スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Megadeth 「Sudden Death」

Megadethの新譜『Thirteen』を聴く。

一回目通して聴いての感想。

序盤にこれきたー、かっけーと興奮し、中盤のミドルテンポ曲の連続に段々飽きてくる。
終盤はおぉーって思わせる曲がまた出てきて、盛り返し、
ボートラのライブ音源に感嘆して、終わる。

ぶっちゃけ一回目の感想は微妙だった。
んで二回目を途中まで回しながら、感想を書いてみようとPCの前に座ったのが、今。

とりあえず二回目はかなりじわじわ来てる。案外いいかも。
ひょっとしたら何回か繰り返して聴くうちにハマっていくタイプのアルバムなのかもしれない。


「Sudden Death」は掴みとしてはかなり完璧な曲だった。
タム主体のドラムにムスティン節のいきなりのギターソロ。
そしてハネ系のギターリフが入ってくるところなんて素晴らしい。
ライブでやってくれたらいきなり盛り上がりそうな曲。

サビのメロディもかなりキャッチーでコーラス入るところなんて、すごくいい。
『Countdown to Extinction』~『Cryptic Writings』の集大成って感じ。
クリスだと思うけど、マーティばりの演歌スケールを取り入れた中盤のソロも素晴らしい。

これはしばらく後期の代表曲って感じになるんじゃないかな。

「Public Enemy No.1」もこれまた2曲目の流れとして素晴らしい曲。
シンプルではあるけど、メロディアスさを兼ね備えたリフはかなりテンション上がる。
この曲のギターソロも、かなりいい。クリスいい仕事してる。

デイブのボーカルもかなりいい感じ。
無理ない音域で、伸び伸びと歌っているようで、あの癖のある声質が、
この曲にすごくマッチしていると思う。

この曲もかなりライブでやったら盛り上がりそう。

「Whose Life (Is It Anyways?)」も不穏な雰囲気でなかなかかっこいい。
ギターの音質によるところも大きいけど、メタルっていうより、
ロックっていう方がしっくりくるような質感。
デイブのボーカルとギターソロが重なる部分なんて凄くテンション上がる。

「We the People」は『Cryptic Writings』の「Have Cool, Will Travel」ばりの
スイングするリフが印象的な曲。ただ、正直自分の好みではない。
「Guns, Drugs and Money」もちょっとリフがつまらないかな…。
一発目に聴いたとき、この二曲の印象が悪かった。

一転して「Never Dead」のイントロのリフはかなり攻撃的でかっこいい。
更にそのギターリフの裏で静かにウネリを上げるエレフソンのベースがかっこいい。
サビはかなりキャッチーで、これも『Cryptic Writings』あたりに入っていそうな曲。
これもかなりライブ栄えしような曲。是非ともライブで聴きたい。

「New World Order」はクレジットにあのマーティ、ニックの名前が入っていたので、
えーこれ元メンバー終結して作った曲かーって、一番楽しみにしていた曲だったけど、
ぶっちゃけあんましいい曲と思わなくて、がっかりした。後半はかっこいいけど。

後で調べたら『Countdown to Extinction』の頃に作ってた曲らしい。
確かにその頃の面影も感じられなくもない。

「Fast Lane」のツーバス連打に乗って、シンプルなスライド使ったリフが反復するってスタイルは、
メガデスの中では新鮮だったりする。中盤のテンポチェンジからの展開もかっこいい。
んだけど、何かが足りない。うーんって感じ。

そして曲間を空けずに「Black Swan」が開始。イントロにギターがピロピロと。
正直リフがあんまし面白くない。ピロピロのギターソロも何だかなーって。
これも『Youthanasia』の頃の曲のリメイクらしい。

一転して「Wrecker」のリフは、かなりロック寄りな骨太なやつでかっこいい。
こういうリフは、今作の音作りに合ってると思う。
歪ませすぎないで、ミドルを残したような音作り。かき鳴らされる弦の鳴りが感じられるような。
ペンタのスケール使った後半のギターソロはなかなか今までにないテイストで良いと思った。

