スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Radiohead 「Karma Police」

見出しを見て、久しぶりに週間ダイヤモンドを買った。
買って良かった。面白かった。
http://dw.diamond.ne.jp/contents/2012/0609/index.html


>サムスンが日本のエンジニアの引き抜き攻勢を本格化させたのは1997年のこと。
>李健煕会長が掲げた「ジャパン・プロジェクト」により、
>日本の設計思想や技術をキャッチアップし、開発スピードを上げてきた。

韓国メーカーが日本人技術者を引き抜いているのは有名な話だけど、
技術者に対して、年俸手取りで3500万円なんて提示があるとは知らなかった。
自分の周りにも韓国系メーカー行った人いるけど、責められんわ。
日本の企業で頑張っても、大した対価もらえる訳じゃないし、やりたいことも出来ないしね。

>「三洋電機出身者からすれば、買収されたら奴隷のように扱われるという恐怖すらあったようだ」と
>ハイアールの関係者は振り返る。
>「ジリ貧だった開発費も豊富になり、新しいチャレンジができる」というムードになっているという。

中国という国は信用出来ないけど、企業経営という面では文化の尊重に気を使ってるみたい。
日本だと業績悪くなると、すぐ開発費削られるから、
技術者としてやりがいを失うケースが多々あるんですよね。
例え中国企業傘下にあっても、技術者としてはやりやすそうだし、楽しそう。

(ハイアール社副総裁コメント)
>日本の家電メーカーの消費者に対する理念は素晴らしい。
>その理念がすべての社員に徹底しており、技術力も一流だ。
>これは日本の企業が誇る大きな財産だ。

「すべての社員」「技術力も一流」という言葉に引っかかりはあるけど、
このコメントは日本の強みを評する上で、正しいと納得する。

(ハイアール社副総裁コメント)
>一方で、経営はどうかというと、チャレンジ精神をあまり感じない。
>これは一流とはいえない。二流だ。
>さらに組織運営や管理となると三流だ。

なんで外の方にこんなに見抜かれるんでしょうね。
全くその通りだと思います。激しく同意します。
結局、経営はリスクを背負えないから、決断できない。対応が後手に回る。
リスクを伴うチャレンジを追求する風土が、失われていく。

(ハイセンス社総経理コメント)
>戦後日本の成長を引っ張った、がむしゃらに働く人たちは、いなくなってしまったようだ。

いや、いるんですよ。それが実を結んでいないだけで。
固定費削減の旗印の下に、特定部署の人員削減は進み、労働時間が異常な部署が増えている。
一方でがむしゃらに仕事をしたくても、経費削減の名の下にやりたいことも出来ない人がいる。
色んな矛盾を抱えているのが、今の日本の技術者の労働環境だと思う。

>今春、(家電)3社はいずれもトップ交代に踏み切った。
>しかし、前任者の責任は明確にされず、数々の"失敗"は総括もされていない。
>それどころか、ソニーの○○前会長は取締役会議長、パナソニックの○○社長は会長、
>シャープの○○前社長も会長として残った。

自分を社長にしてくれた人間を前にして、前任者の経営を正面から否定できるのだろうか。
潔く自ら一線を退くという美学が、日本にはあまりないみたい。
東電の件もそうだけど、よくも表世界に顔を残せるもんだよ。経営の「責任」って何なんでしょうね。
一度の失敗が許される一般社員じゃないはずなのに。社員にはその失敗を責め立てるくせに。

>2000年以降の家電3社の「失敗の本質」は、あえて一つに絞るならその"近視眼"に尽きる。
>足元の利益に安住し、経営リスクを取った"遠距離"の戦略に踏み出さなかったことで、
>後追いをしてきた韓国勢のさらに後追いをするという失敗が繰り返されている。

自分のような一般社員も含めて、日本企業の凋落は全ての人間に責任がある。
それでも明らかに、経営の責任によるところが大きい。自分はそう思う。

>「本当はソニーがiTunesとiPodを出すべきだったと言われるのが、一番腹が立つ」
>アイデアや技術があっても部門対立ゆえに実現しないソニーの現状に、社員はそう憤る。

