちでいる。
最近はやっぱりフジロックに出るアーティストの音楽を聴くことが多い。


ここにきてめちゃめちゃ楽しみになってきたのが、Them Crooked Vultures。
あの暑苦しいロックオヤジ達の音楽が、この暑苦しい最近の日々によく合う訳です。

このバンド、はっきり言って聴きやすさは無いと思う。

Queens of the Stone Ageはあんまり聴いたことないんだけど、
Foo Fightersにはエモーショナルなメロディがあるし、
Led Zeppelinも一聴して耳に残るリフとメロディがある。

ジョンジーとデイブはやろうと思えばもっと一般的なリスナーの耳に残るような曲を書けたんだろうけど、
二人は特にプレイヤーに徹して、バンドのセッション感というか、
スタジオに集まって特に何も決めずに、うわーって音を出す感覚、
陳腐にいえばロックの衝動を楽しみながら曲を作ったんだろうなって感じがする。

はっきり言って、このバンド、同じような曲を若手のバンドがやっていたら聴かないと思う。
ネームバリューに負けている、といえばそれまでだけど、
彼等がやっているから聴くし、かっこ良く聴こえるというのは絶対にあると思う。

しかしその中にある細かいプレイの数々を聴いていると、
やっぱりさすがだなーって箇所がたくさんあって、
荒削りの中でもキメの数々に、卓越したミュージシャンとしての技術を感じて、ため息が出そうになる。

ミュージシャンの歴史って、やっぱりプレイに現れるってのは本当だと思う。
あの重厚さは、そんじょそこらのミュージシャンじゃ、きっと出せない。

やっぱり僕にとって、ジョンジーとデイブは特別なのでリズム隊に特に耳がいく。
ジョンジーのルート弾きって、やっぱりかっこいい。

「Rock and Roll」のルート弾きが、僕の中で人生史上最高に好きなベースラインなんだけど、
そんなプレイを髣髴とさせるベースを聴くことが出来る。
もう一つの特徴であるランニングのフレーズもふんだんに入ってるし。たまらん。

デイブのドラムも、Nirvanaにおけるそれとはスタイルがちょっと違っているけど、
でも気合は変わらずに、まさに漢のドラミングが感じられて、またこれがかっこいい。


いよいよ一週間!倒れるときは前のめりに倒れたい。楽しみだー。


B002TUU2XEThem Crooked Vultures
Them Crooked Vultures
Interscope Records 2009-11-17

by G-Tools



Them Crooked Vultures 「Elephants」 LIVE
演奏うますぎ。そしてかっこよすぎ。CD聴いて、これ絶対ライブだと化けるんだろうと思っていたけど、
その通りだった。きっと生で聴いたら相当な衝撃受けるんだろうな…。

Accept 「Metal Heart」

帰りの電車の中で、家に溜まっていた数日前の新聞を読んでいたらこんな記事を見つけた。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C81818A9995E2E6E3E48DE3E5E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

普段なら読み飛ばしてしまいそうな記事なんだけど、なんか凄く心に染みた。
大変失礼な言い方をすれば、人間の寿命を考えれば、もういい年齢の方。
しかし、生に執着し、心折れることなく、数時間耐えて、生き延びた。

世の中は暗いニュースに満ち溢れて、自殺者は増加の一途らしい。
自殺するという「生き方」を僕は否定しないし、否定することも出来ない。
でも自分が死ぬ場所はここじゃないと、「生」に執着する生き方の方が、僕は共感する。

矛盾するような言い方をするようだけど、
実際にその行動が取れるかは別として、僕はいつ死んでもいいという心構えでいる。
自分の死に場所があるならば、そこで死ねれば本望。

天命を全うするという言い方があるけど、
自分の死ぬ場所を探しているからこそ、生に執着できるんじゃないかと思った。

このニュースのまた染みるところが、まず先に妻の安否を気遣ったというところ。
この記事を読んだ自分も、あー良かったなーって思った。
守るべきもののために生きる、これもまた真実だよなーと強く思った。