インタビューで言ってたらしい、Queens of the Stone Ageのテイストって、
この曲で感じられるような雰囲気を言っているのかも。

個人的に「Millenium of the Blind」は一発目から凄く気に入った曲だった。
ベタベタなメタルバラード。美しくも不穏な雰囲気を漂わせたアルペジオが好き。
リードギターが変なタイミングで入ってきて、これまた不穏な旋律で、非常に良い。
これも『Youthanasia』の頃の曲らしい。かなりこれはそんな当時の雰囲気が残っている。

「Deadly Nightshade」はイントロからギターリフが微妙なんだけど、
ここで聴けるギターソロの応酬はかっこいい。
クリスのパートだと思うけど、若干マーティ風のフレーズを入れてるような。

「13」はアルバムのラストを飾るに相応しいスケールを備えた曲だと思った。
ミドルテンポなのであまり目立っては感じないけど、何気にこの曲、かなり展開が激しい。
アウトロにイントロで聴けたアコギのアルペジオを挿入して、ベタだけどドラマチックな作り。


とこうして今の自分が思ったことをダラダラと書いてみたけど、
正直初めてメガデスを聴く人には薦められないアルバムだと思った。
かっこいいと思う曲は多いし、
全体を覆う不穏な雰囲気はメガデスにしか出せない空気だと思うんだけど。

もっと突き抜けてほしかった。
決してスラッシュ時代の音に回顧してほしいって訳ではないんだけど。

このもどかしさの正体がどこにあるのか、今はよく分からない。
尖りのない音作りがその要因に、ひょっとしたらあるのかもしれない。


その時々で移り変わる僕の中のBIG4の序列。今はこんな感じ。
昔は圧倒的にスレイヤーが一番だったけどさ…。
Megadeth>Metallica>Anthrax>Slayer

09年のラウドパークで見て以来、僕の中で今までずっとメガデスがトップだった。
だから凄く期待していたし、めちゃめちゃ興奮したいと思っていたけど、
正直自分の期待は超えてくれなかったアルバムだった。

決して悪いアルバムだとか、つまらんアルバムだとは思わないんだけど、
きっと自分の中で一番にはならないアルバムだと思った。


でも日本盤ボーナストラックの「Public Enemy No.1」はかなり良かった。
このライブのクオリティには脱帽。これ、スタジオ録りじゃね?疑ってしまう。
確かにメガデスのライブの正確さは人間業じゃないと思ってしまうけど、
それでもこれは、凄いわ。

やっぱりメガデスに期待するのは、ライブだ。
来年は絶対に来てほしい。絶対に、見に行く。


んで3回目の再生をしているのが今だけど、
何だかんだで、いいアルバムなのは確かかなーって思ってきた。

ファンの方なら、きっと買って損はないアルバムだと思います。


B005LRWRZ8Th1rt3en
Megadeth
Roadrunner Records 2011-11-01

by G-Tools



Megadeth 「Sudden Death」
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Megadeth 「Skin O'My Teeth」

ラウドパーク1日目に行く。

僕も色々な音楽を聴くようになって、
昔みたいにメタルばっかり阿呆みたいに聴くことはなくなった。

でも、今年のラウパで再確認。
やっぱ、私、メタル好きなようです。


今年の面子だと、OUTRAGE、ANTHRAX、MEGADETHがとても良かった。

アンスラックスは一枚しかアルバム持ってないし、あまり好きではなかったんだけど、
ライブ観て、圧倒的に印象が変わった。パフォーマンスがかっこ良過ぎる。
特にベースの人。ボーカルも煽り上手いなーと、感心。次は曲覚えてライブ行きたい。

アウトレイジはなんつーか、感動。
あれだけの人があのバンドを観るために集まっていた光景は、嬉しかった。
新作が楽しみになるような新曲も聴けたし、昔からのファンの人達とモッシュできたし。
いいライブだった。日本代表の名に恥じないパフォーマンスだったと思う。

一方で、あれだけ楽しみにしていたアーク・エネミーは、今一つだった。
音のバランス悪すぎでリフ何弾いてるか分からんし、マイケルはミスりまくりだし、
曲のテンポも微妙に遅くて乗り切れないし、前方は変なモッシュで全然楽しくなかったし。
これはがっかりだった。アチエネはフェスより単独で観た方がいいバンドなのかも。