組織間の縄張り意識が全体としてのシナジー効果の発揮を阻害する。
日本の色んな組織に対して当てはまること。お山の大将が多すぎるんですよね。

>「日本勢で固まって、本当に世界で勝てるのか」。ジャパンディスプレイへの参画を決める際、
>日立製作所の首脳陣の間では、そのような議論があったという。
>それもそのはず、歴史を紐解くと電機業界の国内再編は連戦連敗。

これも結局、異なる会社同士のシナジー効果が得られなかった結果によるものなんですかね…。

>幸いにして、日本企業は現場が強い。実務に近い人たちが本気を出せばやれることはある。
>往々にして、それを邪魔しているのは本社だ。会社の規模を小さくし、
>上にお伺いを立てずにやれるようになったら、必死になってパラダイム転換に挑戦する人は
>必ず出てくるはずである。

会社の規模が大きくても、海外のメーカーでやれているところはやれているはず。
日本だと何かを始めるのに、稟議やら決裁やらと、フットワークが重過ぎる。
提案しても、現場を分からない人が理屈をこねくり回して、決断もしないんだから、どうしようもない。


って、こんなことブログに書いていても仕方ないんですよね。
自分の思うところを、行動に移していかなければならない。背負うものがないうちに…。

でも、自分も背負うものが出来てきたら、
自分が非難する人達と同じように行動するようになってしまうのかな。
きっと日本の経営者の方々も、純粋な情熱を持って、
日本のために働いてきてこられた方々が殆どのはず。

それが人間ってものなのだろうか。

今の日本って、連続性の中では、きっともう変われないんじゃないかと思う。
阿鼻叫喚が訪れ、歴史の断絶が起こるとき、初めて日本はきっと変わる。
いつか血を流す覚悟が必要なのかもしれない。武器を手に取る覚悟が必要なのかもしれない。

連続性の中で日本を変えていける方法を研究されている方っていないのかな。
まだ僕達に抗える余地はあるのだろうか。知りたいことがまだ自分には多すぎる。


これからこの曲聴きながらちょっと散歩してこようと思います。

Phew for a minute there,
I lost myself.. I lost myself


B000002UJQOk Computer
Radiohead
Capitol 2000-01-01

by G-Tools



Radiohead 「Karma Police」
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Radiohead 「Videotape」

フジロックから朝方帰ってきて、ちょっと寝て出社。
明日は朝七時の飛行機に乗って出張。うーん、身体もつのかな。

でもそれだけ身を削っても、フジロックには僕を惹きつける何かがある。
3日間を満喫できるのであれば、その前後にいくら辛い思いをしようが、別にいいやという気持ちになる。

本当は各アーティストのライブの感想を深く書いていきたいんだけど、
じっくりレビュー的な記事を書く余裕もないので、まずは広く浅く、僕が目撃したものを書く。


○7/29(金)
・SUPER JUNKY MONKEY
ゆるーい雰囲気で流れたライブだったけど、鬼気迫る終盤の演奏はかっこ良かった。
彼女らの楽曲はあの当時からしたら、相当に異質な音楽だったと思う。
叶わないことだけど、やっぱりフルメンバーで観てみたかった。

・橋本・F・高橋
チャットモンチーの変名バンド。チャットの曲をアンプラグド風にアレンジして演奏していた。
当日ネットの書き込みがあって、偶然近くにいたので運良く観れた。
チャットモンチーってライブ観たことなかったけど、歌声にやっぱり力あるなって思った。
個人的にはバンド形態より、こっちの雰囲気の方が好みかも。観れて良かった。

・TAYLOR HAWKINS&THE COATTAIL RIDERS
Foo Fightersのドラマー、テイラー・ホーキンスのバンド。やっぱあの人のドラムは尋常じゃないです。
上背はあるけど、意外に線は細い印象を受けたんだけど、とにかくドラムの音が強烈。
ドラム拾ってるマイクやらタムやらが振動でブレまくってる。ドラムをシバいてるみたいだった。
飛び入りでデイブ・グロールもドラム叩いてくれて、大満足のライブだった。
あんな近くで化け物ドラマー二人を観れたのは、本当に良かった。

・THEM CROOKED VULTURES
かっこ良すぎ。特にジョン・ポール・ジョーンズの佇まいがスター然としていてかっこ良かった。
曲の間に挟まれたセッション的な展開では、4人の技量がぶつかり合って、素晴らしい化学反応を起こしていた。
あーいうストレートなロックやらせたら、このバンドの右に出るバンドはないだろうな。いいもん観た。

