スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ride 「Dreams Burn Down」

最近Rideの『Nowhere』をよく聴いている。
なんでかはよく分からないけど、どことなく鬱な心境がない訳ではないので、
あの美しいギターの響きがリンクしているのかなー、と。

Rideを含めてシューゲイザーと呼ばれるバンドのギターはノイジーと称されているけど、
自分にとってはあんまりそう感じなかったりする。
フィードバックにせよ歪みにせよ、理性がコントロールされている範囲で鳴っている気がするからである。

あくまで僕の感覚だけど、彼らの音ってどことなく達観しているというか、人間味をあまり感じなかったりする。
人間の感情の枠をはみ出すことがないというか。淡々としているというか、無機質。

しかしながら、それぞれの楽器の音、尋常じゃなく美しい。

ディレイやらコーラスやら色々とエフェクトがかまされたギターの音はとにかく美しい。
ここまで「美しい」って言葉が似合うバンドってなかなかいない。
UKのバンドって感じがします。こういうセンスって英国人の伝統様式に根付いた何かがきっとあるんでしょうね。


「Dreams Burn Down」はこのアルバムで一番好きな曲。
ハイハットのオープンが印象的なドラムのイントロに合わせて、ギターが入ってくる瞬間、たまりません。
このイントロのギター、本当に最高です。とにかく美しくて、大げさに言うと、感動的です。

ギターの音色は曲の展開の中で、様々な表情を見せていく。
高速で時にワウも絡められながら激しくかき鳴らされるギターは泣いているようにも聞こえたりする。

ドラムともにボトムを支えるベースは基本的にルート弾きで、音色としてもオーソドックスなんだけど、
無機質にも聞こえるギターと比べて、どことなく歌っているように聴こえるのが面白い。

Rideってどうしてもギターとボーカルが目立って聴こえるんだけど、
何気にバンドの肝はドラムとベースだと思います。
かなり細かいところでリズムの工夫をしていたり、強弱の濃淡がついていたり。
ギターが存分に自由に飛翔が可能なのも、このリズム隊あってのものだと思います。


このアルバムだと「In a Different Place」「Paralysed」といったミドルテンポの曲が特に好きなんだけど、
はっきり言って全ての曲、名曲と言っていいくらいの名盤だと思います。

このアルバム作ったとき、メンバーは20歳そこそこ。
とんでもない大物だと思います。こんな完成度の高いアルバムをこの歳で作ってしまうミュージシャン。
畏怖の念を感じえません。

とはいえ彼らは早熟すぎたのか、例えば中心人物のアンディ・ベルは、
いつの日かギャラガー兄弟の傍らで、ステージ上で全く存在感なく演奏するミュージシャンになっていましたと。

何も為していない人間が偉そうに言うのも馬鹿げた話だけど、
若くして何かを為し遂げてしまった人間って、逆に不幸なのかもしれないって思った。
周りの評価って、どうしても昔の実績を基準に見られてしまうので。


美しいものは決して永遠には続かない。
花もそうだけど、一瞬の中にこそ、本当の美しさというものは刻み込まれるのかもしれません。

でも、Rideもそうだけど、その輝きをまた取り戻して欲しいと思うのも、また人なのであります。

これ、リアルタイムで出会ってたら、とんでもない衝撃だったんだろうな…。


B000002LNMNowhere
Ride
Sire 1990-12-29

by G-Tools



Ride 「Dreams Burn Down」 音のみ
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Foo Fighters 「Everlong」

ネット上のメンバー募集で知り合った方々とスタジオに入ってきた。
知らない方々とスタジオに入るのは2回目。前はギターだったけど、今回はドラム。
ドラマーとしてはちゃんとしたバンドで叩いたことなかったので、かなりビビっていた。

でも次に繋がらなくても、少しはおーって思わせられたらいいなと思って、
今週は仕事帰りにスタジオで個人練したりと、なかなか充実していた。

今回はもう一人のギターの方が欠席ということで、ギターボーカル、ベース、そして僕という編成。
3人は全員初対面。でも話しやすい方々だったので、演奏前までは問題なく進む。

そしていよいよ音合わせ。
事前にFoo Fightersの曲をやろうということになっており、その課題曲を合わせる。


感想。
やっぱ、バンド、楽しいや。楽しすぎる。

僕はドラマー歴は短くて(言い訳)、CD通りに叩けない箇所が多いから誤魔化しをかなり入れていたんだけど、
ちょっと走ってもいいから、弦楽器とのノリと勢いを出すことだけは、ずっと心がけていた。
ギターの方もベースの方も、そんな頼りないドラムではあったものの、気持ちいいリズムを作ってくれた。