この他、これまた日本代表のラウドネスもなかなか良かった。
特別好きじゃないんだけど、曲はキャッチーだし、高崎晃のギターはさすがの上手さだった。
適当に寝ながら聴いてた、ツェッペリンのコピーバンドも、ボーカル以外は良かった。
また、声の出なくなったドッケンさん。「In My Dreams」遠くから聴こえてきたけど、寂しかったな…。

そしてメタルゴッド、ジューダス・プリースト。
ロブも他のメンバーも、昔観たときより復調していた気がする。
「Hell Patrol」「Freewheel Burning」聴けて嬉しかった。燃えた。
ハーレーで登場のロブ様も観れたし、満足。プリーストってみんなに愛されてるバンドだな。

と、色々と感想はあれど、総じて最高だった。いい一日だったな、ほんとに。
それぞれのライブについては、今後ぼちぼちと書けたらいいなと。


ラウパ1日目での僕のベストアクトは、メガデスだった。
とにかく素晴らしかった。メガデスのライブを観ていて、俺が何でメタルが好きなのか、
その答えが再確認できたような気がした。カタルシス。
ここ数年で観たメタルのライブで見ても、ベスト。それくらい良かった。

初めて見るデイブ・ムスティン。時代を作った男のオーラがあった。
中高生の頃にジャケットで見ていた姿のまんま。かっこ良すぎ。
よくこんなリフ作って弾けるなーと思うリフを、さらりと変態的な指の動きでこなしてしまう。
凄い。圧巻。

他のメンバーも『Rust in Peace』時代のメンバーのような華と派手さはないけど、異常に上手い。
デイブが主役のバンドなんだってことをみんな良く分かっている。
演奏は非常にタイトにまとまっていて、物凄く気持ち良かった。
音作りもそれぞれの音の分離がしっかりとなされていて、素晴らしかった。PAの腕にも感銘。

実は直前までアチエネを前方で観ていて、体中が疲労で悲鳴を上げていたから、
メガデスは後ろ目でゆっくり観ようと思っていたんだけど、
終わってみれば前方ではしゃいでいたのである。


1曲目「Set The World Afire」が終わって、やっぱメガデスすげーやって思っていた中、
次に始まったのは「Wake Up Dead」!いきなりこれっすかーと燃える。
そんな中、こんな場所でもかーって感じで、僕の周りでモッシュが起きる。

モッシュというより、各人がノリ始めたら周りの人達と身体ぶつかっちゃいましたー、
ってノリだったんだけど、みんなこの曲好きなんだなって感激。

そして3曲目、ハイハットの4つ打ちから始まったあのリフ、「Hangar 18」!
もう駄目です。狂い始めました。激しく頭を振って拳を上げる。
周りの人達、ギターリフに合わせて歌ってる。それに乗っかって俺も歌う。楽しい。

ここらへんで周囲がもうぐちゃぐちゃになって、一気に人の流れが活発化する。
モッシュに飲まれながら、あっという間に前方へ。

更に畳み掛けられるのは、「Skin O' My Teeth」!
もう大好きな曲の連発で嬉しすぎる。この段階で、もう終わってもいいや、って思った。
イントロのドラムロールに、ギターリフ。何百回聴いたか分からない曲。

デイブのボーカルも良かった。
そして他の曲にも言える事だけど、マーティパートのギターソロも、
変にいじらずに忠実に再現してくれて嬉しかった。


僕がメタルを好きな理由は、めちゃくちゃになれるからだ。
メタルを聞いている間は、むしゃくしゃした現実も、激しく音楽に没頭することで忘れられる。
なんつーか、快感。メガデスのライブの間、自分も周りも、もう目茶苦茶で、
これだよ俺が求めてるのは、って思った。狂った。

そして観客同士で得られる一体感。メガデスの前方では、秩序のあるモッシュが起こっていた。
アチエネのライブで起こっていたモッシュとは、質が違った。
ただむやみに人を押したり、人に飛び掛ったりするんじゃなくて。
モッシュが目的じゃなくて、あくまで手段だというか。音楽聴いてたら自然にそうなったというか。