・MUSE
個人的には初日のベストアクト。今年の武道館ライブはちょっとがっかりしたクチだったんだけど、
今回のライブは最高だった。演奏の勢いは2006年の方が上だったと思うんだけど、
あのトータルの演出はもう完全にスタジアムバンドのそれだった。スケール感が半端ない。
本編最後の「Stockholm Syndrome」からアンコールの「Plug In Baby」「Knights of Cydonia」の流れは
特に素晴らしかった。


○7/30(土)
・怒髪天
なんかここにきてこのバンド、かなりブレイクしてきた気がする。観客多かった。
持ち時間短いせいであんまりMCないのが残念だったけど、やっぱり増子直純は面白かった。
「ジョン・フォガティでモッシュ」のMCは良かった。

・JOHN BUTLER TRIO
初めて観たけど、皆が絶賛するのも良く分かる、素晴らしいライブだった。
あの時間にあんなに集客するバンド、初めて見たかも。すっげー盛り上がってた。
ギターという楽器をあんなに艶っぽく聞かせる人は、なかなかいないと思った。

・KULA SHAKER
王子クリスピアン、老けたけどやっぱりかっこいいです。
正直最近のアルバムからやったっぽい曲にはあんまり魅力を感じなかったけど、
『K』からの曲はやっぱりテンション上がるし、実際盛り上がってた。「Hush」の合唱は楽しかった。

・JAMIE CULLUM
個人的に二日目のベストアクトは彼だった。イメージと違ってジェイミー、ピアノの上に立ち上がったり、
ステージ走り回ったり、客席まで降りて客とハイタッチしたりとエネルギッシュ。
MCではフジロック、そして参加者の素晴らしさについて語って、一気に心をつかんでいった。
彼の歌う歌、そしてピアノには、胸に響いてくる「何か」があった。ただ上手いだけじゃない。

ライブの始まりにはあまりいなかった観客もいつの間にか増え始め、最終的には大盛り上がりで、
恐らく予定にはなかったと思われるアンコールまで実現していた。音楽のマジックを見た気がした。
いやー素晴らしいミュージシャンです。

・JOHN FOGERTY
これがまた素晴らしいライブでビビった。いきなりCCRの曲を畳み掛けて客の心をつかむ。
ジョンさん、多分還暦過ぎてるけど、めちゃめちゃ声出てる。かっこいい。
バンドのドラマーがめちゃめちゃいかつい人で、強烈なドラム叩いてたのが演奏を引っ張っていた。
演奏につられたのか、ジョンにつられたのか、とにかくバンドの演奏は熱かった。

「Have You Ever Seen the Rain?」「Pretty Woman」の流れはかなり盛り上がっていた。反則でしょ、あれ。
伝説的なミュージシャンって、佇まいから何から、やっぱり格の違いがあることを再認識した。
うん、観れて本当に良かった。

・ONE DAY AS A LION
ホワイトの橋を封鎖させてしまう程に人を集めてしまった、あのレイジのザックのプロジェクト。
ホワイトステージは始まる前から人が異常に集まって、期待感が充満していた。
初めて見るザック、映像で観ていたザックと何も変わってなかった。なんなんだろ、あのエネルギー。

でもやっぱりあーいう音楽やるなら、素直にギター入れた方がいいのになーって僕は思った。
ジョン・セオドアのドラムももっと引き立つと思うんだけどな。
僕と同じ感想を抱いた人は少なくないはず。いや、でもかっこいいのは確かなんだけど。

・ROXY MUSIC
最後の数曲だけ観たけど、すごい大所帯のバンド編成で、あー最初から観てみたかったなーって思った。
ブライアン・フェリーはおっさんだけど、やっぱり只者ではないオーラがあった。
なんでかよく分からないけど、いつの間にか布袋寅泰がステージでギター弾いてた。


○8/1(日)
・ASIAN KUNG-FU GENERATION
やっぱりヒット曲持ってるバンドだなーって、思った。
「リライト」「アンダースタンド」「君という花」なんかは盛り上がっていた。
正直ライブ観ていて僕の心を動かすものはなかったけど、あれだけファンがついている理由も分かる気がした。
でも「ソラニン」やれよ。残念。