あまり上手く合っていなかった曲の一部分をピックアップして、ちょっと練習したら、
あっという間に息が合うようになったりと。上手い方々です。

バンドで演奏していると、個々のノリが全体のノリへと変化していく瞬間を感じることがあります。
ちょっと気持ち悪い言い方になるけど、魂が通い合う瞬間というか。
音楽に国境はないっていうけど、確かに言葉はなくても、音を鳴らし合うことで通じ合うことはきっとある。

それなりにハードルは高い「趣味」ではあるけれど、学生時代にバンドやってたときも思っていたことだけど、
楽器の練習やってきて良かった。バンドってやっぱりどうしようもなく楽しいものです。
自分達で曲作れるくらいになったら一番いいけど、定期的にスタジオ入って演奏できればそれでいい。

とりあえず、今日スタジオに入った方々に感謝です。


バンドでコピーやっていていいことは、実際に楽器に触れて演奏してみることによって、
ミュージシャンが作り出した楽曲を、より深く理解できるようになることです。
あーでもないこーでもないと耳コピしながら、ここでこんな音入れるんだーと、
普段聞き流しているときには気付かない音楽の仕掛けに驚きを感じることが多々あります。

今回コピーしたFoo Fightersは比較的派手な仕掛けが多くて、
一聴しても凄いことやってるのは分かるんだけど、
実際ドラムをコピーしてみると、想像以上に変則的なリズムと手数の多いフィルにビビります。
それでいてあんなにポップな感じに仕上げているんだもんな…。センスですよね、ほんとに。

デイヴ・グロール、テイラー・ホーキンスという
個性ある素晴らしいドラマー二人を擁するからこそ作れる楽曲ばかりだと思います。

まー二人とも、一番凄いのは技術云々じゃなくて、言葉にならない「ノリ」なんだけど。

叩き方もめちゃめちゃかっこいいし。
あんな感じに身体いっぱい使ってビシバシ叩くのって、実はかなり難しいのです。
パワフルだけど、無駄な力は抜けている。しなやかなドラミング。あんなドラムに憧れます。


さっきまでフーファイの動画観てたんだけど、とんでもないライブ動画見つけました。
「Everlong」はCDだとデイヴが叩いてるんだけど、このライブ動画ではテイラーが叩いています。

これがまた、恐ろしいノリ…。バンドのマジックというものを感じます。
PCの画面越しではあるけれど、このライブ動画観ていて、自然に身体が動いてしまった。
これ、あの場にいたら絶対ヤバい…。客もめちゃめちゃ盛り上がっています。

プロの演奏かくあるべし。ミュージシャンとしての底力を感じます。


とはいえ、僕みたいな素人があんな演奏できるわけないし、する必要もない。
だけどバンドのメンバーと音で会話しながら、渾然一体の「ノリ」を作り、感じることは出来る。
そんな瞬間を感じられるから、バンドは楽しい。

音楽が人に自らの思いであったり、メッセージであったりを表現するために存在する一方で、
自分の奥底にある熱いものを呼び起こすために存在するのも、また音楽なんだって気がします。

そんな楽しみ方をしてもいいじゃないか。そう思っています。


B000002UKSThe Colour and the Shape
Foo Fighters
Sony Music Distribution 1997-05-12

by G-Tools



Foo Fighters 「Everlong」
2002年のライブ。とにかく凄い…。
この曲、練習すればするほど好きになっていきます。自分にとって一生聴き続ける曲になりそうです。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Black Sabbath 「Neon Knights」

ロニー・ジェームス・ディオが亡くなった。
メタル黎明期を彩った文字通りの大御所。

僕はロニーのボーカル、こってりし過ぎていて、様式的過ぎるという感じがして、
あまり好みではなかったんだけど、間違いなく凄いボーカリストだった。
メタルの世界では文句なしにトップレベルのボーカルだったと思う。


僕は一度だけロニーを観たことがある。Loud Park 07にて、Heaven and Hellで観た。
メタル好きの先輩の誘いで行ったんだけど、Heaven and Hellよりも
個人的にはOutrage、Machine Head、Triviumが目当てだった。

Loud Park 07のラインナップ。懐かしー。Therionが凄く良かったなー。
http://www.loudpark.com/07/lineup/index.html

Heaven and Hellは面子は最高なんだけど、もうお爺ちゃんの年齢だし、
激しいライブなんて全く期待していなかった。
実際、Heaven and Hellまで残っていた人はあんましいなかった気がする。

でも、ディオのボーカルはとにかく凄かった。

見た目は色々と言われているように小柄で、ナイナイの岡村に似ていた。
ちょっと髪も薄くて、やっぱりお爺ちゃんって感じだった。

メタルのボーカルスタイルって高音バリバリの人が多いから、
年とともに声が出なくなっていく人が多いんだけど(ロブさんとか…)、
失礼ながらそんな見た目とは裏腹に、ディオは特別だった。