なんか、言葉にうまく出来ないけど、激しかったんだけど大人のモッシュだった。
アチエネのモッシュで感じた不快感は、全くなかった。
曲を分かっているから出来ること。ただ暴れたいから人に身体をぶつける訳じゃない。

サビのフレーズを一緒に叫んだり、リズムに合わせて頭振ったり、飛んだり。
曲を分かっている者同士だから作り出せる空間があった。
あの観客の中に入れて、僕は幸せだった。普段やらんけど、サーフの手伝いもしてやった。
メガデスの演奏も良かったけど、あれだけ楽しめたのは、周りの観客のおかげ。感謝。


そんなこんなでライブは続く。名曲のオンパレード。
「She-Wolf」「Tornado Of Souls」「Sweating bullets」…。
中高生の頃に聴きまくっていた曲たちが、次から次へと畳み掛けられる…。

ニューアルバムの曲も披露されたけど、これがまたかっこ良くて、しかも昔の曲並に盛り上がる。
新曲で盛り上がれるってのは、大事なことだ。まだまだ彼らは現役だということ。

まだやるかってくらいにやってくれたライブも、「Holy Wars」で締め、なんだけど、
中間部で盛り込まれたのが、「Mechanix」!
このアレンジは昔からやってるみたいだけど、知らんかったから、びっくりした。
あのリフ聴いた瞬間、頭が動いた。あのリフやばすぎだ。

曲間のMCでもしきりに言っていたけど、最後もデイブは観客に感謝の気持ちを伝えてくれた。
びっくりするくらい、機嫌よかった。満足してくれたのかな。そう思ってくれれば、嬉しい。


想いが高じて、言葉が溢れて、長文になってしまったけど、そういうことなんです。
メガデスのライブは最高だった。
あれだけの名曲を全くダレることなく、1時間30分近くやってくれた彼らに感謝。
次に日本来たら絶対に行かんとダメだな。


ちなみに本日ラウパ明けでAM5:00に起床し、テニスの試合に出る。
初心者クラスで、しかもへっぽこテニスなんだけど、全身使うから、やっぱり疲れた。

おかげで首から足まで、全身が痛すぎる。身体を休める暇がない。
こんな状態で、明日はスレイヤーのライブだ…。俺の身体はもつのか…。
でもやっぱり楽しみだ。俺は明日も狂ってしまうのか…。

(セットリスト:2009/10/17 Loud Park09) 拾いものです。
Set The World Afire
Wake Up Dead
Hangar 18
Skin O' My Teeth
Head Crusher
She-Wolf
In My Darkest Hour
Tornado Of Souls
1,320'
Devil's Island
Kick The Chair
Sweating bullets
Rattlehead
Symphony Of Destruction
Peace Sells
(encore)
Holy Wars-Mechanix-Holy Wars


B000002V0QCountdown to Extinction
Megadeth
Import 1992-07-14

by G-Tools



Megadeth 「Skin O'My Teeth」 2008年の現メンバーによるライブ。
シンプルに聴こえる曲なんだけど、他のバンドじゃ、絶対この雰囲気出せません。名曲。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

Megadeth 「Tornado of Souls」

・軟式グローブを買う

土曜の夜に飲み会があったので、新宿に行く。
最近先輩から借りていたグローブが壊れてしまったので、新しいグローブを探すことにする。

某スポーツショップに入り、店員さんに尋ねる。
この人もとても親切な人で、ものすごい素人質問にもにこやかに応対してくれて、すごく助かった。
実は内野用と外野用のグローブが違うこと、初めて知った。

僕は超ヘタクソながら外野をやらせてもらっているので、外野用のグローブを探す。
店員さんとの相談の結果、候補を2つに絞った。
イチローモデルと金城モデル。

普通の人ならイチローモデル選ぶんだけど、僕は金城モデルを買いました。
僕のキャラ的には、絶対金城の方が合ってる。これから頑張って練習するぞー。
ちなみに金城って、横浜の金城です。渋いです。