・OCEAN COLOUR SCENE
これが想像以上にいいライブだった。メンバー、すっげー老けてて登場でびっくり。
だけど演奏は熱い。ボーカルのサイモン・ファウラーがめちゃめちゃかっこ良かった。
声出まくってるし、少ない動きの中に異様なカリスマ性を漂わせていた。
オアシスのリアムとかイアン・ブラウンに通じるものがあった。

・ATOMS FOR PEACE
今年はこのバンドに尽きる。3日間通しての文句なしのベストアクト。
トムヨークとフリーが並んでギターとベース弾いてる姿なんて鳥肌ものでした。
完全にこの二人の組み合わせは水と油なようで、完全に融合していた。
フリーのスラップベースに乗せてトムがぴょんぴょん跳ねながら歌う姿なんて想像がつかなかった。

ただフリーは異様な存在感を示していたけど、あくまでバンドはトムヨークの世界観で彩られていた。
あの人、本当に音楽に対しては求道者だよなぁ…。本当に凄いミュージシャンだと思った。
正直、僕にとってはレディオヘッド、レッチリよりも魅力的な音楽だった。

あのバンドは絶対スタジオアルバムか、ライブアルバムを出してほしい。
たった短期間のプロジェクトで終わらせるには、勿体無さ過ぎると思う。

・BELLE AND SEBASTIAN
僕のフジロックの締めはこのバンドだった。これがまた素晴らしいライブで感動。
CDの作り込んだ音も素晴らしいけど、ライブで作り込まれた音もまた格別。
観客をステージに上げて踊らせる演出も、凄く良かった。
なんであんなに切ない音が作れるんでしょう。あのライブの音は、今の僕の頭の中でも、鳴っている。


もっと簡単に書くつもりだったんだけど、結局こんな長い文章になってしまった。
フジロックのことはいくら書いても、書きつくせない。
記憶が鮮やかなうちに、色んなバンドのライブのことを書いていきたいと思う。

来週くらいに…。


B000YIXBVIIn Rainbows
Radiohead
Xl 2007-12-27

by G-Tools



Radiohead 「Videotape」 LIVE
ATOMS FOR PEACEでトムヨークがこの曲をソロで歌っていました。
これがまたとにかく美しくて、この人の底なしの才能を感じました。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Radiohead 「No Surprises」

同じチームの先輩が、来月会社を辞めることを、今日知った。
ふと呼び出されて、告げられた。理由については、想像通りだった。

その先輩は単身赴任だった。
うちの会社には幾つか事業所があるんだけど、
その先輩の地元の事業所で、その人はかつて仕事をしていた。
嫁さんもその土地の人らしい。子供もいる。

数年前、会社の戦略上、開発系の事業所は整理、統合が行われた。
先輩はそのあおりを受けて、単身赴任をすることになった。

その先輩は技術者としてまだ追求したいことがあったから、会社に残った。
その仕事ぶりは、僕から見ていても、手本になるような姿があった。

しかし、単身赴任を続ける中で、家族の間ですれ違いが出てきたようだ。
その先輩は地元で仕事を見つけ、もう一度家族を立て直したいと、言った。

何ともやりきれない思いを、僕は抱いた。これは誰が悪いんだ、って。
誰も悪くないのか、ほんとに、って。


リーマンをやっている人間にとって、異動というものは付きものである。
人事の権限は従業員ではなく、会社にある。
そこに異を唱えるつもりはないし、それが嫌なら会社を辞めるしかないと思う。

しかし、考える。会社内で行われる転勤という名の異動。
本当にこれは実を結んでいるのだろうか。

異動させた側の人間は、仮にその異動を伴う組織の改変が上手くいかなったとして、
どういった責任を取るのであろうか。
人の人生を左右させるような決断を、本当に自分の人生を賭けてやっているのか。

