スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Use For A Name 「Justified black eye」

No Use For A Nameのライブに行く。

赤坂、横浜、原宿、どれ行こうか考えたけど、
一番空いていそうなところで観たいなと思い、横浜ベイホールへ。
なんといっても10月中旬にチケット買ったのに、整理番号が50番。びっくり。
赤坂で2日やった後で、原宿ワンマンだから、それも分かるけど。

実際、ベイホールに来ていた人は少なかった。
でも集まっていた人達は熱かった。
わざわざベイホールみたいなアクセス悪い会場に集まるんだから、熱い人達が多い。

そういや今までベイホールで何回かライブ観たけど、
どのバンドのときも観客の盛り上がり良かったような。
今後も会場選ぶときはベイホール優先しようか。柱めっちゃ邪魔だけど。

前の方で暴れたい人たちも、人が密集してないから、
十分スペースあって色々とやりやすそうだった。

前座のバンドの方々もしきりにノーユース好きだって煽る。
愛されてますね、このバンド。
そして最近の日本のバンドって演奏上手いなと感心。


ノーユースのライブは楽しかった。

トニーさん、高音はかなり辛そうでフェイク使ってたけど、一生懸命歌ってた。
演奏もさすがに上手い。
あーいう感じでライブハウスでバンドと観客が一体になって盛り上がれるライブは、いい。
後ろの方から観客含めてステージ観てたけど、なんか幸せな気持ちになった。

今年になって初めて聴いたバンドなんだけど、
聴きたい曲もいっぱいやってくれて良かった。

「Invincible」はイントロからめっちゃ速かった。
あんなドラム叩けるようになりたい。客も盛り上がってたな。

「Dumb Reminders」「Growing Down」「Soulmate」のようなメロディアスな曲も良かった。
この人達のメロディセンスって、アメリカ人にしか作れない。

でも個人的には、この人達の魅力って男臭い疾走曲だと思った。
アンコール2曲目、「Justified black eye」が始まったときは、しびれた。
観客も一気に沸騰。この曲が一番盛り上がっていた。
自分が高校のときに流行っていたメロコアのイメージまんまの曲。かっこいい。

ライブ全体を通して、正直少しユルさも感じたりしたけど、
さすがに色んな国をツアーしている人達。百戦錬磨の存在感があった。
きっと全盛期は凄かったんだろうなー、と。昔の彼らのライブも観てみたかったな。


ライブが終わって、会場を出ると、雨だった。
雨に濡れながら、でもライブで浴びた熱量はそのままに、幸せな気分で帰る。
次の来日でもライブ観たい。このバンドに出会えて良かった。


B0000007Q3Leche Con Carne
No Use for a Name
Fat Wreck Chords 1995-02-15

by G-Tools



No Use For A Name 「Justified black eye」



ブログランキング お勧め音楽
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

No Use For A Name 「Invincible」

10月下旬に行きたいライブが固まっている。

10/17(土) Loud Park 1日目
10/18(日) Loud Park 2日目
10/19(月) Slayer (ネット上の噂)
10/23(金) eastern youth
10/29(木) No Use For A Name
10/30(金) No Use For A Name

金銭的な問題もあるけど、平日のライブは行けるんだろうか…。
基本、全部行く意気込みで臨むんだけど。チケット売り切れなさそうだし、もう少し様子見。
9月は節約しないとな。


なんだかんだドラムの練習始めてから1年くらい経つけど、
叩けるフレーズも増えてきて、大分楽しくなってきた。
会社の人達とバンドもやっているんだけど、最近の楽しみはCDに合わせて叩くこと。

最近は専らパンク系のドラムが楽しくて仕方ない。
バスドラのスライド使ったフレーズが大分リズムキープできるようになってきたし。

これ出来ると、いわゆるメロコアのビートが叩けるんです。
ズッタン、ズズタンって。気持ちいい。
相乗効果で速いバスドラのフレーズも少しずつ踏めるようになってきた。

ドラム練習における第二次性徴期ですね。
メロコア、バンドでやりたいけどなあ…。ちょっとメンバーの嗜好と違うんだよなあ…。


最近CDに合わせて叩くことが増えたのが、No Use For A Name。
『Hard Rock Bottom』買って、こりゃいいわーって夏の間ハマって、
夏の終わりに『Leche Con Carne』『Making Friends』を買って、心酔。  

この人たちのメロディセンスとアレンジのセンスは素晴らしい。
完全にツボを押さえている。ベタな気もするんだけど、徹底的にメロディアス。
だけどボーカルや演奏に荒々しい男臭さも感じるし。心は鷲掴みである。

なんていうかアメリカ人にしか作れなさそうな曲なんだよなー。
こういうの聴いてると、国民性の違いを感じる。

メロコアとかパンクって高校や大学の頃はあんまし聴かなかったけど、
今、かなりのブームである。もう30近いのに。感性がまだ若いのか、自分がおかしいのか。
こういう音楽が今の自分の感覚にぴったりくるんだと思う。なぜだか分からないけど。


「Invincible」は仕事中もメロディが頭の中を回るくらいに、中毒症状が出ている曲。
何にも難しいことしてないのに、何でこんなに胸に響くんだろう、この曲。

イントロからしてかっこいい。オクターブ奏法のギターのメロディが良い。
歌メロもコーラスも、良い。メロの裏のギターのバッキングフレーズも良い。ギターソロも良い。
ベースとドラムのリズムもすごく良い。何気にドラムの人、すごく上手い気がする。
バスドラの音がタイト。こんなドラム叩きたい。

要するにムダな音がないんだろうな、と。
すべての音が研ぎ澄まされて鳴らされているから、残った音がストレートに響くんだろうな。


落ち着いたらライブのチケット買おう。木曜か金曜か迷うけど。
ブログを通して新しいバンドと出会えるのは、この上ない喜びであります。

引越しを控えて、ダンボールの山が築かれ始めた部屋より。


B0000007RTMaking Friends
No Use for a Name
Fat Wreck Chords 1997-08-26

by G-Tools



No Use For A Name 「Invincible」 LIVE
大観衆、やたらと盛り上がってます。楽しそう。あの中に入りたい。
音は悪いけど、演奏の上手さが光ってます。



No Use For A Name 「Invincible」 音のみ



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。