そういえば、昔「学校へ行こう」という番組で軟式グローブってグループがいた。
大学時代、友人達とこれ見て大笑いしていたものです。動画検索してみた。懐かしい。
素人だからネタとしてはベタなんだけど、なぜか面白かった。時代の空気感だろうな。

興味のある方は以下のURLより。感性に合わなくても怒らないで下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=Izx_fY8g15Q


・マーティを目撃

グローブを柔らかくするための加工の間、待ち時間があったのでふらっと店の周辺を歩いていた。
楽器屋あるから入ってみるかなって思っていたら、楽器屋の周りには人だかり。
何やってるんだろうって中を覗いてみたら、びっくり。声あげてしまった。

マーティやんけ!

マーティです。マーティ・フリードマンです。MEGADETHの元ギタリストです。
高校の頃から、僕が大好きだったギタリストです。
彼のようなギターソロ弾きたかったけど、練習する気も起こらないくらいに憧れたギタリストです。

僕はテレビ見ないからあんまり分からないけど、今は日本のテレビにも出ていて、
お茶の間でもちょっとした有名人になっているらしい。
昔、「タモリ倶楽部」の空耳アワードでゲストやってたのは、見た。

初めてみるマーティは、若かった。画面の中で見たマーティのまんまだった。
ちりちりの髪も一緒。思ったより小柄で細い。かっこいいけどかわいい。そんな印象。


彼がいた理由は、楽器屋でのインストアライブ。
早速中に入る。人がいっぱいで、頭しか見えなかったけど。

1曲目、「天城越え」!
あの名曲をギターでカバーしてます。

マーティのギター、早弾きも凄いんだけど、チョーキングとビブラートが凄い。
とにかくねちっこい。コブシの効いたギター。
表現力のあるギタリストって、普通のフレーズ弾かせても感動的に弾く。
聞き惚れた。ため息が出るくらいに。

たまたま楽器屋にいたと思われる白髪のおじさんも、
しきりに周囲の若い店員に、すげーな、すげーな、って言ってた。
それくらい強力だった。

その後、マーティは中島美嘉やらコブクロやらパフュームやらのカバーを披露していた。
さすが、J-POP評論家?。ベタな名曲をよく知っております。
「ポリリズム」のメジャースケールは、思いのほかマーティのギターに合ってた。

あっという間に30分くらいが過ぎて、ライブは終了。
ほんとタダでいいもん見れて、良かった。
新宿恐るべし。好きな街じゃないんだけど、とっても感謝した。


でも、絶対ありえないけど、メガデスの曲やらないかなって、ちょっとドキドキしてた。
J-POPを愛するマーティもいいんだけど、やっぱりあの頃のマーティが最高だった。

僕が一番好きなマーティのギターソロは「Tornado of Souls」。
演歌のスケールを取り入れたギターソロは、
初めて聴いたときは、何じゃこりゃーと、とにかく衝撃だった。

起承転結が計算された構成も完璧。
何回何十回何百回と聴いても聴き惚れる、素晴らしいギターソロです。
マーティのギターの個性はフレーズと、チョーキングとビブラート。やっぱりまんま演歌。

一度でいいから、デイブと並んでギターを弾くマーティが見たい。


B0002EXH5ORust in Peace
Megadeth
EMI 2008-10-03

by G-Tools



Megadeth 「Tornado of Souls」 LIVE
画質、音質ともに悪いのですが、とにかく凄いMEGADETH全盛期のライブ動画。
CDよりもかなり速い演奏。こんなテンポでソロ弾けんの?って思っても、
マーティは完璧に弾ききっています。衝撃を受けた思い入れのある動画。
デイブも相変わらず難しいリフ弾きながら、涼しげに歌っています。かっこいい。



Megadeth 「Tornado Of Souls」 CD音源です。音質的に上の動画が無理な方は、是非こっちを。



ブログランキング お勧め音楽

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

捕鯨船団

Author:捕鯨船団
1979年生まれ。
東京都町田市在住。
電子部品の技術開発に従事。

30超えにも関わらず、
楽器をドラムに替え、
学生時代以来のバンドを始めた
今日この頃。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
Twitter...A

hogeisendan < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。