最近びっくりするくらいに続けざまに結婚していく友人達を思った。
守るべきものが出来るって強いよな、やっぱり。

会社における上司のやり取りで、どうしようもなく苛立っていた僕だったけど、
そんなちっぽけなことが、どうでも良く思えてきたのが不思議だった。


なんか無性に伝統的なメタルが聞きたくなって、わざと遠回りして帰りながら、iPodでメタルを聴いていた。
そういやLoud Parkでまさかの発表あったなーと思って、HalfordとAcceptを久々に聴いた。
今年もまたニクいブッキングしやがるなぁ…。これ、1日目もめちゃめちゃ行きたいわ…。
http://www.loudpark.com/10/lineup/

どちらかというと今のJudas Priestより、Halfordの方が見たい。
もう7、8年くらい経つけど、札幌でのライブ、熱かったもんなー。
あのライブもめちゃめちゃ印象に残っている。
とにかくメンバーの勢いに押されて、メタルゴッドが熱いパフォーマンスを見せていた。

そして、Accept。ウド・ダークシュナイダーがボーカルではないのは大変残念だけど、
でもやっぱり一度は観てみたかった。メイデンやプリーストが第一線のバンドなら、
失礼な言い方をすればB級色も漂う、メタル特有のクサさを前面に押し出したバンド。

うまく言えないけど、決してスタイリッシュではないけど、好きな人の耳には、とことん耳に残るバンド。
はっきり言って、一般の人の耳には受け入れないような気がする。
でも、そんなところがメタル好きの心をくすぐるのです。

『Restless & Wild』と『Metal Heart』 は大学生の頃によく聴いていた。
こんな大学生嫌だけど、それが自分です。

Acceptの名曲といえば「Metal Heart」。タイトルからして名曲です。
5本の指に入る、は言い過ぎかもしれないけど、
メタルという音楽が生まれてから産み落とされた数々の曲の中でも、
最高峰の部類に入る超名曲だと個人的には思っている。

比類なきウドのボーカルと鋭利過ぎるくらいに切れ味鋭いギターリフ。
そしてまた重厚すぎるくらいに、どっしりと地を這うようなリズム。
今の耳で聴くと、ドラムがたまらなくかっこいい。

何といってもこの曲のクライマックスはギターソロ。
あの「エリーゼのために」のフレーズを強引にねじ込んで、文字通りのギターソロに突入。
そして再びバンド演奏に戻る箇所なんて、鳥肌もののかっこ良さです。

力業でここまでドラマチックに聴かせてしまう構成力には脱帽の一言。
何遍聴いても畏怖の念すら感じてしまう素晴らしさです。


歳をとっても頑張って生きているおっさん達。
先輩達を見習って、自分も精一杯に生きなければならないと再び思う今日この頃。


B0012GMXBKMetal Heart
Accept
Sbme Special Mkts. 2008-02-01

by G-Tools



Accept 「Metal Heart」 音のみ。1985年の曲です。


Accept 「Metal Heart」 これまた1985年のライブ。メンバーの演奏、個性ありまくりでかっこ良すぎです。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

MUSE 「Time Is Running Out」

月日が流れるのは早い。
怒涛のように時は流れていく。ブログの更新をやらぬまま、もう7月も終盤へ。
いつの間にか梅雨が明けたかのように蒸し暑い日々が続いている。

ギリシャに行って、もう一ヶ月経っているなんて信じられない。
それを言えば職場変わってからもう三ヵ月半、三十歳になってからもう九ヶ月、
引越ししてから、もう十ヶ月、去年フジロック行ってからもう一年。

昨日のことのように思い出せることが、えらい遠くの出来事であることに驚く。
時の流れは一定であるけれども、体感する時の流れは毎年のように加速していく。
子供の頃に大人達が言っていた事は本当だった。

でもそのことに対して、不思議と寂しさとか哀しさというものは無い。
それが人間の宿命だと冷静に受け止める自分がいる。
このままこうして自分は朽ち果てる。別にそのことに抵抗したいとも思わない。

不老不死の薬は、要らない。
死が宿命付けられているからこそ、人間の生は光り輝くんだと思う。

数え切れないほど多くの人達が、自身の人生に悩み、
それぞれが置かれた社会的状況に対応して、生き、死んでいった。
数え切れない不幸の中、死んでいった人達に心を痛めるし、
社会で大きな仕事をやり遂げ、多くの人たちに惜しまれながら死んでいく英雄に、憧れを抱く。