とにかく声量が凄かった。高音もバリバリ出ているし、
中低音でちょっとドス効かせたボーカルもこなしていた。

それまでメタル以外にも色々とライブ観てきたけど、
ボーカル、という観点でみれば、あそこまで凄い人は今まで観たことがなかった。
衝撃だった。

歌が上手い人の歌って、すごく引き込まれます。
トニー・アイオミも、ギーザー・バトラーも、かっこ良かったんだけど、
僕の印象ではディオがぶっちぎりだった。めちゃめちゃ興奮した。

ディオと観客とで合唱した「Heaven and Hell」、すごく気持ち良かったなー。
元祖のメロイックサインも炸裂してたし、最高のメタルライブだった。


楽器のプレイヤーもそうだけど、昔と比べて、存在感のあるボーカリストって減っている気がする。
メタル以外のロックの世界を含めても、ボーカルがギターやベースを兼任するバンドが多くなったから、
声だけで勝負するボーカリストが減ったのは、自然の成り行きなのかも。

昔だと、ぱっと思い浮かべても、
ロバート・プラント、フレディ・マーキュリー、ロブ・ハルフォード。
あと、全然上手くないけど、超個性的なオジーさんもいますね。

音楽は今に至るまで細分化を続けていくけど、
ロックがまだ大きくジャンル分けされていなかった時代、
やっぱりあの時代のミュージシャンの方々の底力ってのは凄かったんだろうな、と思います。


たった一度きりではあったけれども、
そんなディオのパフォーマンスに触れることが出来て、僕は幸せだったと思う。
欲をいえばまた観てみたかったけれど、折に触れて、CDは聴き返すんだろうな、と思う。
ディオの生きた証は、しっかりと世界に刻まれたと思う。

そういえばオジーが今年来日するなんて噂もあるようです。
僕の少年時代のヒーロー達は、大人になってから幸せなことに結構観ることが出来ているんだけど、
残る大物はオジーさんです。出来ればザック・ワイルド連れてきてほしいんだけどな…。

失礼な言い方になるかもしれないけど、
彼等が生きている間、僕は伝説をもっと目撃したい。


B001EOOQEMHeaven and Hell
Black Sabbath
Warner Bros. 2008-10-07

by G-Tools



Black Sabbath 「Neon Knights」
そういや説明してなかったけど、 Black Sabbathはオジー時代と、ディオ時代で全然音楽性違います。
人それぞれ好みはあるでしょうが、どちらの時代も、かっこいいと思います。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Atari Teenage Riot 「Speed」

今年は行かないかもって思っていたサマソニだけど、ここにきて個人的に衝撃の発表が…。

Atari Teenage Riotです。

カール・クラックは亡くなっているからオリジナルメンバーではないんだけど、
あの伝説の方々が日本で、ATRとしてライブをやるってのは…、観に行かなくては…。
再結成してたのは知ってたけど、日本に来るとは思っていなかったな。

とはいえ、彼らは音源としてはそこまで聴きまくるほど好きって訳ではなかった。
ただ、とにかくライブを観てみたかった。
CDから放たれるあのエネルギーを、生で体感したらどうなるんだろうって興味がずっとあった。


アレック・エンパイアを筆頭として、彼らは反体制的な姿勢を音楽に込めた政治的なバンドである。
思想としてはドイツ赤軍(RAF)との共鳴が知られていて、東西ドイツ統一後に右傾化する社会に疑問を抱き、
闘争を煽動するようなメッセージを発し続けていたバンドである。

勝手ながら彼らについて書いてあるサイトを転載。
http://kdxn.tumblr.com/post/408845865/riot-sounds-produce-riot

とにかく有名なのが、NATOによるコソボ空爆の反対集会にてライブを敢行し、
結果的に逮捕されてしまうという事件。この映像、YouTubeで見れます。
かなり衝撃的なデモ隊と警官のリアルな衝突、そしてメンバーの逮捕…。

コソボ空爆って日本でもかなり報道されていた記憶があって、
当時青二才の僕でも少なからず考えるところがあったのを覚えています。

1999/5/1 ベルリンにて



でもアレック・エンパイアという人、意外だったんだけど、
決して暴力による革命を望んでいるわけではないようです。
あくまで暴力は、追い込まれた人間が最後に行使すべき手段であると。正論ですね。

これも無断の転載ですがネット上では貴重なインタビューです。
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Drum/5145/pickup/alec.html

彼らの活動が世界を変えたかというと、失礼な言い方になるけど、正直そんなことはなかったと思う。
社会的なシステムというものは、恐らくもう人間の手には負えないほど巨大化してしまっていように思えるので。

でも、彼らのそのメッセージに触れた人間にとっては、共感するにせよ反発するにせよ、
考えるべきテーマというものを突きつけられるわけで、
盲目的に物事を受け止めるのではなく、今起きていることを自分の目と心で理解しようとする。
そんな行為を想起させるという点で、彼らの存在ってのは偉大だったんだと思います。