そんなことを考えていると、更にやりきれなくなった。


とりあえずその先輩とは来週に飲む約束をした。
昔、常磐線にゆかりのあるメンバーで上野で飲んだ。
そのメンバーでもう一度集まって、上野で飲もうと、約束した。

あの時の飲み、めちゃくちゃだったけど、最高に楽しかったもんな。
あの時の再現だ。


こんな気分のときは、とことん暗い曲を聴いてみる。
まだ俺は「No Surprises」ではないんだから、幸せなもんだ。

ここ最近、本当に色々な出来事があって、考える。色々なことを。
人間同士って、何でこうもすれ違うものなんだろう。

A heart that's full up like a landfill
a job that slowly kills you
bruises that won't heal

You look so tired-unhappy
bring down the government
they don't, they don't speak for us

no alarms and no surprises

美しいメロディと、トムヨークの歌が、染みる。
なんだかなー、うん。やっぱ、レディオヘッド、いいな。


B000002UJQOK Computer
Radiohead
Toshiba EMI 1997-06-16

by G-Tools



Radiohead 「No Surprises」 PV
http://www.youtube.com/watch?v=hbtuVoXkOFg

Radiohead 「No Surprises」 1997年のライブ。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Radiohead 「Black Star」

最近Radioheadの『The Bends』をよく聴いている。
涼しげになった夜に聴くと、すごく良い。

Radioheadは何だかんだで定期的に聴いているんだけど、
その時期の気分で『The Bends』『OK Computer』『Kid A』がローテーションして、
その合間に他のアルバムを聴く、って感じである。僕の場合。

『The Bends』の中でも、最近特によく聴いているのが「Black Star」。

この曲は基本的にヒネリのない、ストレートなギターロック。
だからこそ、トムのボーカルと、ジョニー、エドのギターが生々しく響いてくる。

この曲はとても哀しい曲。


I get home from work and
you're still standing in your dressing gown
well what am I to do?

仕事から帰ってきた僕が見たのは、部屋着のまま立ち尽くす君
僕はどうすべきなんだろう

I know all the things around your head
and what they do to you
what are we coming to?
what are we gonna do?

君が考えていることは全部分かってる
そして彼らが君に何をしたのかも
僕たちはどうなるんだろう
僕達はどうすればいいんだろう

「何か」は分からないけど、「何か」に絶望してしまった「君」を前にして、
なんにも出来ずに無力感を感じる「僕」の痛みと戸惑いが綴られています。

blame it on the black star
blame it on the falling sky
blame it on the satellite that beams me home

それはブラックスターのせいなんだ
落ちていく空のせいなんだ
僕を家まで連れていく衛星のせいなんだ

「君」を絶望の淵に追いやった状況を、「僕」はブラックスター、空、衛星のせいだと言う。
どうにもならない現実を前に、「僕」が取ることの出来た行動は、逃避しかなかったようです。


I get on the train and I just stand about now
that I don't think of you
I keep falling over I keep passing out
when I see a face like you

君のことを思い出さなくなって
僕が電車に乗り 今こうして立っていても
倒れこんでしまうんだ 気を失ってしまうんだ
君に似た顔を見る度に

「僕」と「君」はどうやら別れてしまったようですが、
「僕」の心の中には大きな傷として残ってしまったようです。
恐らく「君」を救うことが出来なかったことに対する、無力感と懺悔の念と思われます。

what am I coming to?
I'm gonna melt down

僕はどうなるんだろう
溶けてなくなってしまいそうだ

最終的に「僕」は溶けてしまいそうだと言う。
自分の存在を消してしまいたいくらいに、「僕」は追い込まれてしまったのでしょう。


曲全体を通して、全く救いようのない歌詞。
現実はどうして僕らをこんなに苦しめるのだろう、と。

そんな歌詞を乗せて、トムヨークの歌はどこまでも優しく響きます。
こんなに絶望感に溢れているのに、なぜか美しい。

今の完成されたRadioheadもいいけど、荒削りにもがいていた、昔の彼らも素晴らしい。


ちなみに僕の解釈は合ってるのだろうか…。
トムヨークの歌詞って、人によって色々な解釈が出てきそうです。深い。


B000002TQVThe Bends
Radiohead
Emi Japan 1995-03-13

by G-Tools



Radiohead 「Black Star」 音のみ



Radiohead 「Black Star」 1994年のLIVE
今の完璧な彼らからは想像がつかないほど、荒削りな演奏です。
今の彼らが演奏するとどんな感じになるのでしょうか。一度でいいからライブで聴いてみたい曲です。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。