時間の流れが速いなと思う今日この頃、こんなことを考える。
こういった心境は別に今悟った訳ではなくて、ずっと昔から考えていたことなんだけど。

最近全然ゆっくり本を読んだり、音楽に浸ってなんてことが出来ないけど、
こんな生活、それはそれでいい。そんな時間もまたやってくるので。


時間をテーマにした曲といえば、Pink Floydの「Time」がとにかく素晴らしくて、
いつかこの曲をテーマにして記事を書きたいと思っているんだけど、
今は深く掘り下げて考察するガッツが足りないので、またの機会に書きます。

続いて思いついたのが、MUSEの「Time Is Running Out」。
この曲のライブ動画を見返してみたけど、やっぱりMUSE、かっこいい。

Our time is running out
Our time is running out
You can't push it underground
You can't stop it screaming out

俺達の時間は無くなっていく
俺達の時間は過ぎ去っていく
その事実を地下に押し込めることは出来ない
叫びながら留めることも出来ない

結構絶望的なことを歌っているんだけど、MUSEというバンドのフィルターを通すと、
不思議とそれでいいじゃねーかって気になったりする。
この曲も名曲。今年のフジロックでもやってほしい。

マジでフジロックまで、怒涛だな…。
今年の会場では、例年に無く芝生の上で寝ている時間が増えそう。


B0001LJC2KAbsolution
Muse
Warner Bros / Wea 2004-03-23

by G-Tools


MUSE 「Time Is Running Out」LIVE

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Creedence Clearwater Revival 「Have You Ever Seen the Rain?」

ギリシャから帰ってきて以来、仕事は当然たくさん残っていたので慌しい生活を送っている。
土日も主に結婚式絡みで飲みまくり。この前の土曜日は結婚式の二次会ダブルヘッダーなんて離れ業。
さすがに疲れて、ブログの更新滞りまくり。書きたいことたくさんあるのに。

そんな日々の中でいつの間にかフジロックのタイムテーブルが発表になっていた。
今年も悩ましい選択が迫られそうです…。

http://www.fujirockfestival.com/artist/timetable/tt30.asp
http://www.fujirockfestival.com/artist/timetable/tt31.asp
http://www.fujirockfestival.com/artist/timetable/tt01.asp

僕はフェスに行く前にだいたいのスケジュールは立てるんだけど、
基本的にその時の気分で行動するので、当日まで何観るか分からなかったりする。
予定調和じゃない過ごし方が、フェスの醍醐味ってのもあるので。

とはいえ、本番前に何観ようかなーって考えるのがまたフェスの楽しみな訳で。
この妄想が楽しいんですよ、ほんとに。


金曜日はSUPER JUNKY MONKEY観て、そっからは奥の方行こうかなと。
JAGA JAZZISTとZAPPA PLAYS ZAPPAが被っているので、当日は悩みそう。

そしてフーファイのコピーやってるバンドのドラマーとしては
TAYLOR HAWKINS&THE COATTAIL RIDERSは外せない。
すっげー残念だけど、KEN YOKOYAMAは今回は見送りだなー。
あのフジロックの環境で、KEN BANDの曲聴いてみたいんだけどなぁ…。

そしてメインステージに行って、THEM CROOKED VULTURES、MUSE観ようかなと。
ここはたぶん鉄板だと思う。MUSEのライブ、今度は凄いもん見せてくれるといいんだけど。


土曜日はまず怒髪天を観たい。増子直純好きなんですよね。あの人のしゃべり、めちゃめちゃ面白い。
フジロックのステージで、どんな発言が出るのか、聞いてみたい。
音楽というよりは、エンターテイメントを観たいって感覚。絶対楽しいだろうな。

こっからは悩ましい。JOHN BUTLER TRIOとbloodthirsty butchers。
KULA SHAKERとTHEATRE BROOK。

普通の人なら海外のアーティスト観るんだろうけど、
あのフジロックの環境で観る日本人アーティストのライブってのはまた格別なので、迷う。
普段はライブハウスで観るバンドが、でかい野外のステージで演奏してるってのは、
また新たな発見がある訳なのです。