しかし暴力の連鎖というものは何でなくならないんでしょうか…。
殺し合いではなく、もっと理性的に衝突できるような手段があればいいんですけど。
現状、持つ者持たない者、の線が引かれる限りは、ずっと暴力という手段はなくならないのでしょう。
すごく残念なことですが。


そんな政治的な側面を抜きにしても、Atari Teenage Riotの音はかっこいい。
あまりにもノイジーだからテンション高いときにしか聴けないけど、一度ハマってしまうとヤバいです。

打ち込みのビートにディストーションギターの組み合わせは、MinistryやNine Inch Nailsを彷彿とさせるけど、
ATRの場合はもっとぶっ壊れたブレイクビーツというか、整合感はあまり感じられなくて、
とにかく衝動的に突き進んでいくような、原始的っぽい音が特徴的です。

彼らの登場がMAD CAPSULE MARKETSの音楽を変えたのも有名な話です。
こっちも復活しねーかな…。ムリっぽいけど。

こういう過激な音楽って男の専売特許のようなものだけど、
ハニン・エリアスの存在が個人的に大きいと思う。
彼女のボーカル、すごくかっこいい。アレックとカールとの掛け合いは最高ですね。
ライブでも彼女、相当ブチ切れたパフォーマンスしてたみたいです。


しかし彼らのサマソニの出番は深夜のソニックステージ。
2日券じゃないと入場できないなんてことにならないように祈るばかりです。
チケット高すぎでしょ、いくらなんでも。

単独でライブやってくれるのが一番いいんだけどなあ…。


B000063KOCDelete Yourself
Atari Teenage Riot
Import 2002-03-05

by G-Tools



Atari Teenage Riot 「Speed」PV

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Foo Fighters 「Best Of You」

自分には、波がある。今は5月病ってやつかもしれません。
なんかこー、心の奥底から込み上げてくるものがないってゆーか、抜け殻のよう。

自分がとりあえずの目標としていることが全然達成されている訳でもないのに、
朝出社しているときに雲一つない青空を眺めていると、これ以上都会にいる必要があるのかって思ったり。
都会で満喫できることって、個人的にかなり満喫してきた思いもあるし。
混雑した駅の中で不快な思いをすることも多いし。

とはいえ、北海道には仕事があるわけでもないし、しばらくはこっちいるんだけど。


身近なところにいる人間がどんどん結婚していくので、段々取り残されている恐怖感が湧いてきた。
恋愛感情ってムリに搾り出すもんじゃないって思ってたんだけど、
そんな悠長な考えじゃ、いけないんだろうなって思ってきた。

そう思って突発的に知り合いの女性を飲みに誘ってみたり。
予定が合わず…、うまくいかないもんです。一気に面倒になる。

今流行りの婚活の波に乗ってみようかな。絶対自分に合わなそうだけど。


仕事もいいんだけど、なんか変化がほしい。
そう思って、これまた突発的にまたバンドやりたくなって、ネットのメンバー募集サイトに投稿してみた。
ドラムやりたいですって。
知り合いとバンドやるのもいいんだけど、知らない人と音をぶつけ合ってみたいと思った。

そしたらあっという間に複数の連絡が来た。

バンドやったことある人なら分かると思うんだけど、バンドやるのに一番ネックになるのが、ドラムです。
ギターとベースに比べて、ドラムやる人って少ない。家にドラムセットある人なんて殆どいないだろうし。

とりあえず他のお誘いは断って、一番初めに連絡をくれた方のバンドと、
近いうちにスタジオに入ることになった。
まずはコピーやってみようってことで、Foo Fightersの曲を紹介してもらった。


Foo Fightersって「All My Life」と「Monkey Wrench」が好きだったんだけど、
比較的最近の曲は知らなくて、アルバム買ってみたけど、良かった。

特に『In Your Honour』の「Best of You」。

ドラム難しくて全然完コピ出来ないんだけど、叩いていて物凄く気分が高揚してくるのが分かる。
ギターやベースやってても、すごく気持ちいい曲なんだろうな。
この人たちの演奏って、とても直球的で感情をそのまま楽器に叩きつけるというか、
楽器が感情を持って鳴っているというか、とにかく情熱が伝わってくる。

そしてデイブ・グロールという人、こういうエモーショナルな曲書かせたら天才的ですね。
素晴らしい。


最近はそんな日々です。早く夏にならねーかな。


I've got a another confession, my friend
I'm no fool
I'm getting tired of starting again
somewhere new

Were you born to resist or be abused?
I swear I'll never give in-I refuse

Is someone getting the best of you?


B0009IGARKIn Your Honour
Foo Fighters
Bmg 2005-06-14

by G-Tools



Foo Fighters 「Best Of You」 PV

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。