続いてはJAMIE CULLUM観て、こっからがめちゃめちゃ悩みどころです。
JOHN FOGERTYとザ・クロマニヨンズ。
とにかくJOHN FOGERTYを観たくてたまらなくなってきたんだけど、こっち行ってると、
ONE DAY AS A LIONで規制かかって観れなくなりそうな気がする。

ヒロト&マーシーのファンとザックのファンって少なからず被っていそうな気もするし、
ONE DAY AS A LION待ちでクロマニヨンズ観る人も多そうだもんな…。
すっげー悩ましい。どうしよう…。

こうなると大混雑必至のONE DAY AS A LIONを諦めて、
ROXY MUSICをまったりと観るって選択肢も出てきます。
初期のロキシー聴いてみたけど、かっこいいもんなぁ…。伝説の人達だしなー。

個人的には土曜の夜が、とにかく悩ましいです。
どうしよう…。こればかりは当日にならないと分からないな。
MGMTはこれも混雑必至なので、CHRIS CUNNINGHAMの頭のおかしい映像鑑賞でもしようかなって思っている。


日曜日はこれ逃したらもう観る機会ないということで、アジカン。
そして僕の青春、ブリットポップのアーティスト、OCEAN COLOUR SCENE。
そっからは適当にフラフラと。OZOMATLIは観たいかな。
レッドマーキーってのが微妙だけど、BUFFALO DAUGHTERも観たいなー。

悩ましいのはDIANE BIRCH。聴いてみたけど、この人の歌、すごくいいです。
彼女の歌を称するのにキャロルキングの名前が挙がっていたりするけど、正にそんなイメージ。
夕暮れ時のフィールドオブヘブンなんて、もう最高のシチュエーションのような気がします。

でもこちらに行ってしまうと、ATOMS FOR PEACEが始まってしまう…。
ここの被りも悩ましいなぁ…。DIANE BIRCH行っちゃうと、最後まで観てしまいそう。
途中からATOMS FOR PEACE観るってのもアリかな。あんまり前の方で観たいって欲求はないし。

何気にATOMS FOR PEACE観てもIAN BROWNの後半は観れそうなので、多分移動。
ローゼスの曲、何やってくれっかな。そっからはひたすら休憩して、BELLE AND SEBASTIAN。
MASSIVE ATTACKも観たいけどなぁ…。ここの被りも、とにかく残念です。

そして最後にSCISSOR SISTERS観て、フジロック終了!、となりそうです。
今年のフジロックも、熱いなぁー。


こうやって妄想していると、やっぱり土曜日のタイムテーブルが悩ましい。
フジロックにジョン・フォガティ出るってことで、Creedence Clearwater Revival聴いてみたけど、
いやー懐かしいのなんのって。

僕、バンド名知らなかったけど、聴いたことある曲ばっかり。しかも、すごくいい曲ばっかり。

たぶん一番有名なのが「Have You Ever Seen the Rain?」
この曲、中学生の頃、ラジオで聴いたのが初めてだった気がする。
好きだったラジオ番組でDJの人がこの曲をよくかけていた。

この曲聴くと、そんな思い出があるからか、自分の中学校時代の頃を思い出す。
僕らの世代だとハイスタがこの曲カバーしてるから知ってるって人も多そう。

「Have You Ever Seen the Rain?」演奏してくれるかは分からないけど、
やっぱりジョン・フォガティは伝説の人だし、観たい。
きっと音楽の素晴らしさを感じさせてくれるステージになるんだろうなって、今から妄想している。

しかし、僕より上の世代の人達にとっては事件だよなぁ…。
38年ぶりって、俺の歳よりも長い。うん、やっぱり観なくてはいかんな。


B000000XB9CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS
Creedence Clearwater Revival
Fantasy 1990-10-25

by G-Tools



Creedence Clearwater Revival 「Have You Ever Seen the Rain?」



John Fogerty 「Have You Ever Seen The Rain?」
2005年のライブなんですけど、この動画観て感動してしまいました。
なんかすごく胸に響く歌。歳を取ってもこれだけ聴き手に迫る歌を歌えるのは、伝説たる所以なんでしょう。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。